ゲリラ豪雨 

♪夾竹桃の花のように~私は生きたい!♪

こんな唄が有ったような記憶が
で・・・どんな生き方なのかな?
c0143772_18135907.jpg
c0143772_18144289.jpg
ここの所急に涼しくなって嬉しく思います
これで私の汗疹も少し楽になりそうだ
なんて思うのは甘かった

昨夕のいきなりの豪雨には驚きました
朝からの涼しさに気を良くして、全室網戸にして過ごしていました
急に暗くなったと思ったら、ポッツンポッツンと雨音がどんどん大きくなります
南の網戸から入る風が、車箪笥の上に飾っているぬいぐるみを蹴飛ばすように振るい払った
ぬいぐるみは部屋の中央部分まで投げ出され、入る風の力が半端じゃない
花瓶も投げ出され水は飛ぶ花はグジャグジャ

ガラス戸を閉めるのも息苦しく感じる程の強風が開いた網戸から入ります
急いで何とか閉めて、他の網戸も閉め、最後に二階の網戸を閉めようと階段を上る
閉め終わってから南側の方が風の勢いが強かったことを感じた

二階の窓から白煙を上げながら風に踊らされている雨
こんなにも恐ろしく見える雨の模様は初めてです
お隣の柿の木も折れるんじゃないかと思う程しなっている

水道工事をしていた誘導員は、びしょ濡れになりながら、車の誘導をしたり工具を片付けている
自転車で帰宅途中の学生は、バケツの水を被った様に目も開けられないほどの雨風を凌ぐように、電柱にしがみ付いていた
我が家もこの風で飛ばされるのかと言う恐怖に怯える
もしかして雨漏りもしているのかなと、少し落ち着いた頃に部屋中を駆け巡り確認
雨漏りは無かったので一安心する

時間にしてどの位だろうね
雨音も静かになり外を見たら、家の前の道路が氾濫している
車は物凄い水しぶきを上げながら走り去る
この光景はよくテレビで見るのと一緒
お隣の柿の木も太い枝が折れて、地面にたたきつけられた
葉っぱが飛んで来て枝が折られて、我が家の枝物や花も全部寝ている
植木鉢も吹っ飛ばされて、ひっくり返されて無残
台風並みの脅威でした

こんなの初めてだよ
怖かった・・・

喜んだのは久しぶりに乱暴な天然シャワーを浴びた畑の植物でしょうか
昨夕の雨は、程々と言う事を知らないようでした

予報では又今日もゲリラ豪雨が有りそうなことを言う
こんな怖い目に合うのなら、酷暑の方が我慢できると、お婆は涙目で呟いております


by ibakasumi60 | 2019-08-22 06:00 | 旅行 | Comments(4)
Commented by otenbasenior at 2019-08-22 09:14
日本の気候が非常に変わってきていて恐ろしいですね。
雨ならシトシトが希望なのに風と共にそんなに強く、まるで台風のような雨と風!
雨漏りもなくて良かったですね。
Commented by zakkkan at 2019-08-22 16:04
こんにちは
どこでも、突然に・・降っているようですね

「夾竹桃:ちなみに、お隣、韓国の国華ですね

この花・・広島県の県花でもあります
その訳・・
これは、人づてに聞いた話ですが
あの爆弾が広島市内を覆った日
夾竹桃の花が焼け漕がれて、学者は
「この地は、この先、何十年、華が咲かないだろう」といった翌年に
この「夾竹桃」が一本の木から花をつけていたそうです・・

なんだか?嘘っぽいですが・・
その嘘に、ひかれます・・(笑)

で、雨ね
にわか雨、夕立・・この詞が死語・・
ゲリラ豪雨・・聴きたくない、詞ですね・・
Commented by ibakasumi60 at 2019-08-23 07:07
> otenbaseniorさん  おはようございます。
狂った様に照り付け、気温を上げていたのが嘘のようなこの頃です。
今日もシトシトと雨が降ります。
あの時の雨は、バケツをひっくり返したようと言う言葉がピッタリでした。
静かに降る雨には心もゆったり出來、今日は本でも読もうかなと思います。
Commented by ibakasumi60 at 2019-08-23 07:10
> zakkkanさん   おはようございます。
夾竹桃は公害にも強い花と言う事で高速道路にも植えてありますね。
元は韓国の花、そして広島のあの如何わしい思い出の中でも咲き続けた花。
強い花なのですね。
韓国・原爆といささか穏やかではないこの頃の情勢と重ねてしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 跡地には何ができるのかな~ 黒を捕まえろ!  >>