2019年 08月 04日 ( 1 )

天国の近くへ行こう  ①

天国とは行ったことも無い私が何と変なタイトルを付けたものです
標高の高い所に行けば此処に居るよりも涼しさを感じられると言う発想です
那須連山西端にある標高1230メートルに位置する沼ッ原湿原へ行って来ました
前回の旅行で雨と霧で行けなかったところです
大好きなシモツケ草が出迎えてくれました
c0143772_18182376.jpg
c0143772_18255132.jpg
c0143772_18241615.jpg
c0143772_18233220.jpg
c0143772_18203944.jpg
c0143772_18174175.jpg

c0143772_18194560.jpg


友達の車に乗せてもらい「歩けるのかな?」と不安な気持ちを抱えたままスタートです。
天気は上々でこの地の予報では35度を示していたのに沼ッ原の気温は27度でした
やはり涼しく感じます
着いた時は3時近かったので明るい内に戻れるのかなと素人は少し心細かったのです
もう何度も来ているというベテランさんの案内で歩き始めます
最初は木の根っこが絡む下り坂で歩きにくい
その次は100段?の石段を下る
今回出掛ける時には湿原を歩くとは聞いていないよ~
だから足は普通のシューズです

階段を下り終えたら綺麗な木道が伸びていました
ぐるっと木道を歩き遠くに目をやればずっと奥の方まで伸びていた
あそこまで行くの? 歩くの?
「クマに注意!」と言う張り紙が所々に貼って有る
ガサッという音に「熊?」とビビること数回
最初の内は「こんにちは~」と挨拶を交わすハイカーに出会ったけど最後の頃は出会う人も無くなった
もしかしてこの湿原に私達だけ?と言う心細さが不安を掻き立てる
陽が沈む準備に入ったのか少しづつ明かりが陰って来るのが分かります
気が焦り足の運びも早くなり汗も出てきました
タオルで拭きながら来た道を逆に引き返します
ただ無口で足元を見ながらただ石段を大股で登る
途中休むことも無くひたすら足を運び根っこの山を登った
少し腰に来たと思ったけど休むわけにはいかない
数年前まではあんなに元気に歩けた私だもの頑張るよ!
そんなチョイ昔の事を思いながら歩いた・上った
駐車場まで一時間ほどで歩けた計算でした

車を見た時はホッと安心してやり切った満足感で万歳をした私
此処から三斗小屋温泉まで行けるそうでお泊りの車なのか数台止まったままでした
歩きで行く温泉三斗小屋は秘境の温泉に入るのか有名ですね。

気持ち良く歩けた腰に感謝!
筋肉痛も未だでないこの老体にアリガトウ!
気を良くして次は戦場ヶ原を歩きたいなんて無謀でしょうか(笑)
もう少し体力をつけるべきですね


by ibakasumi60 | 2019-08-04 06:00 | 風景 | Comments(6)