辛い現実に心が折れてしまいます 

次から次と知り合いから連絡が入ります。
訃報だったり病気発覚・入院・手術とみな同じような齢の人たちからの連絡です。

c0143772_17532865.jpg

正直参っています。
他人ごとではない悲しみと辛さが心を重くしています。
避けては通れない現実。

倶楽部を立ち上げて20年近くになります。
亡夫が定年後の人生に必ず役に立つと確信を持って立ち上げた倶楽部だった。
全国に友達の輪が出来てオフ会で各地を回り直に顔を見合わせてお喋りする楽しさを味わってきた。
その仲間が病魔に侵され亡くなった方も数名いらっしゃいます。

そのたびに悲しさや寂しさに向き合う事になります。
命には限りがあるという事を実感しています。
生身の身体には突然異変が起こり得ることも我が身で思い知らされている。
高齢の域に突入したことを感じます。

もうこれ以上悲しい連絡は聞きたくないけどチャンと向き合うしかないよね。
そんな訳で流石のノー天気な私でも少々応えてきています。
この場所で沢山の人に支えられ愛されてきたことに感謝。

倶楽部の先の事も考える時期なのかもしれないと弱気。
亡夫の遺してくれた集いの場だったのに余りにも月日が経ちすぎた結果ですね。
無力な私には何も出来ないと思う寂しさと悔しさで一杯です。
by ibakasumi60 | 2016-05-15 17:55 | | Comments(0)


<< 朝から無給なのによく働きました... ブルースカイ >>