早朝のSMSにドキッと驚くのでした   

庭に咲いた今年最後のグラジオラスの花。見納めかと思うと寂しいね。お仏壇にも部屋の花瓶でも何度も楽しませてもらいました。元気になれる「赤」でした。
c0143772_15452570.jpg

まだ夜が明けきらない4時数分前に友達からSMSが届いて驚いた。
もしかして何かあったのかと慌てて文面を見たら喜ばしいことがズラリと書いてある。
私にとっては普段はまだ夢の中にいる時間。
文面にホッとしてもう一度寝ようと思っても一度途切れた眠気は戻る事は無かった。
少しだけ生きる時間帯が違う友達からのメールに嬉しく思う出来事でした。

明け方まで土砂降りの雨が降っていたようだ。
夜が明けるにつれて蒸し暑さが増してとても居心地が悪くなる。
エアコン入れて冷房にしたりドライにしたりと切り替えの忙しいこと。

今頃になって重苦しい空の色が青空を覗かせてくれました。
青空を見ると元気になれそうだ。
だって朝からずっと腰が痛くてイライラしていたんだからね。

昨日の朝から余りの具合の良さで薬を飲まずに様子を見ていました。
もしかしてこのままいい感じのままずっと過ごせるかもねと安心していたのに。
バカでした。
そんな単純な身体ではないという事を又・又思い知らされてしまった。

良いんだよ~仲良くしましょう薬たちよ!
by ibakasumi60 | 2016-08-02 15:47 | | Comments(0)


<< 洗濯物は雲行きに惑わされています   月初めの楽しみは二つ   >>