台風は去ったけど4時間の停電に焦り        

普段は使うことなど考えもしないで彼方此方にただ置いて有った証拠が埃まみれと言う恥ずかしい現実。
c0143772_1123202.jpg

c0143772_11253938.jpg

c0143772_112822.jpg

昨日の台風はすごい雨と風に恐怖を持って過ごしました。
前の晩から孫がお泊りに来ていてまぁ賑やかなこと。

風と雨の音をかき消すぐらいの元気でお婆を元気付けてくれたのかもしれない。
可愛い孫ちゃん二人が御着きになって夕飯・朝ごはん・お昼ごはんと目一杯のもてなしに奮闘。

いつも一人分を作る私には食欲絶倫の二人を前に頑張りがいのある事。
作るもの全部完食でした。
台風を実感できる風と雨にどこか心細さを隠しきれない私ですが孫は気にもしない様子。

雨が止んで台風の目の中に入ったかと思わせる3時過ぎにママがお迎えに。
もう一泊と思ったけど孫①も大人になり準備も完ぺきではなく帰る事に。
枯れてしまった今のお婆には貸してあげられるものなんか何一つ残っていません。
こんな時の孫の若さが眩しい。
孫②もそろそろという時期です。

孫が帰る前に停電となり直ぐに復旧するだろうと簡単に思っていたのだけど。
3時半ごろに停電が始まって復旧したのがなんと7時半でした。
この4時間の長いこと長いこと。

停電中は懐中電灯とロウソクで灯りを取っていました。
時間が経つにつれ少し開けた雨戸からの明かりも消えて段々と暗くなる寂しさ。
もしかしたらブレーカーでも落ちたのかと確認をするけど異常なし。
外に出て街灯を見るけど何処もついていないし街から明かりが消え暗いだけ。
何処の家からも明かりは見えない。
まるでゴーストタウンのような悲しさ。

我が家には仏壇が有るからロウソクには不自由しない。
骨董市で買ったロウソク立も役に立ったね。

電気が止まると本当に何もできない不自由さ。
殆どの製品は電気でできていることを再認識しました。

安否確認の電話を携帯に沢山もらったけどバッテリー切れが心配で話もそこそこに切る。
携帯も電気がないと充電できないのよね。
車でも充電できるように器具を用意しておこうと思いました。

「ピッ」と言う音とともに電気が復旧した時は嬉しかったね。
そして世の中が一瞬にして明るくなった気がした。
我が家もこんなにも明るかったのかと眩しさを感じる程です。

こうして考えてみると電気の無駄使いも結構ありそうだけど慣れも怖いですね。
少し節電にも注意を払ってみようかなと思っては見たけど何処までできるかな。
気が付いただけでも良い事かもね。

そうだ・・・携帯ラジオを揃えておいた方が良いよね。
これも用意しとこ!
台風は場所を選ばず突然お出でになる怖いモノです。
by ibakasumi60 | 2016-08-23 11:26 | 風景 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ネットは情報満載です   孫と三人賑やかな夜になりそうです   >>