ちっちゃな命と大きな困ったちゃん     

ポストまでの踏まれそうな場所に花を咲かせた。
俗に言う雑草と言われる花。
きっと名前は有る筈なのに調べようともしない勝手。
雑草と皆が呼ぶから雑草。
名前を知らないから勝手に雑草と呼びます。
気が付かないでいたら抜いてしまいそうだけど花を見たなら抜けなくなりました。

この花は「常盤ハゼ」と言うそうです。
今回も教えて戴きました。ありがとう~!

c0143772_12292060.jpg
c0143772_13095633.jpg
c0143772_12444788.jpg

今日もポストにカタログ通販の冊子が入っていた。
殆どが洋服メーカーさんのものが多いです。
買うつもりはないけどペラペラと捲って気まぐれでページを三角に折って楽しむ。
こんな役立たずのお客の所に高級な印刷をして紙も結構厚くて高いものを使っているのが届くのです。
金額にしたら相当掛かっているだろうに何とも勿体ない事だわ。

ネットメールなら拒否も出来るけど宅配されるカタログはどうしたらいいのか。
断る方法が裏の方にでも書いてあるのかな。

今日も申し訳ないと思いつつ雑誌の山に積みました。
子供会の廃品回収が有るというからその時に出そうと思う。
何とも勿体ない事です。

沢山の人の思いを込めて出来上がったであろうカタログ。
それが分かるだけに勿体ないと空しさを感じるのです。
お買い物が成立した時にはカタログの命も高揚するでしょうが。
もう洋服はいらないの。

同じカタログでも食材の方がありがたいと思う高齢者です。




# by ibakasumi60 | 2017-11-24 08:10 | | Trackback | Comments(4)

実がついてそれぞれ独立の時期   


ふと見ればもう花も終えて種が見える。
子孫繁栄へのバトンタッチ。
美しい姿です。

c0143772_11404549.jpg
c0143772_16592085.jpg
c0143772_17001261.jpg
c0143772_14570770.jpg
c0143772_17030656.jpg
c0143772_17263156.jpg
自ら風に乗って飛んでいくものも有り。
チャッカリと他人に付いて運ばれて行く種もある。
熟した時を見計らいみ自らその地に種をこぼすものも。
生き延びる過程はそれぞれ様々。
有り難くない繁殖力のものもあるけどどれも子孫を残そうと必死なのかも。

私だって息子二人産んだのよ。
27歳で二人を生み終えてどれほど母親らしいことをしたのかと振り返って見ます。
脱サラを宣言した亡夫の一言が人生を変えてしまった。
あの日から専業主婦からいきなり自営業の同士に変わってしまった。
とにかく必死で自営業をこなした日々。
息子に言わせれば「母親よりも仕事人間だった」と辛口コメントが。
確かにそうだったという負い目も少し感じている。
だけど私は母親。
息子の前では強がっている。
ごめんなさい等は言えない。

そこが可愛くないんだよね。
もっと甘えられる母親ならいいと思うんだけど。


# by ibakasumi60 | 2017-11-23 09:55 | 風景 | Trackback | Comments(6)

気温急降下で本格的な冬に  

今日は二つも書いてしまいました。
もし宜しければ下も見てください。


我が家の暖房は殆どが電気カーペットと温風ヒーターです。

c0143772_10500393.jpg
c0143772_10505268.jpg


部屋を暖めてくれるのは温風ヒーター。
腰やお尻を温めてくれるのはカーペット。
どちらも我が家の優れもの。

亡夫がいる時は一本木をくり抜いた火鉢に炭をおこして五徳をおいて鉄瓶でお湯を沸かして楽しんでいたことも。
鉄瓶の蓋がチリチリと音がしだしたらお茶を入れて飲むのが好きだった。
鉄瓶で沸かしたお湯で飲むと鉄分補給に繋がって身体に良いとか言われていたけど効果のほどは。
効果が出るほど使っていなかったと思うけど火を見ることの出来る暖が少なくなった今は貴重な思い出です。
何でかって言ったら邪魔だったからふた冬程楽しんで押し入れに仕舞ったらもうお目にかかることも無くもうお終い。
先日お蕎麦屋さんでは竹炭で火を起こしてあって懐かしく眺めてきたけど我が家の炭は木の炭でホームセンターで買って来たのでした。
今は炭もいろいろなものからできていることを知る。
竹炭は竹の処分ながら再利用できるのでこれから需要が伸びるだろうと何かで読んだことがある。
薪ストーブも今意外と人気なんだとか。
あの赤い炎がユラユラ燃えるのは良いですね。

機械的に熱風を吹き出す温風ヒーターよりも温かみを感じます。
家の造りと財布事情が巧く対応できるのならば薪ストーブも使ってみたいと夢を見みる昔の乙女でございます。
夢はデッカイ方が良い。

そんな夢きり見られないのだ。


# by ibakasumi60 | 2017-11-22 09:17 | 風景 | Trackback | Comments(4)

リベンジ! 西連寺の大イチョウ


一週間前に観に行った時はまだ色付きも落葉も中途半端だった大銀杏。
あれから一週間経ったからもしかして私好みの色付きが見られるかと思い昨日出かけました。

c0143772_16443143.jpg
c0143772_16565804.jpg

c0143772_16463424.jpg
c0143772_16540854.jpg
長い時間をかけて朽ちた老木が空洞になって先が見えた。
見通しが良い~こりゃぁ縁起が良いわいなぁ~。
蔦が華を添えじゃれる様に這っている。
c0143772_17023802.jpg

c0143772_16595210.jpg

朽ちた老木を花瓶に見立てたような生け花。
折れた先に根を下ろした笹が生き生きと見える。
これぞ生け花。
c0143772_17004633.jpg
c0143772_17053393.jpg

今日は結構の見物者に会いました。
新聞記者も撮影に来ていて少しお喋りをしました。
落葉が見たくて出かけたはずなのにまだシッカリと幹にハッパはしがみ付いている。
もう少し後の方が見ごたえがあったかも。
そう思いながらも今日はいい天気で気持ちの良いドライブ日和。
今日も霞ヶ浦は青く広く澄んでいて筑波山もクッキリと見せてくれました。


落葉は見れず残念だったけど出かけられてよかった。



# by ibakasumi60 | 2017-11-22 08:10 | 風景 | Trackback | Comments(2)

サギに会った   

陸に上がった船も船。
どこか朽ちて見えもうお払い箱の用無しと陸に揚げられた運命なのか。
何時かまたこの湖に戻る事が有るのか分からない船。
何にでも何時か終わりが来ることを知らされた気がした。

c0143772_19125619.jpg


間違いなくサギにあいました。

c0143772_18253434.jpg


c0143772_18292970.jpg


c0143772_18353501.jpg


そのサギは動きが静か。
そっと車のウインドウガラスを下げてモデルさんを写す。
あっという間に何かを口にしたようです。
その瞬間は見逃したというか遠すぎて判らなかった。
カメラがそれらしい仕草を捉えていた。
何とも有難い事です。
良い動きをしているサギでした。

私に気が付いているのかわからない仕草。
無視されていたのか知らぬ存善を通したのか。
サギって私の心をだます詐欺のようでした。


# by ibakasumi60 | 2017-11-21 08:10 | 動物 | Trackback | Comments(2)