<   2018年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

早朝の作品展  

注意とお願い!
作品はとても繊細なので手を触れないでください。
作家さんを見つけても大きな声を出さないでください。
優しく見つめるだけにしてください。

c0143772_10325789.jpg


c0143772_10354524.jpg


c0143772_10293304.jpg


c0143772_10354769.jpg


c0143772_10325505.jpg


c0143772_10344748.jpg


c0143772_10341014.jpg


朝起きたら珍しく靄がかかっていた。
彼方此方にクモの巣の作品展が始まっている。

どれも素敵な模様に編まれている。
中には作家さんが手直しをしているのか姿を見ることも出来た。

靄の水滴がクモの巣についたせいか普段では見られない光景に興奮していたお婆です。
道行く人はあのお婆は何してしているんだ?
カメラ持って何を写しているんだ?

私の被写体はあの人には見えていないだろう。
そう思うと何とも滑稽な姿に違いない。

一人で楽しんだ一時の朝の風景。

そう言えばもう何年もレース編みをしていない事に気が付く。
かぎ針もレース糸もこの間押し入れから見つけたはず。
もう老眼の目で編み物は無理。
また元通り押し入れに仕舞い込んだ覚えが。

使わないのなら断捨離すればよかったのにそれすらも出来ずにいる決断力なさ。
嗚呼・・・情けなや。


by ibakasumi60 | 2018-06-23 08:10 | 風景 | Trackback | Comments(12)

タコがへばりついているように見えますが・・・ 

全部くちなしの花
6弁花の一重と八重咲のクチナシだけど違いが面白い
一重咲きにはタコが止まっているように見えて笑えます
c0143772_11184460.jpg
c0143772_11184228.jpg
c0143772_11173373.jpg
c0143772_11524667.jpg
c0143772_11524448.jpg

c0143772_11173434.jpg
クチナシの花を知ったのは多分あの歌の影響だと思う。
渡哲也さんが歌った「クチナシの花」。

クチナシの実はきんとんの色付けに暮れになるとよく使ったけど。
綺麗な白い花が咲くのは知らなかった。
一重咲きと八重咲が有る事も知らなかった。

まして一重咲にはタコのようなものが付くとは知らなかった。
シベとは面白いものですね。


by ibakasumi60 | 2018-06-22 08:11 | | Trackback | Comments(8)

なぜそんなにも高い所で咲くの?    

ノウゼンカツラ

ピンクもあるというけどまだ見たことがない
何時かどこかで出会ってみたいものです

c0143772_11094015.jpg
c0143772_11093827.jpg
c0143772_11244970.jpg
c0143772_11233060.jpg
c0143772_11542355.jpg

c0143772_11542183.jpg
もうこの花が咲きだす季節なのですね。
玄関先の高い所に花を咲かせて私を見下ろしている。

そんなに高い所で咲かなくてもいいものを。
花には花の事情がおありのようですね。
見上げる私にも身軽にシベを覗きたいという感情が。

トランペットのような首の長い赤の強い花もある。
当たり前の花の形をしたオレンジ色も見かける。

何方もノウゼンカツラらしいです。


門かぶりの松にご挨拶をしているようなクレマチス。
何もあそこまで伸びて高い所で花を咲かせなくてもよさそうなものを。
それぞれに理由が有るのでしょうね。

私には分らん。


by ibakasumi60 | 2018-06-21 08:10 | | Trackback | Comments(4)

あの傘はどこに  

もう忘れなさい!とトンボが寄ってきた
c0143772_17364182.jpg
c0143772_17363865.jpg
梅雨の時期になると毎年思い出して憂鬱になります。
遠い昔の思い出話なんだけどさ。
まだ夫婦で仕事を切り盛りしていた頃の話です。

中堅のスーパーへ原稿を貰いに行ったのです。
丁度今日のような雨が降る日で寒かった。

買い物が有ったからスーパーの入り口に置いて有る傘立てにお気に入りの傘を入れて店内に。
買い物を終え荷物を車に積んだ後事務所には裏から入ったんです。
仕事を終えてスーパーの入り口の傘立てに目をやるけど私の傘がない。
傘が無いのです。
思い入れのある傘だったから又事務所に戻り傘が無くなっていることを店長に告げて「出てきたら取っておいてね!」って頼んだのよ。
まさか間違って私の傘を持ち去った訳ではないと思う。
既に雨は上がっていたけど傘立てにはどうでも良い様な数本の傘きり残されていないんだから。
今もって戻ってこない傘です。

