2018年 03月 28日 ( 1 )

紙切れ一枚と言うけど  

赤と白のユキヤナギ。
白も良いけどピンク交じりもなかなか綺麗。
全部前のお宅の庭に咲いたものです。
c0143772_15141258.jpg
c0143772_17110475.jpg
このブログにも何度か登場した訳ありご夫婦さん。
まだご主人は退院の見込み有りません。
奥さまはこの先をどうすればいいのか迷っているようです。

尻尾にケガをした捨て猫を保護して治療を続けていました。
その内猫も懐いて今は飼いネコ同然の暮らしです。
けがも治り尻尾の感覚はないそうでいつもだらりと下げたままの持ち主オス君。
もしも彼女が家を出るとなるとこの猫の今後の生活はどうなるのか。
彼女は可哀想で捨てられないしまして保健所には届けられないと嘆きます。
「所詮は捨て猫でしょう」とは言えないしだからと言って何方かに飼って貰う事は出来るのか。
猫と彼女の愛情物語が始まりました。
その愛情をご主人の方にもう少し向けてくれた方がと外野の私は無責任に思うのです。
最近は余り面会・お見舞いにも行っていない様子。

全部彼女が決めることだけど病院への送り迎えを数回手伝っていた私も複雑。
紙切れ一枚にも重要な意味が有ったことを今更ながら考えているようだけど。
二人の気持ちが一致しないと紙切れ一枚は役所に出せない訳だものね。

彼女は元気な人だから何とか乗り切るでしょうが見ている側としても「何だかなぁ~」と。
暫くは家を出ることも出来ない状態のようです。


by ibakasumi60 | 2018-03-28 08:10 | | Comments(6)