<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

皆さまどうぞ良いお年を!  

目立たないけど畑の隅に可愛らしい花を咲かせていました。
c0143772_13361919.jpg

2015年最後の日となりました。
新しいカレンダーがどっしりと重そうにぶら下がっています。

夕べはお友達から貰った伸し餅を切ってタッパーに詰めました。
大きな白菜は昆布とニンジン・柚子を入れて即席漬けに。
太い大根は紅白なます。
葉っぱは肉と豆腐で甘辛く炒り煮にして仕上げました。
葉っぱも無駄にせずとても美味しくできました。

お節は調理師さんの作ったものを用意してあるから別に作る必要も無いのだけど。
それでも数点は自分好みの味で食べたいと思うのです。
八人でお膳を囲むのだから足りなくてもいけないしと思うのよね。

体調不良を大声で宣言しているから何か作って持ってきてくれるお嫁ちゃんが居るかも。
あまり期待しないで心待ちしていましょうか。

買い物に行くのも面倒な時間になりました。
年越しそばは・・・・・

つたない当ブログにお寄りくださった皆様ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
そしてまた来る年もチョコっとお寄りいただけたら幸いです。
by ibakasumi60 | 2015-12-31 13:38 | | Trackback | Comments(2)

いよいよ暮れも押し迫って残すところあと一日   

柚子を貰いました。友達は化粧水を作れと言うけど私には無理。これどうしましょう。
c0143772_1640054.jpg

いよいよ今年も押し迫り明日一日を残すだけとなりましたね。
忙し・忙しいと言いたいけど特別何をするでもなくのんびり過ごしています。

今日はお節も届きました。
二日の家族顔合わせの時まで自然解凍しましょう。

松飾も朝の内に買い物してきました。
今はお花屋さんに行かなくてもスーパーで買えるのが有りがたい。

玄関に花を活けてお仏壇にも新しい百合の花を活けました。
お仏壇に活けた百合は部屋が暖かいせいか片っ端から花を咲かせています。
もう少し蕾のままでいて欲しいのだけど花には花の都合もあるみたいで少し焦っています。

玄関の格子戸も綿棒を持って埃を取りこんなに綺麗に掃除したのはいつ以来かと思い出せない。
揺ったりとやりたい方法で綺麗にしていくやり方。
お正月前だからと焦ることなく好きに雑巾を持つやり方が一番性に合っているようです。

後は何をすればいいのかと見渡すけどもうお終いにします。
その代り少しだけお節料理を作りましょうか。

手作りが一番美味しいと思うなますや筑前煮が好きなのです。
美味しくできるかな。
by ibakasumi60 | 2015-12-30 16:42 | 果物 | Trackback | Comments(0)

今朝の冷え込みは半端じゃなかったよ   

c0143772_11582746.jpg

明け方の冷え込みで眠れなかった。
電気毛布を使っても寒くて丸まっていた。
布団から出るに出られず眠る事も出来ずじっと8時近くまで布団の中でした。
とにかく冷えた朝に着替えもおどおどするばかリ。

陽が上がってきたら暖かい。
ズラリと布団を干しました。
お客様用の布団もタップリ陽を浴びています。

寒さのせいかいつもより痛みを感じます。
お正月飾りの花を用意したいけど今日は9の付く日だから良くないし。
明日纏めて買い物して来ようか。
スーパーも道路も混むんでしょうね。

窓を数枚拭いたけど伸びると足が攣るし痛むしという事で東側だけ拭いてやめました。
しょうがないから後はグータラ過ごしましょう。

しょうがないからグータラします。
by ibakasumi60 | 2015-12-29 11:59 | | Trackback | Comments(0)

夕日の向こうに富士山が見えるはずなのに  

c0143772_2258333.jpg

夕日を背にしながら運転をする。
バックミラーに映る夕焼け色に見とれてしまう。

上り車線を走っていたらきっと富士山が見えたはず。
あの夕焼けの向こうにくっきりと富士山のシルエットが見えたはず。
そう思いながら時々振り返りながら富士山を探していた。

下りを走る夕暮れ時はいつも悔しい思いをしながらバックミラーを見つめる。
やけに美しい夕焼け色が私を惑わせます。
美しい姿を探せと心が躍るけど富士山とは背中合わせ。

今日も真っ赤に染めた夕焼けを見つめながら視界に映らない富士山に苛立ちます。
この時期だから綺麗に見えるはずだから富士に向かって走りたい夕暮れ。
この土地からでは夕日の中に見つけるにはどこかで車を止めなくちゃ見られない。

