<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

足利フラワーパーク①

藤の花で有名なフラワーパークの広い庭園の中はバラやアヤメ・紫陽花が咲いていた
c0143772_20182269.jpg
c0143772_20172897.jpg
c0143772_20190155.jpg

c0143772_20154356.jpg
c0143772_20284071.jpg
小雨降る中車窓の景色を観ながら着いた所は足利フラワーパークです。
ここは藤の花で有名だけど今はバラやアヤメや紫陽花を始め様々な花が咲きそろい入園者を迎えてくれました。

園内に入る頃は陽も照り始め蒸し暑さが辛くて汗を拭きながら歩くのも嫌になる程でした。
園内を少し見て歩いていたら仲間の一人がお腹が空いて歩けないと笑わせてくれました。
園内のレストランで食事に。
一人お酒の強い彼女のために中ジョッキ三杯を頼み三口ほど口を付け彼女へプレゼント。
喜んで全部飲み切るお酒に強い人です。
三口飲んだだけで私の身体がホワァンとしてホッペも赤くなったようです。

食後にまた園内を観て回ったけど暑さで軽く目ぼしい所を見てお終いにした。



入院生活が始まったオジサンは今年はバラも紫陽花も見ていませんでした。
花好きだったオジサンにも見て欲しくて一杯ペタペタと貼り付けました。


by ibakasumi60 | 2018-06-30 08:10 | | Comments(10)

「ショクダイオオコンニャク」2年振り4回目の開花

国立科学博物館筑波実験植物園で強烈なにおい放つ花が2年振り4回目の開花
ネットニュースで知ってつくばで又咲いたのかと少し嬉しく思うのでした。


2011年9月8日撮影 この年に始めて開花したと話題になった記憶があります。
今年開化の花とは少し違うかもしれませんが元気なころは並んでまでも観た自分にアッパレと言いたい。

c0143772_18391682.jpg
c0143772_18392503.jpg

c0143772_18392155.jpg


世界最大の「花」と言われ、強烈なにおいを放つ「ショクダイオオコンニャク」が26日
、国立科学博物館筑波実験植物園で開花した。同園での開花は2006年にイモ(塊茎)
を植えて以来、2年ぶり4回目。
ショクダイオオコンニャクはインドネシア・スマトラ島に自生するサトイモ科の絶滅危惧種。
同園によると26日6時半現在で2.4メートル・直径106センチまで成長し、開花と判断した。同じイモから4回開花するのは国内初だそうです。
花は3日間程度で閉じてしまうため。同園は27日から29日開園時間を通常より延長する。と記事にありました。

開花した後にお友達と長い列に並んで観に行きました。
強烈なにおいと書いて有ったけど観に行ったその日はその匂いが余りなかったのです。
開化の瞬間ぐらいが臭いも強いとか聞いたような。
この匂いは死臭に近いと聞かされマスクを用意して見に行ったのでした。
当てが外れたのは良かったけど死臭を嗅いだことがないから分からないけど少しビビってのを覚えている。

懐かしく前回の画像を張り付けてみました。
今回は予定が有って観に行くことも出来ないし長い列について歩く元気もなくなりました。
懐かしく前回の画像に思い出すことが多い。


by ibakasumi60 | 2018-06-29 08:10 | | Comments(16)

悲しい知らせに泣いた日  

涙の滴の様に葉っぱの上にひとつ転がった
これはきっと私の別れの涙の一粒かもしれない
c0143772_08561867.jpg
c0143772_08490506.jpg
c0143772_08482437.jpg
c0143772_08473126.jpg

c0143772_08501896.jpg
この橋の上から何回富士山を見ただろうか
高速道路のここで降りたのは今日で何回目でしょう
いつも入れていたガソリンスタンドを使うのは今日で最後でしょう
国道16号線は百何回も通っている筈
仕事の時を入れたら数え切れない何百回と通ったはず

