2018年 03月 20日 ( 1 )

老人と呼ばれる括りの中で 


ボケの花が咲きました。
花びらの淡いピンク交じりが好きです。
c0143772_17172278.jpg
c0143772_17183043.jpg
アパートで奥様をなくされてから4年ほど独り暮らしをしていたご主人が引っ越しをされるそうです。
いわきに奥様の実家が有り空き家になっているからそこで余生を過ごすと言う。
奥様はいわきの墓地に埋葬したそうで墓守をしながら好きな釣りでもして暮らすつもりだと寂しく笑った彼。

この住居地を見回すと先立たれて一人で暮らす老人が増えています。
男も女も比率は同じぐらいかな。
それでもみな必死に又明日を生きようと頑張っています。

どの顔もみな寂しさを漂わせているように見えるのは気のせいでしょうか。
もっと人との係わりを持ちたい。
少しでも笑顔になっていたい。
そうしたらもう少しだけ楽しい今日になるような気がする。

孤独と向き合う老人が増えていると言うけど他人事とは思えない。
私も老人の部類に入っているから切実です。

元気に明日を迎え今日を少しでも笑顔で過ごしたい。
これって贅沢な事でしょうか。
気持ちだけは誰にも負けない若さを保ちたいと思います。

おいおい大丈夫かい?
あんまり無理しなさんな。
思うのは自由だけど頭と身体のアンバランスも考えなくちゃね。
こんなこと言いたくないけど老いると言う事の厄介さを痛感しています。


by ibakasumi60 | 2018-03-20 08:10 | | Comments(10)