<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雨が降る 

c0143772_18183971.jpg
朝から雨ふりになりました
天気予報では夕方頃から降るとか言っていたのに
洗濯物も外干しが出来ると思い、沢山洗ったのに困ったぞ

部屋干しでも構わないけど、今日は外に干したかった気分
私の心がそう思ったのです
少し湿りがちな心を太陽に当てて元気にさせたかったんだよね



人の想いは時には思いもしない方向へ向くことが有る
ノンビリ屋で物事を深く考えない私は、それに気が付くのが遅かったようです

音を立てて壊れて行くのが分かった
元に戻そうと思っても、粉々に割れたものは中々くっ付かないのだ
ここは諦めましょう
悔しいけど、辛いけど忘れることが一番だね


今日の雨は私の心に潤いを与えているように思える
元気出せよと言ってるのかな
ワタシってそんなに単純だった?
何時も強がっているだけでしょ!  
そんな声がどこからか聞こえた

私の事を一番知っている筈の私にも、まだ見えてこない私がいることを知った
心は複雑

by ibakasumi60 | 2019-08-31 06:00 | | Comments(4)

お婆の夏休み 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館
c0143772_18144058.jpg
c0143772_18160009.jpg
c0143772_18135216.jpg
c0143772_18152213.jpg

この地の夏休みもあと僅かになった
何故かお婆三人組が、どっか行こうよ!と足を向けたのが、ミュージアムパーク茨城県自然博物館でした
夏休みが終わる前にと入場者も多く混んでいました
親子連れ・家族連れが多かったわね
こんな時はお婆たちは遠慮すればいいのに強引なんだから(笑)

外は物凄く蒸し暑かったので館内の涼しさに救われました
こうなったらもう出たくないのも有、隅から隅まで見て回る
中ではメモを取りながら熱心に見ている子もいました
夏休みの宿題の一つなのか、感心してその子を見つめてしまったお婆です
茨城の水や水辺・山に生きる生物等面白く見入ってました

大きな窓から見える菅生沼の湿地帯
ここには冬になると白鳥が飛来してくるんです
私はいつも対岸から白鳥を写して楽しんでいる場所
今年も又来たいなと眺めてきました

お婆の夏休みと称して涼を求めたミュージアムパーク茨城県自然博物館
正直あまり頭に残っていないのは何で?
余りの混雑で怖気なしたのか?
外に出て沼の景色を観ている方が性に合っていると感じたお婆
人混みが苦手なんです(>_<)

色々見て回ったのに文章に出来ないと言う情けなさ
こんなお婆の夏休みでした


by ibakasumi60 | 2019-08-30 06:00 | 風景 | Comments(2)

お手伝い! お手伝い!

ジンジャー
c0143772_18191772.jpg
c0143772_18195792.jpg

お友達の洋服屋さんが、テナントの隣の空き部屋を無料で借りている
忙しいことを理由に、部屋に入れ込んだ品物がたまり過ぎて身動きが出来なくなっていた
在庫の洋服や半端革の数々
これらを少し整理したいからと助っ人要請がありました
何時もは一緒にお昼ご飯を食べて、忙しい時には少しだけ受付のお手伝いとお喋りを

朝10時からやる気になって、エプロンと着替えを持ち電気の停まっている薄暗い部屋に侵入
洋服も有るわ!有るわ! 半端な革も色とりどりに凄い数だ
一枚づつ伸ばして、色が分かるようにクルクル丸めて紐で縛る
全部きちっと角の出る形ではないので丸めるのも大変だ
それでも50個ぐらい丸めただろうか
12時を過ぎて彼女たち二人はもう時間が無いとここで終了

一人は介護が必要なお婆ちゃんがデイサービスから帰ってくる時間だと
オーナーの彼女の旦那様は今入院中で、胃ろうの手術をするかどうか担当医から説明が有る日だと言う
病院に行く前に、手伝ってもらったからお昼をご馳走してくれると言う
週に1回~2回ぐらい手作り弁当を一緒に食べている仲間です
外食となると彼女も張り切って食べたいものを並べ立てる
海鮮丼が食べたいと、今人気のお店に行ったら何と定休日でした

