美術館と温泉

c0143772_23505054.jpg
c0143772_2351790.jpg
c0143772_23512399.jpg

栃木県足利市にある「栗田美術館」に行ってきた
ここは以前から一度訪れたいと思っていた所
http://www.ansible-japan.com/kurita0/shokai.htm
手入れの行き届いた広い庭に先ず驚く
館内は何処も凛とした気品に溢れている
収集品の多さに圧倒されっぱなし
歴史の重みを感じる
素晴らしいの一言で唸りながら大好きな伊万里の数々に見入る
収集の数の多さと建物の優雅さに驚いて来た
つくづく一人でじっくりと回りたいと痛感

  陶磁器専門のいる)および鍋島の磁器のみ1万点あまりを収蔵する、
  世界的に見ても有数の陶磁コレクションである。創立者栗田英男
  (栗田政治経済研究所所長として著名)の意思で、収集対象は「伊万里」と 
  「鍋島」というわずか2つの分野に絞られている。


帰りに近くにあった鹿島園温泉でノンビリ湯浴み
久しぶりの本物かけ流し温泉
普段の日だったせいか高齢者が多かった

雨上がりの濡れた道路は埃も流されて綺麗
夕日を眺めながら帰ってきました

メールをチェックしたら大好きな人のお父様の訃報が入っていた
主人や父・義父と同じ二月に亡くなった複雑な想いを語ってくれた
by ibakasumi60 | 2011-02-24 23:52 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小さな嘘    16000歩の散歩     >>