<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4月の思い出  


フラワーパークで
c0143772_19170132.jpg
c0143772_19181769.jpg
c0143772_19173155.jpg
c0143772_19131992.jpg
c0143772_19124670.jpg
c0143772_19163067.jpg
c0143772_19143152.jpg
c0143772_19143365.jpg


農作業の合間なのか縁台に座って休んでいる集団を見っけ
なんだかとてもお疲れの様子
なんとリアルにできた案山子の家族でした

広い公園には栃の花が咲いていた
見上げれば空の青さが眩しくてパチパチと瞬きを
風の悪戯なのか逆アーチの藤の美しさに目が留まった
ピンクの藤の花も見事に房を下げて青空に映えます

大好きなキジとの出会いもありました
私の中では縁起物のキジだから何か良い事ありそうと期待しましょう
ちょっとのお出掛けで色々な出会いが有って良い一日でした

忘れられない4月の出会いでした


by ibakasumi60 | 2018-04-30 08:10 | 風景 | Comments(6)

彼女の人生を歩み始たようだ   

植物園で見たサクラソウ
こんなにも種類が有るとは知らなかった
ここに載せたので半分ぐらいでしょうか
沢山の展示の中から人混みをかき分けて写したサクラソウ
名前も付いていてメモったはずなのにうまく結びつかなくなってしまいました
それでも間違いなく全部サクラソウです

c0143772_14523830.jpg
c0143772_14523666.jpg
c0143772_14490988.jpg
c0143772_14490754.jpg
c0143772_14394408.jpg
c0143772_14394276.jpg
c0143772_14301715.jpg
c0143772_14301506.jpg
お友達が引っ越しをしたいと不動産屋さんを当たっているそうです
何度かここに登場したあの彼女です
入院中の旦那様も大分記憶も回復してきていると言う

娘さんはもし退院したら小母さんに父の面倒を見て欲しいと言うらしい
その時の生活費は出してくれるのかと聞けば小母さんが工面してほしいと言う事らしい
今は彼女も体調が悪く僅かな年金暮らしだと言う

生活保護を受けるために動き始まったようです
先ずは安いアパートを借りて住所を移してから申請になるとか
自分の事で精いっぱいなので小父さんの事は考えられないそうだ
もう二人の縁も切れるのかな
気持ちの上では切れた感じがする
自分の為に動き始めた彼女

前途多難な道だけどどうせ出るなら早い方が良いと思う
生活保護も手続きが沢山有ってそう簡単に「ハイどうぞ~」とはもらえる物でもないらしい
国の税金から使わせていただくのだもの当たり前と言えば当たり前かな
小父さんも生活保護の申請をして特別老人ホームへ入る手続きをするとか

彼女も前を向いて歩み始めた姿勢が嬉しい
それにしても今までの20年は何だったの?
好いた惚れただけでは生きて行けない今なのでしょう

波乱万丈の人生にもピリオドを打つ勇気は結局お金から来ているのかもしれない
金の切れ目が縁の切れ目?
振り向かないことが貴女のためになると思う
頑張れ~!


by ibakasumi60 | 2018-04-29 08:10 | | Comments(10)

巷はGW突入のようです    

我が家のスター

次々と花を咲かせてくれるけど狭い庭で手入れができていないからこんがらかって咲いている
もう少し手入れも必要だと感じたところ
あと少しでピンクの芍薬も咲きそうだ

c0143772_13575256.jpg

c0143772_16331797.jpg
c0143772_16331551.jpg
c0143772_16313834.jpg
c0143772_18395413.jpg
昨日はお友達のお店が忙しくて私の手を借りたいと要請が
何もできないけどお直しの解きと受付ならできる
老眼鏡を掛けて一生懸命解きを頑張ってきました

そう言えば早い人はもうGWなんだね
高速道路へ続く道も混んでいて世の中は敏感に大型連休に反応しているのが感じられた
GWと言っても何時もと同じ繰り返しの私
何ら変わりのない暮らしも良いと思うようになってきた

