寒さが応えます   

遂に炬燵布団を掛けました。布団のお陰でホットカーペットの暖かさで十分です
c0143772_15134494.jpg

庭の水瓶に氷が鋭い模様を付け光る
家中のことをほぼ負わしてからの雨戸開け
未だお隣は雨戸が開かない
今日は私の方が早かったようだ
朝というも既に8時を回っている時間

丁度お昼頃息子が洗車のため来宅
ホースを伸ばして洗剤をかけシュッシュシュッシュと洗い始めた
そして明日は11時半に迎えに来るから待っているようにと

その時ピーポーピーポという救急車の音
何処に行くのかなと振り返れば音が消えた
お隣の玄関を開けて慌ただしく隊員二人が部屋の中に

透析をしているお隣のご主人さんの体調の異変か
もう85歳になるご主人を何時も奥様が気遣っておられる
夕べから埼玉に嫁いだ娘さんが戻られていた
奥様にしたら心強い存在だろう
この寒さで体調を崩されたのか心配

健康体でもこの寒さは応える
まして疾患持ちの方には尚更だろう

まだまだ冬は序の口なのについ愚痴が出てしまいます
皆さんも元気にこの暮れを過ごしましょうね
by ibakasumi60 | 2011-12-11 15:17 | 風景 | Comments(2)
Commented by korei at 2011-12-11 21:05 x
夜明けの頃など本当に寒くなりましたね。お互いに防寒対策に努めて元気に年を越したいですね。冷え症の私はレッグウオーマーが必需品になりました。明日から朝の犬の散歩のときは手袋を二重にして間に懐炉を入れる予定。もっと寒い被災地のことを思うと胸が痛む思いですが、何も出来ない私です・・
Commented by ibakasumi60 at 2011-12-11 22:52
あの震災から9ヶ月が経つというのにご近所の瓦の被害は未だ修繕されず青いシートを被った家が未だ目に付きます。
修繕された家は数えるほど。
それだけ被害が多かったと言うことですね。
北の震災地の回復状態を考えるとまだまだこの地は余裕です。
甘えることなく厳しい目を向けてこの寒さも乗り切りたいです。
と言いながら何時も自分に甘い私です。
レッグウオーマーは私も外せない必需品です。
朝の散歩には完全武装でお出掛け下さい。
お風邪など召しませぬように~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 誕生日    西連寺     >>