2019年 06月 22日 ( 1 )

もうすぐ一周忌  

お別れは紫陽花の咲く頃だった

c0143772_17141163.jpg


オジサンが亡くなった後に紫陽花の季節だと言う事に気が付いたのよね
夢中で看病していたから花好きな私にも花の思いが薄れていた時期
シモツケも咲いていたっけ
葬儀が終わって気が付いた

25日が祥月命日で一周忌に当たります
少し早いけど私が最後に会った日が21日だったからこの日に合わせてお墓参りをしてきました
お彼岸以来の墓参です
春日部迄の道中は久しぶりな感じがして景色も霞んで見えました
涙もろい私はオジサンの事を思い出しては涙・涙の道中
道路は混んでいて片道2時間近く掛ってしまって疲れもドップリと感じた

煙草が好きでピースが好きで肌身離さず持っていた人でした
入院してから煙草も吸えなくなって「俺が死んだらお墓に煙草を届けてくれよ~」なんて本気だったのかな
お婆にライター預けるから煙草を必ず持ってきてくれと駄々っ子のように言っていた
ライターは俺の形見だと思って持っていてくれなんて悲しい事を言ったのよね
でもその通りに成っちゃった
オジサンの拘りはシルバーのロングピース500円のものだった

私はたばこは吸いません
吸ったことがありません

それでもお墓前でピースを咥えてライターで火をつけて供えました
煙草に火をつける時は吸わないと火が点かない事を知りました
吸うと口の中が苦くなるのも知りました
もっと吸うと咽ることもあり頭がクラクラしますね

こんなおいしくも無いものを何で吸っていたのか不思議
身体を壊してまでも吸ってるオジサンの気持ちが分からなかった
それ程好きだったのね
アル中ならぬ煙草中だ

でもおじさんが煙草を吸っている姿はカッコ良くて好きでした
肺気腫になっても止められず苦しい思いをしても止められなかったね
こんなものを何故政府は許しているのだろうか不思議
吸う人がいるから売る
吸う人を減らしたいから高い税金を課したのか

そんな煙草好きなオジサンを思い出していたら話が難しくなりそう
もうすぐ一周忌
又切なく思い出を捲る時が来ます


by ibakasumi60 | 2019-06-22 06:00 | | Comments(6)