それも今日でお終いと思うと寂しい
そう思ったらポツリと涙が流れてきた
そっと目頭を押さえ何食わぬ顔でCDのボリュウームを上げてみた

流れている唄はあのオジサンの大好きだった十八番の「長良川艶歌」
帰り道ずっとその唄を聞きながら時々一緒に口づさみ偲んでいた
お世話になったオジサンが遠い国に逝ってしまった
6月25日早朝の事でした

日に数回お互いを気遣って「ごはん食べてるか?」「元気にしてるか・」と電話をしていた
お互いに電話することで元気を確認していたのに
それが当たり前の様に5年も続いていた
その着信音ももう聞けない寂しさが有ります
この方も老人域を独りで生きたかたでした

一緒に見守って来たお友達と彼を偲んでカラオケでもやろうと声を掛けてくれたけど
まだその気にはなれない






癌って悪いやつですね
主人もこの癌で亡くなりました
治れる人も沢山いるのに時には・・・
悲しいです

この目に見えたなら焼き殺してしまいたい
最近身近な人との別れが多くて正直少し参っています

by ibakasumi60 | 2018-06-28 08:10 | | Comments(12)

愚痴と文句が多すぎます   

オカトラノオ

トラの尻尾に似ているから付いた名前でしょうか。
本物のトラの尾を見たことがないから分からないけど由来通りならきっとこんな形でしょうね。
尻尾に似た綺麗な花です。

c0143772_11322206.jpg
c0143772_11322089.jpg


最近は老後と言う言葉を聞いたり口にすることが多くなった。
それだけ生きる今が多くの問題を含んでいる証拠でしょうか.
老人域に入った耳が敏感に反応しているだけなのでしょうか。

昨日は気温が31度超えまで上がりました。
いきなりここ迄気温が上がると息苦しさを感じます。
汗をかくことがとても苦痛なのです。
暑いのがとにかく苦手なのです。

そんな一人の言い訳を聞いてくれる気象でもないんだから何も言わなきゃ良いものを。
ついつい文句のひとつも言いたくなるのです。

本当は過ごしやすい日をウンと褒めてあげればいいものをそれも出来ない我儘。
なる様に切りならない暑さに上手く対処するしかないわよね。

さてエアコンの掃除をして夏に備えましょうか。
扇風機はどうしましょうか・・・出す?

ホームセンターで色とりどりの花を買いました。
プランターに寄せ植えしたり土をいじるのも楽しい。
夢中になれる何かを見つけこうして気を紛らわしている私です。

明日はお友達と埼玉方面にお花見です。
幸手にある権現堂の紫陽花が目的だとか。
ラベンダーもあるけどもう終わりじゃない?と思いつつ・・・
今回は全部人任せでお出かけです。


by ibakasumi60 | 2018-06-27 08:14 | | Comments(6)

一人暮らしの老後の生き方   

ねむの木

散歩で見たねむの木はもう盛りを過ぎて花が終わっているのもある。
それでも次から次と花を咲かせヘボカメラマンを楽しませてくれました。
c0143772_08574433.jpg

c0143772_08574604.jpg
新聞に死別・生き別れの会と言うタイトルで集いが有る事を知ったのはひと月ほど前の事。
その日が今日で一応申し込みをしていたので参加してみました。
半分野次馬と同じ環境の人はどんな暮らしをしているのか興味があった。

男女同じ数で16名の参加者がありました。
簡単な自己紹介をして勝手に談笑。
男の方は料理・食べることに苦心している様子。
殆どの方が奥様と暮らしている時はデンと構えて出てくるのを待っていたという。
今は何から何まで一人でやるんだからとため息交じりの会話。
女性軍は料理は手慣れているけど食べてくれる人がいないのに作る気がしないと言う。
これは私も同じような思いです。
殆ど外食かお弁当・お惣菜を買っているという人が多かった。
その点私は作っている方かなと自分を褒めてみる。

作る元気は「美味しいね」「美味しいよ~」と言う言葉が有るから頑張れたんだわと。
老後に向かった生き方をどう楽しく明るく出来るかとそれぞれの想いを声にしてみたけどどれが正解なのかな。
どれも正解で少しでも真似てみようと思い会話の端はしを切り取って見た。