この傘は亡夫が母の日にプレゼントしてくれた傘でした。
持ち手が藤で出来ていて薄いクリーム地にぐるりと赤い線が数本入っていた素敵な傘。
何よりも亡夫が選んでくれた傘なんてこれ一本だけだったのよ。
だから大事に大切に使っていたのに悔しい思いをしました。
この時期になるとあの傘を思い出すのは持ち去られた悔しさが有るのでしょうね。

持ち去った人もあの傘を気に入ってくれたのでしょうか。
それとも雨に濡れるのが嫌だったからちょっと貸してねと言うつもりだったのかな。
どんな思いで使っていたのか。
気に入って使ってくれたのならそれはそれで良しとしようか。

傘は結局戻らなかったけど思い出は消えない。
そのスーパーも今は廃業となり跡地は宅地に変わってしまった。
悔しいけど傘の事もそろそろ忘れても良い頃かな。

車移動が殆どだから余り傘を差す時もないんだけど梅雨のせいかお洒落な傘が妙に欲しくなってきた・・・
お洒落な傘一本買おうかな~。


by ibakasumi60 | 2018-06-20 08:10 | 動物 | Trackback | Comments(10)

我が身が大事だもん! 

お肉屋さんの庭の隅っこに咲いていました。
アメリカ朝鮮朝顔って言ったかな?
c0143772_12024518.jpg
c0143772_12002768.jpg
c0143772_12024300.jpg
c0143772_12002410.jpg
茎が長くてラッパのような形をした花です。
花びらにはうっすらと薄い紫の縁取りがされていてお洒落。
良く訳が分からなかったけどこの花を見たお友達が嫌っていました。
毒が有るとか?

私は綺麗な花として楽しんでいる。
上から横から下の方から脇からと見させていただきます。



トマトにもっと長い棒を立てようと一括りに立てて置いた場所から一本取ろうとして驚き(@_@)
棒にハチの巣がくっ付いて出来ていた。
蜂が5匹ほど巣から出たり入ったり忙しそうに働いている。
動いているのは意外と細身の黒い蜂だ。
ここで巣を作られたら危険に会うのは私だよ。
部屋に戻りエアー銃を持ってきて一点目がけて噴射。
液もぼたぼた垂れる程の噴射です。
液を浴びた蜂はポタ~ポタリと巣から出て落ちてきた。
主がいなくなった巣を見届けて移植ベラで巣を剥がす。
地面に落ちた巣を思い切り靴で潰したら巣の中から黄色いものが出てきた。
何とも残酷な場面だけどこの場所で共存は出来ないのです。

私が安全に暮らせるはずの宅地に危険を伴う侵入者は許せません。
油断も隙もありゃしないと緊張感を持った今朝の出来事でした。


by ibakasumi60 | 2018-06-19 08:10 | | Trackback | Comments(8)

虫撮り撮り! 

意外と花にカメラを向けると偶に偶然の出会いが隠れていることがあります。
c0143772_11214032.jpg
c0143772_11272687.jpg
c0143772_11284742.jpg
c0143772_11104942.jpg
c0143772_11441414.jpg


蝶々さんにもカメラを向けるけど思い通りに羽を広げてくれない頑固者ですね。
蜂は意外とこっちを気にすることも無く花から花へと忙しく動き回る浮気者。
蜂と一口にいうけど色々な種類が有るんですね。
ブーンと言う音に恐怖を感じて静かにそっとその場を離れることもあります。
羽音ほど悪さはしないかもしれないけど矢張り丸く黒いお尻の大きめな蜂はこっちが気を付けて逃げます。

動きを見ているととても可愛いと思う事も。
カマキリはズームでレンズを見て初めて「ウッヒャア~」とのけ反った。
レンズは私の第二の眼。

見たいものを素直に見せてくれる良いやつです。
時々見たくないものも正直に写してくれる気の利いたやつ。
私にとって物言わず今を切り取ってくれる良い相棒です。
今を見せてくれる素敵な奴!