GWに着たいから急ぎで直しをして欲しいと持ち込む人が多かった
急ぎと言われてもと言いつつ受けている店主
お客様の泣き言には弱いようです
喜んでくれるなら頑張りがいが有るというものだ
手伝いに行って良かったと思う私でした

序に私の麻のパンツも裾上げしてもらったりして

今日もいい天気になりました
お出かけ日和だけど先ずは洗濯から
それからどうするか考えるか?
身体が重い


by ibakasumi60 | 2018-04-28 08:10 | | Comments(6)

薔薇と滴  

雨上がりのバラに残された小さな雨粒
喜びの涙にも思えてならない
雨を心待ちにしていた喜びの涙
太陽さんが薔薇の笑顔を観たいと降り注ぎます

c0143772_16414701.jpg
c0143772_16414701.jpg

c0143772_16414671.jpg
c0143772_16405192.jpg
c0143772_16405034.jpg
c0143772_16421843.jpg
c0143772_16395226.jpg


チョットお出かけをしたら綺麗に咲いたバラに出会いました
色とりどりのバラが私に話しかけてきた
「綺麗ね~こんな色のあなたが好きよ~」と呟く私
満開の花びらを空に向かって広げなにかメッセージを送っているように見えるわよ
クルクルと巻いた花びらは明日は咲くから待っててねと

それぞれ個性を発揮して楽しませてくれる薔薇
バラよりも薔薇と書いた方が優雅ですね

小さな滴はどんな宝石よりも美しく輝いていました
薔薇と滴とお婆の出会い
とても良い時間を過ごせました


by ibakasumi60 | 2018-04-27 08:10 | | Comments(8)

ハンカチの木見っけ!  

大分前に新宿御苑で見た珍しいハンカチの木
近所の庭にありました
なぜか見つけた時は嬉しくて心躍らせました
こんな近くで出会えるなんて嬉しかったよ

c0143772_18372536.jpg
c0143772_18372793.jpg
少しづつ青空が広がって気持ちの良い朝です
太陽が眩しく感じます

主婦には太陽が大切なんです
洗濯や掃除には太陽が強い味方なの

雨降りは畑や田んぼには貴重恵みなのはわかります
太陽が出ると気分が良くなるから晴れて欲しいのだ

庭に植えた夏野菜は雨が降るのを心待ちにしているのが分かる
そう言えば鬼怒川の近くではもう田植えが始まっていたね

レンゲの花も咲いていた
GWのレンゲ祭りよりも早く咲きだして畑はピンク色に染まって見事です
今年はイベントよりも早めに咲いている花たちが多くて関係者が焦っているようですね

自然って人間の予定には合わせてくれないこともある
番狂わせにオタオタする人間様です



何気なく読み返したら誤字脱字変換ミスが出て来て恥ずかしい
知らん振りして直したけど気が付いた人は「バカじゃないの~こんなミスをしてさ~」と思うでしょうね
こんなミスも私らしくて可愛いじゃないと大きな心で読んでください

歳を重ねるとやることなす事ドンくさくなっています
言い訳するつもりもないけどドジですね
今日も読んで下さって有難うございます


by ibakasumi60 | 2018-04-26 08:10 | 風景 | Comments(10)

綺麗なものは綺麗なの

花菱草(はなびしそう)

散歩の道すがら黄色と白の花に足を止めた
風に揺れる姿も可愛いね
c0143772_14421170.jpg
c0143772_14433617.jpg
c0143772_14421379.jpg
c0143772_14433829.jpg
歯医者さんの事はもう終わったものと思っていたのに
ブログにも書くことは無いと思っていたんだけど
日記のようなものだから時には備忘録として書き留めるも良いとしよう
歯医者さんの診察結果は
縫合は上手く付いているようです。
大きな窪みが有るのは切り取った歯の後にまだ肉が上がってこないために少し凹んでいるんだとさ。
そこに物が入り込むそうでうがいをして綺麗にしていれば問題ないって。
肉はどんどん盛り上がってささほど気にならなくなるはずと言われて納得。
そう言われれば納得するしかないでしょう





