雪によるイチゴ農家の被害   

やっと伸びた今年のツララです。
c0143772_1452166.jpg

この時期になるといつもお世話になっていたイチゴ園。
先日の雪であの辺りのハウスが壊れて被害が大きかったと報じていた。
新聞を見てまさかあのイチゴやさんは大丈夫だよねなんて思っていた。

何時もの様に何時もの社長さんから電話がありました。
ビニールハウスが相当壊れて出荷できるハウスは半分がやっとという数。
待ちに待った出荷時期到来なのにかなりのショックを受けているという。
そりゃあそうですよね。
いつも利用させていただいた私もかなりのショックを受けています。
自然災害の無情さをしみじみと感じました。

それでも半分残ったハウスは健気に赤い実をつけているという。
雪路の安全が確認できたらお見舞い乍ら行ってこようと思う。
ケーキ屋さんとの契約栽培も多いので個人で出荷できるのか不安。

思いもしない驚異の積雪に経験のない地ではオドオドするのみ。
この被害を教訓にもっと丈夫なハウスを建築し知恵を絞って乗り越えてほしい。
霞ヶ浦に近い小美玉市での出来事です。
by ibakasumi60 | 2014-02-15 14:52 | 風景 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 家に持ち帰った仕事     灯油が切れそうだ    >>