ボランティア観梅    

c0143772_21452120.jpg
c0143772_21453827.jpg

c0143772_9533576.jpg

お友達のご主人を連れて梅園公園まで観梅に出かけた。

ご主人を連れて・・・・お供してが正解かもね。
ご主人は脳梗塞で右側が少し不自由です。
カツレツも良く意思の疎通は問題なし。
まだ一人で立ち上がるのが無理。

今がちょうど梅の見頃。
最近は天気のいい日に車いすを押して近所を回るのが精いっぱいの彼女。
車いすが重くて一人で車に積むのが大変だと嘆いていた。
その苦労は話に聞いていたので何か手伝えることがあればと常々思っていたのだ。

丁度私も観梅に行きたくていたのでボランティアを買って出た。
何もしない役に立たないボランティアだけど会話も沢山出来たし車いすも押した。
車に乗せるときの介助はコツがあるのが分かった。

公園内を車いすを押して散歩したが殊の外ご主人が喜んでくれました。
一年前に倒れて以来今日のように外の景色を見たのは初めてだという。
白・ピンク・赤の梅を見ながらおやつ代わりの小さなお握りを笑顔で頬張る。
連れて来てくれたことを何度も感謝の言葉にして発する。
とても嬉しい瞬間でした。

少し肌寒さを感じた後は近くのココスでお茶を。
ピッザ・バナナクレープ・コーヒーを残さず食べることができた食欲は私以上。
食べることや感動の一つ一つの仕草がとても可愛く感じてしまうのでした。

彼女も一人では連れてこれなかったと感謝の言葉の連発。
特別なことをした訳でもないのに戸惑うのは私の方でした。
とても喜んでいただけたので次回は桜を観に行こうと約束。

不自由な部分があっても明るい笑顔があれば最高。
大変なことも多いだろうけど世話のできる相棒がいる彼女は幸せだとそっと耳打ちしていた私です。
三人は梅の花咲く公園で気持ちのいい時間を過ごすことができました。
by ibakasumi60 | 2014-03-19 21:46 | 風景 | Comments(2)
Commented by korei at 2014-03-20 18:41 x
車椅子介助しながらの観梅、素晴らしい充実の日でしたね! 人様に喜んでもらえることほど幸せなことはないですものね。 私も見習いたいけれど、なかなか。
Commented by ibakasumi60 at 2014-03-20 22:18
特別なことはできないけど一緒に出掛けるぐらいはなんとか。
ご主人ともよく話をしている仲だったのですんなりとできたことかもしれませんね。

何れわが身・・・・最近そんなことも思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 嬉しい訪問者    お彼岸の入りですね    >>