お隣同士になった人は旦那様を20年前に亡くされたそうで話をしている途中で涙ぐんでいた。
まだまだ傷は癒えていないと言うケアマネージャーをしている方。
久しぶりに皆とお喋りをして笑顔になれたと喜んでまた涙を流す人。
私も同じく笑顔になれて電話番号の交換をして帰ってきました。

一人も顔見知しりの人がいるわけじゃないけど思い切り飛び込んで良かった。
同じ環境の人だからお互いの気持ちもわかるし同意も出来る。
次回は7月にカラオケをしたり一泊旅行の企画もあるそうな。
どこまで参加が続くか分からないけど同じような環境の人が多いことで少し慰められたかな。

と言う訳で今日も一日無事に過ぎようとしています。


by ibakasumi60 | 2018-06-26 08:10 | | Comments(6)

危うい老後です  


ヘメロカリス
カンゾウ
デイリリー
ゼンテイカ

ユリ科の花らしいけどどれがどれやら分からない
百合に似ているけど葉っぱが違う

全部綺麗な花に見える私の正直な眼です。

c0143772_11571966.jpg
c0143772_11105109.jpg
c0143772_09530923.jpg

c0143772_11162910.jpg

c0143772_11151117.jpg



花に止まった虫だけどこれ何? 誰?
蝶々?? 蛾??????? 始めて見る姿です。
orineさんがスズメガと教えてくださいました。
有難うございます。

c0143772_07085999.jpg


よく散歩ですれ違っていたお爺ちゃん。
最近会わないなと思ったら昨日の夕方救急搬送されました。

黒い雑種のワンちゃんに連れられるように散歩していた人。
犬の散歩と言うよりも犬に引かれてやっと歩いているように見えたお爺ちゃんです。

10メートルほど歩いては歩道に座り込んで休んでいた。
どうやら息切れが酷かった感じです。

身体を二つに折るように腰を曲げて歩いていたお爺ちゃん。
独り暮らしをしていたそうです。
年の功は私よりはずっと年上の人に見えました。

お爺ちゃんはキット入院することになると思う。
その間黒いワンちゃんはどうするんだろうか。
近所の方が世話をしてくれるのでしょうか。

老人・独り暮らし・・・考えると胸が痛くなります。

早く退院できるようにと思うけどこの先を考えるとお爺ちゃんの老後も大変ですね。
老人世帯が多くなって他人ごとではないと危機感を募らせています。

私に何ができるだろうか。


by ibakasumi60 | 2018-06-25 08:10 | | Comments(8)

眠れないなら出かけちゃえ! と・・・ 

まだ早いだろうと思っていたハスが咲いていた。
やはりこの花も今年は少し早めの開花でしょうか。

c0143772_08522441.jpg
c0143772_08550325.jpg
c0143772_08530659.jpg
c0143772_08380826.jpg

c0143772_08461435.jpg
c0143772_08392967.jpg
c0143772_08542552.jpg
c0143772_20274177.jpg

なんだか気になる事が多くて朝早くに目が覚めてしまった。
5時前だけど外はもう明るい。

胸が押し付けられるような感覚が嫌で外に出ようとカメラを持って車のエンジンを掛けた。
余り人のいる場所は嫌だ・・・
余り人のいないところも寂しすぎる・・・

そんなことを思いながら着いたのは霞ヶ浦自然公園でした。
既に公園内は散歩する人・ランニングをする人・犬の散歩をする人で賑わっている。
グランドでは親子でキャッチボールをする姿が微笑ましく写します。

水辺を見るとハスが咲いているのが見えた。
休むことなく風車も水車も廻っている。

私の心も活性化させるのには良い場所だとハスを撮りながら今日も木道を歩いた。
スニーカーを履いた足を前に出すたびに悲しそうなこすれる音が響く。
運動公園の方に足を向けたらもくもくと足を進めている人が多い。
早足で散歩しているオジサマの後ろに着いて必死で歩いてみた。
一週が1400mほど有るそうです。