彼女お肉が食べたいと言う事で、いきなりステーキへハンドルを切った
ステーキとハンバーグが各150gづつのセットで計300gを食べました
正直私には300gは多すぎます
残したら失礼だと脅かされて、頑張って食べたけど、こうなると美味しさも半減
私には200gがいい塩梅です
このお店は二回目ですが最初の方が美味しく感じました

今日は彼女にご馳走になりましたが、経費で落とすと言ってた(笑)
今日のお手当代わりにご馳走してくれたのだそうです

食べた後、彼女は着替えて病院へと車を走らせて行きました
旦那様の事を考えると、気の休まる時がないと言う彼女の心を思うと切ないです


by ibakasumi60 | 2019-08-29 06:00 | | Comments(6)

続ける大変さ 

バイパスが混んでいる時はこの大きな団地の中を抜けるのが近道
ここの街路樹は敏感に秋を感じるのが他よりもずっと早いのです

季節を問わず大好きな通り
c0143772_14520567.jpg

c0143772_14512815.jpg
回覧板が届きました
市民体育祭の競技への参加者募集の紙が一枚挟まれていた
私の班からの参加者は三名の名前が書いてある
全部班長さんの家族名

参加者不足で、役員が穴埋め参加して競技を進めるのも結構有ると言う
伝統の市民体育祭も参加者不足で、役員さんは大変な思いをして開催に向け翻弄している

盆踊りも櫓は立ったけど太鼓は鳴るけど踊り手が少ない
輪になって踊れない悲しさ
子供会が主催だった数年前まで
今は子供の数が減り老人大国と化してしまった我が地区
盆踊りの合間にヒップホップでも流さないと若い子は集まらないのかな

高齢者が日増しに増えている現状で、踊る体力不足もあるかも
大体盆踊りの現場まで行くのも結構な距離が有る

子供が小さい頃は、何方にも参加して一緒に踊ったり、競技を楽しんでいたのが懐かしい
私も随分と齢を重ね、自由にならない身体の持ち主となってしまいました
子供が増えれば解消できるという問題でもない
盆踊りも何時まで続けられるのか
夏祭りとして内容を変えて見るのも一つかな
婆はこんなことをふと思うのでございます

体育祭でも応援の歓声をタップリと聞きたいものです
今年は挨拶ながら行って見っかな
場所によっては子供の数が増えている地区もあります
勿論所帯数が増えて嬉しい悲鳴を上げている地区も沢山有るんですよ
私の住む地区はもともと住宅地のせいか、ビルでもが建たない限り住民はあまり増えないのかな
文教地区だから、高さ制限も有るし私はこのままでも構わないけどそれでは発展性がないわね
どうする?  どうなる? 多分来年も変わることなく行事は遂行でしょう

伝統を壊すのも続けるのも大変なようです

by ibakasumi60 | 2019-08-28 06:00 | 風景 | Comments(4)

夕焼けこやけ 

久しぶりに見た夕焼け

♪夕焼け小焼けで日が暮れて~♪
小焼けって? 小焼けには意味が無いんだって
調べて見たら面白い発見が(*^^)v
大雪小雪と同じで単独では意味がないのだそうです

c0143772_18175760.jpg
c0143772_18204264.jpg

暑い時期は散歩にも出られなかった
エアコンの効いた部屋で本を読んだりテレビを見たりお友達と出かけたり
このところ気温もいくらか下がり夕方には散歩へ行く気になる
何だか夕焼けが見たくなりあの場所へ向けて歩いた

少し空は焼けてきたけど、見たかったのはこの景色ではない
何時もの松の木の所で観たかったのに、空はさほど焼けていないと途中で折り返す
振り向きながら、空を見たら電線だらけの住宅地でオレンジの夕日が顔を出している
久しぶりに見た夕日に感激している私
外に出ると感激することが沢山ある事に気が付く
花の移ろいも秋の花に変わっている
外に出て季節の変わりを感じ空の高さを感じた
鱗雲も出てやっぱり秋を感じる

何時しか夕陽も沈んでしまい、ほんのりオレンジ色に染まっていた
外に出るのは気持ちが良い
たった30分の散歩だったけど収穫は大きいものが有る
何てことのない光景だろうが、今日の夕焼けには久しぶり満足感を味わっていた
ポシェットぶら下げてカメラを持って
明日もいけるかな?