by ibakasumi60 | 2018-06-18 08:10 | | Trackback | Comments(10)

水辺からの景色  

久しぶりに晴れた日だった。
小貝川の橋を渡ろうとしたら綺麗に筑波山が見える
ふとあの堰まで行って見ようと土手を走った。

c0143772_17352108.jpg
c0143772_17343913.jpg
c0143772_17343737.jpg


いつも見ている筑波山だけどここから見る筑波山は横に広がった太っちょ山。

雲の流れも綺麗だし暫し土手の上で日光浴を兼ねて歩いてみた。
空気が美味しいと思える瞬間。
水辺を渡る風もとても優しくて気持ちが良い。
暫し遠い思い出に浸かりながらあの橋を渡って帰ろうかと車に戻ったのでした。
橋を渡ってもう少しだけ筑波山の近くまで走らないと。

自然の中の深呼吸は気持ちが良い。
あと少しコンクリートジャングルの街を走って自宅まであと40分程。
車の後ろに少し凹みや擦り傷が見えるけどもう気にしない。

さて帰ろうかなとエンジンを掛けた。


by ibakasumi60 | 2018-06-17 08:10 | 風景 | Trackback | Comments(12)

これは何の花かな?

お友達の野菜畑で見つけた黄色い花
黄色が引き立ってとても綺麗な花ですね
これカボチャの花?

c0143772_17214303.jpg


かと思ったら違うんだね~

c0143772_17201308.jpg


これの花だよ~!

c0143772_17205649.jpg


もう分ったでしょう!
ズッキーニの花でした。

お店で買うのには花は付いていないから分からなかった。
キュウリみたいに上からぶら下がるのかと思ったら下の方で実を付けるんです。
ホントに知らなかった。

知らない事の方が多いけど野菜の不思議に出会って驚きました。
スーパーで買い物するだけでは知らないままで通り過ぎる野菜の不思議でした。

この齢になっても新しい事を知るってワクワクしますね。
貴重な時間をプレゼントしてくれた彼に感謝です。


by ibakasumi60 | 2018-06-16 08:10 | | Trackback | Comments(15)

ブルーベリー狩り  

お友達のご厚意でブルーベリー狩りを楽しませて戴きました。
たわわに実ったブルーベリーを一粒一粒摘み採ります。
時々お口にポイッと入れながら美味しさを楽しむ私。
青く色ついたものだけ摘むんだよって言われたはず。
c0143772_17191479.jpg
c0143772_17175148.jpg
c0143772_17140338.jpg
c0143772_17175340.jpg
c0143772_19563748.jpg


夢中になって摘み採っていたらお尻が少し赤いのも交じってる。
これはまだ早いと言われたはずだった。
正面は綺麗に色ついた青色してるからお尻まで気が付かなかった。
食べたら少し酸っぱいけどこれはこれでアクセントになって美味しい。

ザルに一杯摘み採りをしたブルーベリーを出荷用のパックに入れてくださいました。
それを段ボールに入れて車に運ぶほどの収穫です。
お店で買ったら幾らするのか凄い量でした。
ご厚意に甘えるだけ切り出来ない私。

お礼は・・・
お返しは・・・

何もできない私ですが有難うだけは大きな声で言えます。

生のままで食べるのも美味しい。
ジャムにしようとも思ってる。
ジュース用に冷凍保存もします。

新鮮もぎたてブルーベリー美味しいですよ!


by ibakasumi60 | 2018-06-15 08:10 | 食べ物 | Trackback | Comments(12)

同じ場所にダリヤ咲く


あっち向いて
こっち向いて
下向いて

ちゃんと正面向いたあなたが観たかった・・・
c0143772_08421412.jpg
c0143772_09511207.jpg

c0143772_08421609.jpg
何時もの通りに今年も咲いたダリア
特別な手入れをしているように見えないけど同じ場所に今年も咲いている
強い花なのかな

田舎の庭に咲いてたダリヤは冬の寒さに耐えきれなくて絶えてしまっていたことを覚えている
母も花が好きで色々植えていたけどダリヤは毎年違った色の花でした

新しく買っていたのか株分けしてもらったのか母にはもう聞くことも出来ない
妙に懐かしく感じるダリヤです


by ibakasumi60 | 2018-06-14 08:10 | | Trackback | Comments(12)