楽しみにしていたのに曜日を間違えてしまった 

毎年楽しみにしていたお宅のミモザは道路拡張により根元から切られていました。
寂しく思っていたらお友達の鉢植えで綺麗な花を付けていて嬉しい出会いでした。
c0143772_16375136.jpg

カレンダーの日付を見たら8なのか9なのか裸眼では判別が出来ず???と。
何よりも昨晩のニュース番組で大失敗です。
倶楽部の写真好きな方の山形蔵王の樹氷が紹介されるとのことで楽しみにしていました。
それを今夜かと思い込みしっかりと携帯の目覚ましに覚えこませていました。
「見ました」「テレビ見ましたよ~」というメールが流れて驚き焦る私です。

早くこの目を何とかしないとね。
手術したら見え方は変わるだろうけどそそっかしい性格は治る訳でもなさそうだし。

庭にも新しい芽がどんどん吹きでいてきました。
何の芽かも判断できないものもあるけどクサハナビが沢山芽を出してくれたのは嬉しい。
チューリップも水仙も出てきたけど何色なのか。

垣根に植えたジャスミンにも黄色い花が付き始めました。
秋の頃にバッサリと枝を切り落としたので暫くは花は見られないと思っていたので嬉しい誤算。
こんな細やかな喜びに浸っています。
# by ibakasumi60 | 2017-03-10 16:40 | | Comments(0)

カメラを持って花と向き合う至福な時間     

去年新聞で紹介された福寿草園。
ずっと気になりながら目の事で運転も儘ならず半分諦めていました。
c0143772_1791979.jpg

c0143772_17151614.jpg

c0143772_1710438.jpg

運良く来宅したお友達が連れて行ってくれました。
畑は少し荒れた感じはあるけど確実に去年の株よりも大きくなっていた。
残念なのは通りに面したところが所々株が無くなっているのでした。

「綺麗だね~」って観た後に「誰も見ていないから失敬!」って持ち去ったのかな。
花は写真にとっても良いけど根こそぎ取って持ち去るのはいけません。

芝畑の後に植えられた福寿草。
来年はもっと株を増やしてまた綺麗な姿を見せて欲しい。

誰も居ない広い場所を独り占めして写してきた結果がこれ?という画像です。
それでも行けたことが嬉しいと思うお婆なのです。

花好きな私はカメラを向けている時がとても至福な時間でした。
# by ibakasumi60 | 2017-03-09 17:12 | | Comments(0)

いよいよボケたかな~?  

白い雲が点々と横並びに浮いています。
思わず「綺麗だなぁ~」って口に出ました。
c0143772_17593467.jpg

お昼ご飯を美味しく食べました。
食べ終えた食器をお盆に乗せて台所に運ぼうと思ってアレ?って気が付いた。
右と左の箸が違うじゃない!
片方はお嫁ちゃんの箸でした。
色が似てると言えば似てるけど全然違うよ!
なんだかがっかりした瞬間。
遂に私にも来たかってね。

お昼ご飯を食べてお薬タイム!
ティシュに数種類の錠剤を並べてゴクンと飲み干す。
やれやれと思いテッシュを丸めようとしたら端に白いカプセル一錠が残ってた。
別に数を数えながら飲んでいる訳ではないけどなんだかショック。

最近こんなことが多くなりました。
他人ごとだと思っていたことが私にも来ているのだ。
老人性・・・・とは思いたくないけどまさしく年齢的には老人街道を突っ走っています。

この先の不安に身震いがしました。
誰でもが通る道だろうと思うけど私もごく普通の人だと実感は少し早すぎない??
緊張感が足りないのかな。
そう言うことで・・・
# by ibakasumi60 | 2017-03-08 18:01 | 風景 | Comments(2)

薬の効き目  

艶やかに新芽を伸ばしているサボテンの種類。
一粒口に入れたくなるような美味しさを感じますが食べ物ではありません。
床屋さんに戴いて大事に育てています。
c0143772_17423071.jpg

薬が咳を止めてくれている。
薬が気管の痛みを止めてくれている。
とても有り難いことだけど体が怠くて喉が渇きます。
多分薬のせいだろうと思っています。

薬なんか飲まないで自然に治るのを待つのが一番いいのかな。
いろいろ悩む所だけど私にも都合があるのだ。
まさか目の手術中に咳込んだりしたらどうなるのか。
矢張りここは薬に頼って早く楽にしてくださいと思うだけ。

こんなにも思っているんだから私の願いを聞いてくださいね。
何もやる気が起こらず寒さも有って一日中炬燵守しています。

ああ・・・・このまま老け込むわけにはいかないぞ。
明日は元気になる!
# by ibakasumi60 | 2017-03-07 17:39 | | Comments(0)

騎手さんのお喋りは止まらない

気だるい身体に喝を入れて仕事してきました。
c0143772_17512023.jpg

お客様は育成牧場を経営する騎手さんです。
3年前にお会いした時は「ボク独身。大阪出身のきっと亭主関白になりそうだけど嫁がいない」と。
事務所よりも自宅が近かったのでそちらにお伺いしました。
何と3歳のぼくちゃんの手を引いて迎えてくれたのです。
いつの間に?と話を聞いたら3年前に出来ちゃっていたんだそうです。
手も掛らなくなったので嫁が希望していた沖縄に新婚旅行に行くんだという。
若く見えていた彼も42歳になるんだって。

彼女と結婚するなんて考えていなかった。
一生独身でもいいと思っていたそうな。
妊娠を告げられてさてどうしたらいいかとかなり迷ったそうだわ。
でも良い決断をして今はとても幸せだって。
息子の運動会で若いお父さんに負けたくないからと半袖Tシャツで冬も体を鍛えているとも。

こんなにも人って変われるんですね。
ちょっと気取った感じが余り好きではなかったけど大分角も取れて今はとても良いパパです。
奥様は30歳で同じ丑年生まれで一回り違うんだって。
面白いことにお互いのご両親もみんな丑年生まれだと聞いた。

まあよく喋る人だ事と驚くほど話をしてくれました。
聞き方によっては自慢話かな。
でも倖せオーラが一杯出ていたから私も少しだけ幸せのお裾分けを貰った感じがした。

今頃は家族三人で海に入ったり植物園に行ったり沖縄を楽しんでいる頃ね。
沖縄のお天気が生憎でお気の毒だけど楽しんできてね。

美浦トレーニングセンターが近くにあるせいでこの辺りは馬に関係する仕事人が多い所です。
# by ibakasumi60 | 2017-03-06 17:53 | | Comments(2)