富士山が見たい。
富士山は日本一の山だから夕日に染まった雄姿を見たいのだ。

朝日に映える富士山も素晴らしいけど朝早くは寒くて起きられないのだ。
我儘な心が富士山を求めています。
by ibakasumi60 | 2015-12-28 22:58 | | Trackback | Comments(0)

大掃除とまではいかないけれど頑張りましたよ  

c0143772_19174684.jpg

予報に反して意外と暖かだったし日差しもタップリあったしと何やら俄然やる気になりました。

布団カバーも枕カバーも替えたし。
洗濯物を干して掃除機をじっくりと掛けて風呂掃除を念入りに。
お風呂場のタイルは目の高さ辺りまではいつも掃除しているんだけどね。
今日は年に一度だからと天井まで掃除しました。
正直足元フラフラして危ない思いをしながらの掃除です。
こんな危ない思いをしながら何してるんだろうと思ったけど年末だからなのよね。
体調不良を理由に随分と怠けていたお掃除だけど何だか今日はやる気になったんだわね。

友達ご夫婦とイオンも行って来たしジョイフル本田も行って来たし何だか大忙しの一日でした。
何処も彼処も渋滞でこの忙しなさは矢張り暮れからくるものですね。

今年もあと少しでお終いだね。
まだまだやることが多いけど無理の無いように進めて行きましょう。
焦ってみたとて所詮マイペースのスローペースがお似合いの様で。
久しぶりに気持ちの良い過ごし方が出来て何だか嬉しく思います。

そうだ・そうだ。
魚が食べた買ったのでアジの干物を買いました。
これから焼く?
手に入れれば食欲も然程感じられず何とも天邪鬼でございます。
by ibakasumi60 | 2015-12-27 19:17 | | Trackback | Comments(0)

月がとても綺麗な夜です  

あんなになっていた柿の実もほとんどがムクドリが食べて今はヘタだけが残ってます。
c0143772_21474281.jpg

月がとっても綺麗な夜だから
月がとっても大きく見える夜だから
月が黄金色に輝く夜だから

だからこんなに冷えるのね
だからこんなにもくっきり見えるのね

手を擦り合わせながら孫たちが帰る車を見送った
皆が帰った後はいつもの一人の夜が始まる

温もりが残る部屋も一気に冷えて行くのが分かる

今夜は特別冷えが体中を包む
恐ろしく冷え込む夜だから

そう感じるのは月がとても綺麗なせいかもしれない
by ibakasumi60 | 2015-12-26 21:48 | | Trackback | Comments(0)

やれば出来るじゃないかノコギリの枝払い  

c0143772_20203420.jpg

雲の割れ目から見える青空は綺麗だったね。
青空を見て元気になれる気がするのに邪魔をする雲が憎らしい。
洗濯物をカラリと干したかったんだよね。

南天の枝も伸びて通りを狭くしているのがずっと気になっていた。
庭師擬きの人に頼むつもりだったのに料金を考えたら「勿体ない!自分でやってみよう」に変わった。
折り畳みのノコギリで枝を5本ほどバッサリと切った。
黄色い実も付いていたけど思い切って切り落とす。
やってみたら意外と簡単に切れた。
60センチほどの長さに切りそろえて月曜日のゴミに出せるように紐で縛った。

屈んでノコギリで切れる太さの物ならいいけどやはりお婆の手におえないものも有る。
高さのある木が数本誰の手に委ねるかと空を見ている。

矢張り庭師擬きの彼に頼むしかないかな。
背の高い木はもういらないと思うチビのお婆の嘆きです。
切り落とした後にできた空間に何とも言えない贅沢を感じます。
狭い庭だからです。
by ibakasumi60 | 2015-12-25 20:21 | | Trackback | Comments(0)

クリスマスの苦しい思い出にクルシミマス       

c0143772_211275.jpg

「メリークリスマス」というメールがお友達から届いた。

子供が小さい時は俄かサンタに扮してプレゼントを用意する大変さを感じた。
仕事が飛び切り忙しい時期で食事の用意も儘ならぬほどの繁忙期。
子供にとってはサンタさんがお気に入りのオモチャを届けてくれるものと信じて疑わないお年頃。

