磐梯吾妻スカイライン 

懐かしいこのスカイライン
何十年ぶりで走った吾妻スカイラインです
一切経・吾妻小富士当たりの紅葉は見頃を過ぎて白樺の葉も散っていた
それでも山から見下ろすと遠くには猪苗代湖が光り手前には磐梯山が聳えています
遠くへ来たなぁ~ 随分と高い所に来たなぁ~と見下ろすのでした
磐梯吾妻スカイライン _c0143772_09523339.jpg
磐梯吾妻スカイライン _c0143772_09530712.jpg
磐梯吾妻スカイライン _c0143772_09514431.jpg
磐梯吾妻スカイライン _c0143772_09512061.jpg
磐梯吾妻スカイライン _c0143772_09533094.jpg
※※磐梯吾妻スカイラインは、高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長約29kmで最高標高1,622mの観光道路。
吾妻連峰を縫うように走る経路は、まさに“空を走る道”。
眼下には福島の街並みが広がり、作家井上靖氏が命名した「吾妻八景」に代表される景勝地が続きます。
日本の道百選にも選ばれ、春の“雪の回廊”から秋の紅葉まで、季節毎に雄大で変化に富んだ様々な景色を展開してくれます。
ネットより拝借しました

吾妻小富士へは梯子を掛けたように見える階段をくの字に登っていくようです
昔はこんな登り方ではなくほぼ上へ上へと登った思い出が
こんなに寒く無かったら・ヒョウなど降らなければ登りたかった

一切経は硫黄の匂いも強く今は登山は中止されていると言う張り紙があった
木々も無く枯れ山が異様に見えた

時々日が射しては又雲に覆われたりと、山の天気独特の変わりようで寒さに凍える場面もありました
ヒョウも降って来て寒さも絶好調
ダウンを着ても余りの急激な寒さに、身を縮めて歩く人が多かった
山を甘く見てはいけないと言う事を知りました

下界に戻ると気温も一変して12度も違うのには驚きでした
暖かいと思える14度もあるんです

久し振りの東北道は懐かしさと思い出を引きづり、新しい思い出も詰め込んできたドライブでした
自然の変化をみるのは明日の自分を見るような気持ちでした
頑張ってたくさん歩いて、美しい景色を観てとても楽しかったです


# by ibakasumi60 | 2020-10-27 06:00 | Comments(2)

五色沼自然探勝路を行く  

会津磐梯山が見えます
湖面がコバルトブルーに輝いて美しさを目一杯アピールしています
カメラマンはシャッター音を響かせて我が世界に突入
紅葉の色付きもいい具合
もう少し赤が有ればよかったと思うけどこの辺りは黄色が主のようでした
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09560306.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09502716.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09490936.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09544539.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09552465.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09505222.jpg
五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09495375.jpg

五色沼自然探勝路を行く  _c0143772_09540290.jpg

地図とは順番がハッキリしなくなったけど美しさは変わらないです

夕べ雨が降ったのか、ぬれ落ち葉を踏みしめながら片道一時間は良い運動になりました


※※裏磐梯を代表する五色沼湖沼群を巡る人気のコースです。

五色沼とは、五色沼自然探勝路周辺にある20~30の沼の総称を指し、コースからはそのうちの8つをみることができます。

毘沙門沼をはじめ、神秘的な色の沼の景色は絶景です!
四季や天候、時間帯などによっても、少しずつちがった色にみえるので、一度だけでなく再び訪れてみることをおすすめします。
アップダウンの少ないコースですが、岩がごろごろしていたり、雨降るとぬかるみができやすいため、足元には注意が必要です。

ネットより拝借しました



コバルトブルーの沼を観ながら約一時間かけて散策しました

沼が見えてくると歓喜の声が上がります

太陽に照らされてブルーがより綺麗な濃い色に変化します

自然が作る色の変化が素晴らしく天気も何とか晴れて気持ち良く歩く事が出来ました


いつもはこの時期は紅葉が見たくて大峠や吾妻スカイラインを通って帰省していました

もう実家も処分して何も残っていないけどお墓がまだあります

お墓参りながらの帰省がこの先どの程度できるのか

吾妻の山が聳える向こう側が私の生まれ故郷です


そんなこんな田舎の思い出も噛みしめながら磐梯山と五色沼を楽しんできました


明日は吾妻スカイラインを走ります




# by ibakasumi60 | 2020-10-26 06:00 | Comments(8)

何だろうね~?


