願いかなって開花です  

クラリンドウはクサギの仲間だそうです。
花が咲く時に香りを放つとか書いて有ったけどどんな香かな。
去年は外に置いたせいか香りには気が付かなかったけど・・・
c0143772_16371735.jpg

一作年お友達に戴いたクラリンドウの鉢。
寒さのせいか葉っぱも茎も全部枯れてしまった。
と思っていたら枯れた枝の脇から頼りなさそうな一本がこの春に芽を吹いたのです。

もしかしたら又あの綺麗な花が見られるかと大事に大事に育ててきました。
何時しか枝は4本に増えていました。
そして夏の終わりの頃に小さな蕾が数本の枝先に見えるように。

暑さで枯らしてはいけないとか寒さで弱らせたらいけないと尚更大事に面倒を見ました。
3日前からは寒さと雨ふりが続いたので部屋の中に入れて開花を待ちました。
ちょっと過保護ぐらいに手を掛けたね。

今朝見たら嬉しいことに蕾が弾けて花を見る事が出来たのです。
この期間ずっと赤ちゃん誕生を待つお婆ちゃんの心境。
やっと生まれて一安心という気持ちと赤ちゃんを見せてくれてありがとうという喜び気分。
何と単純な私だろうと思いつつ「だって一度は枝が全部枯れたんだよ」と良い訳。
根っこをちゃんと残ってくれた親からの生命力を感じます。

皆こうして困難を乗り越えて今が有るんだよね。
話が段々と飛躍していくお婆です。
by ibakasumi60 | 2016-11-11 16:38 | | Comments(0)


<< 自分の意見をちゃんと言える身体... 紅葉を求めて鬼怒川へ   >>