お通夜とご近所さん     

どなたのマイホームですか?
c0143772_22191449.jpg

今日はお通夜のお手伝い。
私の車にご近所さんを3名乗せて会場へ。

最近は寒さも有り「おはよう~」「こんにちは~」と挨拶を交わすぐらい。

6時間も一緒にいると会話が弾みます。
ご近所さんの知らない一面を覗くこともできて大収穫。
通夜払いのお食事も会話が弾み楽しい時間でした。

お酒の強い若い旦那様やめっきり弱くなったと嘆く老旦那様。
いくらでも飲んじゃうわよと言う頼もしいお隣の奥様。
お酒もそれぞれの飲み方で頼もしく胃袋に消えていた。

これも93歳で亡くなった花ちゃんのお蔭です。
みんな仲良くするんだよと言われているような気がした。
葬儀のお手伝いでは何時も絆を感じます。
縁があってご近所に暮らすんだものこの繋がりにもっと撚りをかけていきたい。
高齢化が進むご近所さんとの繋がりも徐々に代替わりが見られ若返って来ています。

殊の外とても頼もしく感じられます。

明日は告別式。
9時に集合して斎場へ向かいます。
お手伝いもあとひと踏ん張りです。
by ibakasumi60 | 2014-01-21 22:19 | 風景 | Comments(2)
Commented by titoseim at 2014-01-22 14:22
こちらのお葬式は、会場の職員が全部
取り仕切るので、昔の様に、飲んだり
食べたりは無し、お通夜に残ってた
人だけ(身内だけ)がつまみとお酒や飲み物
が実費での支払い、夕食も朝食も、仕出し
弁当です、骨揚げも身内だけが多いです。

そんなお手伝いは10年くらい前までかな?

ご苦労様でした。風邪ひかないでね。
スカイプ直って良かった、今日は
私お風呂なので、、明日が楽しみです。
Commented by ibakasumi60 at 2014-01-22 17:39
此方はまだご近所さんのお手伝いを得て行うことが多いです。
会場でも職員さんが手伝ってくれますがご近所さんがいて不足分を補う程度。
これは接待に限りますけどね。

これのおかげでご近所さんとの絆も深まり良いこともあります。
場所によって違いがあるんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 疲れたとは言えないけど    今日も暮れていきます    >>