忙しくて買い物ができないので祖父・祖母に頼むけど今ほど情報も無くチンプンカンプンのお使い。
結局は一日遅れでプレゼントを用意した思い出が有ります。

何であんなに忙しい思いをして仕事をしていたのだろうと今は思うけどあの頃は納期を守るのにてんてこ舞でした。
子供の夢までもぎ取ったような仕事運び。
それが我が家の仕事だったんです。
あの頃はこれが我が家の仕事なのだと子供心に悟ってくれていた息子二人でした。

今頃になって時々母心をぐさりと突き刺す言葉。
「どれだけ寂しい思いをしたかわかる?」って。
親も子も辛いクリスマスの夜でした。

そんな仕事も3年ほどで蹴りをつけ家族で過ごすクリスマスの夜を楽しんだものでした。
忙しかったあの当時が懐かしいです。

息子家族はそんな苦い思い出もあるせいかとても家族思いの良いパパを熟しているようです。
孫たちにはどんなプレゼントが届いたのかしら。

お婆サンタからのプレゼントも今はお役御免となりました。
サンタの正体を知っている二人はどうもお金が良いようで。

こんな素敵な行事が有るのだもの思う存分楽しまなくちゃね。
今年は体調が悪くて楽しむ余裕がなかったから来年はと期待したいです。
by ibakasumi60 | 2015-12-24 21:16 | | Trackback | Comments(0)

明日ご主人が退院する前に自分の時間を楽しみたいという彼女   

c0143772_18255958.jpg

誤飲が元で肺炎を起こし入院中だったお友達のご主人が明日退院するそうです。
良かったね!と声をかけたけど少し内心複雑な様子。

退院したらご主人の世話に明け暮れて自由な時間が無くなるからこれから出かけようという。
遅めのお昼ご飯を食べようとブラリと土浦イオンへ。
余り食欲も無いけど何か食べておかなくちゃという事で中華丼にしました。
美味しさも程々だけどお喋りが美味しくさせてくれるのです。

ひと通り愚痴やら悩みを聞いてユニクロを覗いてきました。
豊富なカラーのダウンやセーターなど見て回るけどおばちゃんには少し細身過ぎないのかな。
丈はもう少し長めの方がお尻が隠れていいのにとか好き勝手言い放題の二人です。
結構のお歳の方も品定めしているから幅広い支持者がいるようです。
何よりも安いね。

足を引き摺る私を行きかう人とぶつからないようにと彼女がガードしてくれます。
店内は人・人・人で混雑していたけど気晴らしになりました。
クリスマス前のせいかプレゼントを買う人やケーキを持って家路を急ぐ人と混雑は半端じゃなかった。
私たち二人は季節の行事に染まることなくマイペースで楽しむ祭日です。

彼女は明日退院のご主人の為に何か美味しいご馳走を作ってあげるのでしょうね。
と思ったらいつもと同じ「一汁一菜だよ!」って笑わせてくれました。
もしかしたら彼女の事だからそれもありかな?
イヤ・イヤそれは無いだろうと思ったけど食の細いご主人だからいつもと同じかもね。

それでも愛する人の為に食事作りが出来る「あ・ん・た」は倖せ者!
by ibakasumi60 | 2015-12-23 18:26 | | Trackback | Comments(0)

冬至→柚子湯→→カボチャ→→→小豆カボチャ→→→母と思い出します    


今日は冬至ですね。
暖かで気持ちの良い一日でした。

向かいのご主人がコンテナ一杯にもぎ取った柚子をご近所一軒一軒届けてくれた。
綺麗な黄色がとても美しい葉っぱ付きの柚子です。

わざわざ届けてくださったんだもの有りがたく頂戴しました。
今夜はこれで柚子湯にして温まろう。

ホント言うと一週間ほど前に沢山の柚子を頂いています。
砂糖漬けにしたりジャムにしたり早くから柚子湯を独り楽しんでいました。
c0143772_16521772.jpg

今日貰った柚子はジャムには向かない物かもしれない。
皮が凄く硬い感じがするから。
でも香りはとてもいいから白菜の即席漬けにも入れて楽しもう。

冬至と言えば田舎では小豆カボチャが定番でした。
カボチャと小豆を甘く煮て炬燵で食べるのが美味しいんだよ。
近頃の暖かさにずっと昔の行事もだんだん掠れて遠い思い出です。

カボチャは大好きだから時々煮て食べます。
今夜又甘く煮てみようかな。

うぅ~ん ぺちゃ鼻を柚子のいい香りが刺激します。
by ibakasumi60 | 2015-12-22 16:53 | 果物 | Trackback | Comments(0)