何としても頑張ろうと歩いた。
少し早足だったせいか滴る汗をタオルで拭きながらそれでも足は止めなかった。
何だか意地になっているような私。


お友達の具合が良くないのです。
何時もなら「今朝も起きたよ!」と着信が有るはずなのに。
ここ2.3日は着信も無くなって来た。
手も浮腫みが出て携帯を持てないんだろうか。
薬の影響で意識が朦朧としているのかもしれない。
それでも電話が有るだろうと携帯を肌身離さず持っている私です。

とてもお世話になった人。
お友達と交代でお見舞いやら身の回りの世話をして来た人。
もう一度元気な声が聞きたいと私の心が悲鳴を上げています。

そんな思いを連れた早朝のお出かけでした。


by ibakasumi60 | 2018-06-24 08:10 | | Comments(6)

早朝の作品展  

注意とお願い!
作品はとても繊細なので手を触れないでください。
作家さんを見つけても大きな声を出さないでください。
優しく見つめるだけにしてください。

c0143772_10325789.jpg


c0143772_10354524.jpg


c0143772_10293304.jpg


c0143772_10354769.jpg


c0143772_10325505.jpg


c0143772_10344748.jpg


c0143772_10341014.jpg


朝起きたら珍しく靄がかかっていた。
彼方此方にクモの巣の作品展が始まっている。

どれも素敵な模様に編まれている。
中には作家さんが手直しをしているのか姿を見ることも出来た。

靄の水滴がクモの巣についたせいか普段では見られない光景に興奮していたお婆です。
道行く人はあのお婆は何してしているんだ?
カメラ持って何を写しているんだ?

私の被写体はあの人には見えていないだろう。
そう思うと何とも滑稽な姿に違いない。

一人で楽しんだ一時の朝の風景。

そう言えばもう何年もレース編みをしていない事に気が付く。
かぎ針もレース糸もこの間押し入れから見つけたはず。
もう老眼の目で編み物は無理。
また元通り押し入れに仕舞い込んだ覚えが。

使わないのなら断捨離すればよかったのにそれすらも出来ずにいる決断力なさ。
嗚呼・・・情けなや。


by ibakasumi60 | 2018-06-23 08:10 | 風景 | Comments(10)

タコがへばりついているように見えますが・・・ 

全部くちなしの花
6弁花の一重と八重咲のクチナシだけど違いが面白い
一重咲きにはタコが止まっているように見えて笑えます
c0143772_11184460.jpg
c0143772_11184228.jpg
c0143772_11173373.jpg
c0143772_11524667.jpg
c0143772_11524448.jpg

c0143772_11173434.jpg
クチナシの花を知ったのは多分あの歌の影響だと思う。
渡哲也さんが歌った「クチナシの花」。

クチナシの実はきんとんの色付けに暮れになるとよく使ったけど。
綺麗な白い花が咲くのは知らなかった。
一重咲きと八重咲が有る事も知らなかった。

まして一重咲にはタコのようなものが付くとは知らなかった。
シベとは面白いものですね。


by ibakasumi60 | 2018-06-22 08:11 | | Comments(10)

なぜそんなにも高い所で咲くの?    

ノウゼンカツラ

ピンクもあるというけどまだ見たことがない
何時かどこかで出会ってみたいものです

c0143772_11094015.jpg
c0143772_11093827.jpg
c0143772_11244970.jpg
c0143772_11233060.jpg
c0143772_11542355.jpg

c0143772_11542183.jpg
もうこの花が咲きだす季節なのですね。
玄関先の高い所に花を咲かせて私を見下ろしている。

そんなに高い所で咲かなくてもいいものを。
花には花の事情がおありのようですね。
見上げる私にも身軽にシベを覗きたいという感情が。

トランペットのような首の長い赤の強い花もある。
当たり前の花の形をしたオレンジ色も見かける。

何方もノウゼンカツラらしいです。


門かぶりの松にご挨拶をしているようなクレマチス。
何もあそこまで伸びて高い所で花を咲かせなくてもよさそうなものを。
それぞれに理由が有るのでしょうね。

私には分らん。


by ibakasumi60 | 2018-06-21 08:10 | | Comments(4)