青い空と水車とパラグライダー  小町の里  

久しぶりに青空の中をドライブしてきました。
笠間の骨董市を見て小野小町が生涯を終えたという謂れのある小町の里へ行きました。
家から見るのとは筑波山の形が違って見えます。

c0143772_17493393.jpg
c0143772_17322619.jpg
c0143772_17450042.jpg
c0143772_17430196.jpg
c0143772_17465520.jpg
c0143772_17360097.jpg
c0143772_17352017.jpg
c0143772_17382244.jpg
c0143772_17405175.jpg


http://www.who.ne.jp/archives/ibaraki/ononokomachi-no-sato


苔むした水車が回り頭の上をハングライダーが横切ります。
青い空に風任せの七色のハングライダーはとても綺麗でした。
コスモスも優しくスイングしながら迎えてくれました。
気持ちの良い秋風を感じながら名物のお蕎麦でも食べようと思ったのです。
だけど何処も長い行列ができているお蕎麦屋さん。
並んでまで食べる元気もなくそのまま家に向かって車を走らせるのでした。
途中で看板を見つけて入ったお蕎麦屋さんでお昼に。
運良くすぐに席に案内され美味しく戴きました。

万年日曜日を過ごしている私は本物の日曜日の活気に驚き楽しい時間を過ごす事が出来ました。


by ibakasumi60 | 2017-10-02 08:10 | 風景 | Comments(2)
Commented by zakkkan at 2017-10-02 14:01
夏の間は、暑さにかまけて・・
夏眠としょうして、常に動かない
やがて訪れる冬には
冬眠と称して・・なんてずぼらな私でも
10月の声は、優しく
「動かないとね」と耳元で囁きかけてます

(((uдu*)ゥンゥン・・久々にハンドルを持って
知らない街へ・(笑)
Commented by ibakasumi60 at 2017-10-02 15:10
> zakkkanさん こんにちは~。
年々出かけることが億劫になってきているのが分かります。
体調が悪いのもあるけどなんだか言い訳に切りすぎない事なのかもと自分を疑ってみたり。
思い切って出かければ疲労感満載で取り去るのに何日かかるのかと悩ましい身体です。
それでもいい天気の時には又出かけてみたいと思っています。
冬眠まではまだ時間がありますからzakkkanさんもどんどん外に出てみましょう!
楽しみましょう~。


<< 紛らわしい言い方にご用心!  貰ってureshiiものと困る... >>