2018年 10月 03日 ( 1 )

無いものが痛む辛さ    

向こうに見えるのが高速道路

小っちゃな池だけど釣りをしている人がいる
仕草を見るとどうやらルアー釣りのようです
何が釣れるのか分からないけど何度も竿を引いたり投げたりしている

成田着陸の為大きく旋回した飛行機が低空飛行に変わるのが分かる
何処からの旅客機なのかと目の前を通り過ぎるのを食い入るように見つめていた
もう機上の人にはなれないのかな・・・
パリに行こうと誘われたけど無理でしょうね
アメリカなら・・・もしかして
c0143772_17280745.jpg
c0143772_17300781.jpg
c0143772_17271108.jpg
義妹から電話があって少し話し込んでいました。
時折失くしたものの大きさと失望感で胸が痛むと言うのだ。
そして無いはずの右足が痛んで仕方がないと。

彼女は糖尿病の悪化で右足を膝の上から切断しています。
義足を付けて歩く姿は普通の私となんら変わらない。
私の方が少し足を引きづりますが彼女と同じぐらいの格好です。

そのない筈の足が天気などでどうしようもなく痛んでくるのです。
摩ることも出来ず頭がおかしくなると言う。
クスリを貰っているらしいけどその薬を飲むと眠くなり怠くなって起きていられないのだそうだ。
そんなこんなの辛い話を聞いてウン!うん!とただひたすら聞き役です。
失くしたものの不具合は私が奥歯の歯を一本抜いたけど矢張りあります。
抜かなきゃよかったと思う事もあるんです。
彼女の足も私の奥歯ももう生えてはこないのだ。

慣れるしかないのだろうけど身体がまだ元気な時を忘れていないのでしょう。
「他人に分ってくれと言っているのじゃない」「慰めて欲しくて言ってるのじゃない」と彼女。
ただ話を静かに聞いてくれれば心が落ち着くと言う。

いつも毎回ただ聞き役に徹しているけど聞くのも辛く感じます。
何もしてあげられないけど話を聞くのは何時だって出来るからね・・・と言う事きりできない。
今度又ランチでも一緒に行きましょう!と誘う事きりできない。

台風のせいか気圧のせいなのかここの所痛みが幻覚となって現れていると言う彼女。
聞いてて涙ぐむ私だけど見られないように涙をぬぐう私です。
この辛さは一生もの!と引き攣るような顔で言ったのが忘れられない。

頑張って乗り越えようね! いつでも電話してきていいんだからね!


by ibakasumi60 | 2018-10-03 08:10 | 風景 | Comments(6)