最近カメラが時々ストライキを起こします
スイッチを入れても反応が遅くてイライラ
もうお終いとスイッチを切ってもうんともすんとも反応しない時が有る
充電切れかと思ってもそうでもないようだし
おい おい どうした??
カメラが壊れたら泣いちゃうよ!
時々起こすトラブルはまるで私の心を写しているようで可笑しくもあり憎めないのです

今の私にカメラが壊れると言う事はとてつもなく恐怖なのである
こんな話をしたら「余り使わないカメラだからどうぞ使ってください!」と王子様のような方が現れた
「有難う~!」で良いのかな
以外と甘え下手だから迷うのです

綺麗に撮る 観た花の美しさ 綺麗なものは綺麗なので綺麗に写ります
その楽しみを奪わないでください
まだまだカメラと一緒に歩きたいのです
カメラは私の必需品だから

ホントに新しい相棒が来るのかな
相棒は私で良いのかな
チョイと心配であ~る


by ibakasumi60 | 2018-04-25 08:10 | | Comments(8)

気が進まないけど行くしかない  

フェンスに絡んだなにわいばら
去年と同じお宅の花だけど今年は少し違ってた
長く伸びた木を半分ほどに切り詰められそれでも見事に花を咲かせてくれました
きっと成長の早い木なのかもしれない

今日は何時もより 悲しくなるほど白さが目に沁みます
c0143772_16080538.jpg

c0143772_16064350.jpg
c0143772_16073656.jpg
奥歯を抜いて歯茎を縫ったところが上手く付いていない気がする。
穴の中に食べ物が入って食事の後に痛みが出ます。
歯ブラシやうがいをするけど違和感タップリ。
今日もう一度術後の検診で病院行です。
なんだか少し不安が出てきた。

気温が上がったり下がったりで洋服選びも大変だ。
昨日なんか薄手のカーディガン羽織って過ごしました。


病院の後は亡夫のお友達が亡くなったと知らせが有りお出かけです。
亡夫のお友達と一緒にお焼香に行って来ます。
こういう知らせは切ないです。
元競輪の選手だった方でご夫婦にはとても良くしていただきました。
今は奥様も一人暮らしをしているとか。
先輩面をする訳じゃないけど同じ立場になったのだから少しでも話し相手になれれば良いなと思います。
泣き虫だから絶対に泣かないようにと思いつつ白いハンカチを忍ばせている私です。

私に絶対なんて無いのかもしれない。


by ibakasumi60 | 2018-04-24 08:10 | | Comments(8)

春日部藤まつり  

22日 日曜日
仕事で十何年も春日部に縁を感じながらも藤まつりを観たことがなかった。
今年は縁を感じつつ通行止めになる前の駅前通りに行ってみました。 
c0143772_14401710.jpg
c0143772_14394490.jpg
c0143772_14381054.jpg
c0143772_14385645.jpg
c0143772_14370346.jpg
c0143772_14362638.jpg
c0143772_14334623.jpg
c0143772_14313521.jpg
c0143772_14325155.jpg


藤の花が舞い落ちた歩道にはレールを敷いたような紫色の道が。
車が通る度に藤の花びらは舞い上がり尚も美しさを見せつけ紫の吐息が漏れます。

駅前から道路両側に1キロにわたって続く藤棚の道だそうです。
花はもう散れているものも有るけどまだまだ見頃は続きそうだ。
お祭りは歩行者天国になり屋台や踊り等も有って熱気で盛り上がること間違いなし。

人出は早朝のせいで感じられなかったけどボランティアの人たちや屋台の業者さんが忙しく準備に追われている。
綿飴を買ったり焼きそばを買ったりお祭らしい楽しみは無かったけど立派な藤棚の行列を楽しませていただきました。
元気ならば二人で並んで藤棚の下を歩いてみたかったなと思うお婆です。
春日部さん有りがとう!