by ibakasumi60 | 2019-08-27 06:00 | 風景 | Comments(8)

孫の焦り   

シュウメイギク

去年、お友達に根を分けて戴き育てた花です
今年初めて、蕾を沢山携えて一番花が開きました
?花びらが不揃いな所も可愛らしい!
c0143772_15421773.jpg
c0143772_15430256.jpg
孫の夏休み宿題も何とかメドがつきそうだという
おわすのが当たり前なのにそこには彼女らしい言い訳も乗っかっている

孫②の言い訳が面白い
だって~暑かったんだもん!
部活も忙しかったそうな
お友達と遊ぶのが楽しくてと

全部わかるけど夏休み期間中におわせれば仕方ないのかな
夏休みに入ったら、頑張って早いうち全部追おわすんだ~とか豪語していたはず

日曜日に何処か美味しいものを食べに連れてってと甘える
何が食べたいの?どこに行きたいの?
どこと言うお店の名前は出て来なそうだ
ならば私の好きなお店にしよう

と言っても完ぺきな和食では物足りない孫の食欲
お肉もサラダもたっぷり食べたい風だ

となるとあそこかな
あそこならお婆も行っても良いかな
お婆だって余りお店を知りません
あさくまに決めました
そう言えば以前も孫と来たことが有るお店だね

楽しそうに色々運んで来ては口に運ぶ孫
何がダイエットだって?
孫のダイエットと言うのは、面白く使うだけの言葉のようだ
食べ終えた孫の満足な顔を見て嬉しく思うお婆

どこのお店にしようと焦ったお婆
今日連れて行って貰わないと夏休みが終わると焦っている孫
何とかお互いの気持ちが一致して美味しく食べられたランチ
私の背を軽く超した孫とお出かけするのも悪くない

次に声が掛るのはキット誕生日の頃かな
9月の末頃か?





by ibakasumi60 | 2019-08-26 06:00 | | Comments(6)

涼しさで散歩も楽です

外に出ると色々な花に出会います
そんな出会いを楽しめるのも涼しくなったおかげです
有難う! 感謝です!

ノーゼンカツラ
c0143772_14492369.jpg
c0143772_14482941.jpg
散歩と言う言葉が懐かしく感じます
殆ど酷暑の時は外に出るのも怖くて家に籠りっきりでした

30度を切る日には少し歩いて筋肉を蓄えないと、寝たきりになるぞと恐怖の声が聞こえます
大分足腰が弱っているのが分かります
そこは頑張って、踏ん張って体力向上のために身体に良い事をしなくちゃと思うのです

思ってもなかなか思うようにできないのが私
怖がらないでとにかく短い時間でも良いから外に出てみましょう
何だか素敵な天使の声を聞いた気がします

少し歩いてみようか
ポシェットをもってカメラも持って行ってみっか!
散歩!  散歩!
行って来ます~!


by ibakasumi60 | 2019-08-25 06:00 | | Comments(8)

暑さの呪縛から解放 

ヘクソカズラ

もっと可愛い名前をプレゼントしたくなります(>_<)
c0143772_14503911.jpg
c0143772_14500381.jpg

ここの所30度前後の暑さが続きます
おまけに雨もシトシト降りが有ったりゲリラ襲撃も有った
あの狂った様な暑さから解放されたのは嬉しい

庭の花も久しぶりの雨に喜んで、草においては喜びの伸びが早くて、地主を手こずらせています
これは嬉しい誤算
この雨が無いと、野菜の価格高騰に繋がるのだから価格安定をもたらす雨に感謝
理屈では分るけど草取りも容易じゃありません
こんな猫の額にもならない広さの庭の草取りに不満を言うお婆
家一軒を管理するのって大変ですね
お家を手放すことも出来ず、しがみ付いているんだものその位やれよ!、と言う声が聞こえる

今年も招待状が届きました
「敬老のお祝い」への招待状です
班長さんが出欠を聞いてきたけど欠席と伝えました
私よりも10歳以上年上のお隣さんは、とても元気にしているけど「行かない!」と一言言いきった(笑)
あと数年のうちに「喜んで参加いたします!」と言う時が来るのかな?