チョット面白い形の種が落ちていた
椿?なんだろうね
ちょっと変わった模様があって面白い
椎の実と一緒に玄関に飾ってみた私の秋の表現
何だろうね~?_c0143772_08384655.jpg
何だろうね~?_c0143772_08391132.jpg

先日の公園でお出迎えをしてくれたコアラ?パンダかな~ よくできていますね!
何だろうね~?_c0143772_08405388.jpg

じゃこっちは誰じゃ? クマかなぁ? クマでしょうね! 難しい作りのようでした
何だろうね~?_c0143772_08402812.jpg
コスモス畑に入った奥様を写していた旦那様
笑顔でVサインをしたり、ハートマークを作ってポーズを決めていた奥様
この姿に凄く嫌な気がしたけど、仲のいいご夫婦ねと思えばよかったのかもね
許せないと思ったのはコスモス畑には通路が無いのにもかかわらず、踏み入っているのが嫌だった
踏まれて倒されてコスモスが可哀想だったのよ

色々な人がいます
私だって知らず知らず誰かに迷惑かけているかもしれない
この歳なんだもの・大人すぎる大人の歳だもの、恥じない暮らしをしたいけど
お天道様!私がバカなことをして躓かないように見守ってくださいね(*^_^*)



# by ibakasumi60 | 2020-10-25 06:00 | Comments(8)

寂しさを感じます

以前来た時は蓮の花が咲いている時期でした
木道が通っていてカメラ一つ持ってブラブラ歩いたっけね
ちょっと前の事なのにあの時は若かったわねと思える過去
アメリカンドッグの大安売り!
寂しさを感じます_c0143772_08393885.jpg
寂しさを感じます_c0143772_08400281.jpg
準備OKと言う仕草にも見える歪なまる
ガマの穂もそろそろ中から綿が出て来て浪漫飛行が始まる頃
風に飛ばされ行った先で新しい芽吹きを見るのでしょう
そう思うと逞しさを感じる
巧く環境のいい場所に着地してねと見送りたいけど
それは叶わない
風の力も素晴らしい

姿を変えて次の季節にバトンタッチをする今がなんだか寂しく感じます
姿形が変わっているからなのか枯れ色がそう思わせるのか
秋ってセンチメンタルな気持ちにせるのですね
こんなお婆でもね

# by ibakasumi60 | 2020-10-24 06:00 | Comments(14)

世界一の大仏様の膝元で

世界一の大きさを誇る牛久大仏様とコスモス畑
何度も来ている場所だけど何度来ても飽きないところです
亡夫が眠る場所で関わりの深い場所になってしまいました
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13414115.jpg

世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13411538.jpg
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13391296.jpg
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13420384.jpg
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13401735.jpg
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13395574.jpg
世界一の大仏様の膝元で_c0143772_13393383.jpg
毎年牛久浄苑ではこの時期コスモスの刈り取が出来ます
20本で200円
今年も亡夫にご挨拶を兼ねてコスモス畑に行って見ました
ハサミを渡され好きな花を切り取ります
切りとった花はラッピング用に作られた筒のような中に水を柄杓一杯入れて挿しました
これで家に帰るまで水が有るので
しゃっきりした姿のまま持ち帰る事が出来ます

徐々にインバウンドの方が増えているように思いました
日本語ではない言葉が大きな声であっちからもコッチからも聞こえる
活気が有って良いじゃないか

コスモスはピンクと紅色が多くて、もっと白が欲しいと思いながら好き勝手にシャッターを切ってきました
コスモス畑は刈り取りが出来るという設定で植えてあるので、一列の幅が広く通路的な幅を設けてあります
通路に入って写したりお持ち帰りの花を切って戻ったら、茶色のパンツに黄色い花粉が一杯付いちゃった
ポンポンと叩いたらすぐに取れたから良かったけど・・・
白いパンツで行かないで良かった~(笑)

今日のカメラマンは殆どが本格的なバズーカーを持ったオジサマが多かった
三脚を建てて大仏様を背景にコスモスを入れる
私も真似てみたけどこの程度

昨日の朝の天気予報士の方がこの場所から中継をしていました
あら~今年もここから中継しているのねと観ていた私です

10月桜もチラホラと咲いていました
テレビの影響なのか駐車場の車は他所ナンバーが多かった

明日から雨の天気予報です
頑張って多分今年最後になりそうなコスモスを写してきました
私にはこれで精いっぱい・・・限度です

# by ibakasumi60 | 2020-10-23 06:00 | Comments(14)