お友達の様子が気になってお見舞いながら藤の花を楽しんできました。
痛みに苦しみながら優しく迎えてくれたお友達に・・・
「有難う~!早く元気になってね」
精いっぱいの言葉を掛けてきました。


by ibakasumi60 | 2018-04-23 08:10 | | Comments(10)

思い出の引き出しにもライラックが   

ライラック

私の好きな花のベストテンに入る
と言っても一番は何?かな
c0143772_18313045.jpg

c0143772_18312865.jpg

c0143772_18415755.jpg

自営を始める前に住んでいた団地のお隣の奥様は北海道出身でした
春になると小さな庭に植えた背の低い木に紫の小花を付けた珍しい花が咲きました
見れば見る程可愛らしくて好きな色に釘付けの日々
その時に初めてライラックと言う花の名前を知りました
もう45年も前の話です

北海道の花を忘れないようにとお母様が嫁入りのひとつに持たせてくれた花だそうです
年に一度遊びに来るお母様はとてもお洒落な人で私の憧れの女性でした

お昼を過ぎるとどこからかトンテンシャンと軽やかな音色が
お母様がつま弾く三味の音でした

あのお母様が三味線を?という意外性に驚かされた私
何となくピアノが似合いそうなお母様でしたから

今頃どうしているでしょうね
確かお子さんが二人だったわね
公務員のご主人はあちこち移動が有って今はどちらで生活をされているのか
とても美人な奥様でした
旦那様はひ弱に見えるが優しくて奥様を目一杯愛しているという仕草が可愛かったな
世間様がよく言う美女とひ弱な野獣の組み合わせのようなお二人
今もどこかで元気で仲良し夫婦で暮らしていると思います

ライラックでフッと半世紀近い思い出の引き出しに手が行ってしまいました
今も色あせることなく懐かしい思い出は健在なり


北海道旅行の折には街路樹として植えられていた珍しいライラックの花に驚いた事
白もピンクも紫も有ってウキウキ車の中から眺めた思い出が
この思い出も脳裏から消える事ありません
あの人と共にある思い出なのです


by ibakasumi60 | 2018-04-22 08:10 | | Comments(4)

全部牡丹です

いい天気だし家にいても良くない事ばかり考えてしまからと昨日も頑張って出かけて来ました。
つくば牡丹園です。
無農薬・酵素農法で育てられた牡丹・芍薬の6万株の内牡丹が見ごろを迎えていました。
ここは日本一の広さを誇る牡丹園だそうですよ。
先ずはピーターラビットのお出迎えから始まります。
c0143772_18101421.jpg
c0143772_18065669.jpg
c0143772_18052255.jpg
c0143772_18052092.jpg
c0143772_18031299.jpg
c0143772_18031183.jpg
c0143772_18011010.jpg
c0143772_18000155.jpg
c0143772_18000328.jpg

c0143772_17585611.jpg
c0143772_18072549.jpg
c0143772_18021046.jpg


↓今年150歳と言う貴重な牡丹との出会い。
園内は花の甘い香りに集まる虫もいました。
画像にするとなおさら鮮明に見える虫の姿。
これも記念で好いじゃないかと。

c0143772_18091246.jpg
園内は意外と外国人のツアーもいて賑わっていました。
以前はアジア系の人が多かったのですが今回は俗に言う金髪の紳士淑女が多かったです。
アメリカからのご夫婦と「こんにちは~」とご挨拶を。
夫婦って良いなぁと今日も思い知らされたのでした。

花日和のなか歩いて汗かいて気分は最高!

それにしてもお昼前ごろの入園だったのでさすがの牡丹も暑さにグッタリしているのも多かった。
朝早い方が綺麗にみられるそうです。
次回は早起きして出かけましょうか。


by ibakasumi60 | 2018-04-21 08:10 | | Comments(10)