by ibakasumi60 | 2019-08-24 06:00 | | Comments(7)

跡地には何ができるのかな~

デュランタ

白い縁取りが良いですね
c0143772_07191300.jpg
c0143772_10163271.jpg
何時もの所に行こうと、何時もの道じゃなく反対周りで国道から向かった
サイゼリアとカメラのさくらやの建物が重機で壊されている
どうもこのエリアのお店が全部取り壊しのようです
この跡地は何になるのかしらと興味も湧きました

話によると大型のドラッグストアーに変わると言う
この通りはアオキ・ウェルシア・カワチとドラッグストアーの激戦区通りになりそうです
激戦区となれば各店舗の価格競争は消費者には有り難い事でしょう
潰しあいにならなければと思う昔人間です
新しくできるのはコンビニとドラックストアーと言う絵図がこの辺り出来ているようです

同じようなお店がポンポンと出来るのは価格を選べる消費者にとっては好都合なのかな
お客の取り合いが生む価格競争勃発か?

消えるスーパーが有る一方で増えるドラッグストアー
ドラッグストアーは、名前から薬や化粧品が主な扱い品かと思いきや、お肉も野菜も有るんだってさ
賢く使い分けて買い物をすればお得感もあるのかな~
駐車場が広いというメリットを私は買いたい

偶にはドラッグストアーも覗いてみようっと!


by ibakasumi60 | 2019-08-23 06:00 | | Comments(10)

ゲリラ豪雨 

♪夾竹桃の花のように~私は生きたい!♪

こんな唄が有ったような記憶が
で・・・どんな生き方なのかな?
c0143772_18135907.jpg
c0143772_18144289.jpg
ここの所急に涼しくなって嬉しく思います
これで私の汗疹も少し楽になりそうだ
なんて思うのは甘かった

昨夕のいきなりの豪雨には驚きました
朝からの涼しさに気を良くして、全室網戸にして過ごしていました
急に暗くなったと思ったら、ポッツンポッツンと雨音がどんどん大きくなります
南の網戸から入る風が、車箪笥の上に飾っているぬいぐるみを蹴飛ばすように振るい払った
ぬいぐるみは部屋の中央部分まで投げ出され、入る風の力が半端じゃない
花瓶も投げ出され水は飛ぶ花はグジャグジャ

ガラス戸を閉めるのも息苦しく感じる程の強風が開いた網戸から入ります
急いで何とか閉めて、他の網戸も閉め、最後に二階の網戸を閉めようと階段を上る
閉め終わってから南側の方が風の勢いが強かったことを感じた

二階の窓から白煙を上げながら風に踊らされている雨
こんなにも恐ろしく見える雨の模様は初めてです
お隣の柿の木も折れるんじゃないかと思う程しなっている

水道工事をしていた誘導員は、びしょ濡れになりながら、車の誘導をしたり工具を片付けている
自転車で帰宅途中の学生は、バケツの水を被った様に目も開けられないほどの雨風を凌ぐように、電柱にしがみ付いていた
我が家もこの風で飛ばされるのかと言う恐怖に怯える
もしかして雨漏りもしているのかなと、少し落ち着いた頃に部屋中を駆け巡り確認
雨漏りは無かったので一安心する

時間にしてどの位だろうね
雨音も静かになり外を見たら、家の前の道路が氾濫している
車は物凄い水しぶきを上げながら走り去る
この光景はよくテレビで見るのと一緒
お隣の柿の木も太い枝が折れて、地面にたたきつけられた
葉っぱが飛んで来て枝が折られて、我が家の枝物や花も全部寝ている
植木鉢も吹っ飛ばされて、ひっくり返されて無残
台風並みの脅威でした

こんなの初めてだよ
怖かった・・・

喜んだのは久しぶりに乱暴な天然シャワーを浴びた畑の植物でしょうか
昨夕の雨は、程々と言う事を知らないようでした

予報では又今日もゲリラ豪雨が有りそうなことを言う
こんな怖い目に合うのなら、酷暑の方が我慢できると、お婆は涙目で呟いております


by ibakasumi60 | 2019-08-22 06:00 | 旅行 | Comments(4)