<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ショックです   

c0143772_024822.jpg

お友達が入院しました。

何もお手伝いはできないけど笑顔を見せるのが一番かな。

もしもこんな私の笑顔で元気になれるのなら幾らでも見て下さい。

次に会う時には綺麗に化粧をして笑顔で会いに行きましょう。

一日も早い退院の日をまっています。

一日も早い回復を願っています。


なんだか寂しくてお友達と2時間もお喋りをしてしまいました。
この方のご主人も体調が悪いそうです。
慰めたり慰められたり大変な時間でした。
by ibakasumi60 | 2015-01-31 22:57 | | Trackback | Comments(0)

雪降ったよ〜

c0143772_16484782.jpg

朝カーテンを開けたらほんのりと雪化粧の庭。

予報通りの雪です。

お昼前から牡丹雪に変わり一面真っ白。

玄関から道路までの無垢なアプローチに足跡を残すのが雪の楽しみの一つだ。

底冷えする外とは対照的に部屋の中は何時もより暖房を利かせています。

窓越しに外を見る目は何を感じているのか。

雪の思い出は多過ぎて溜め息と一緒に飲み込みましょう。

雪を被った庭の恵比寿さんも何だか嬉しそうに笑顔です。
by ibakasumi60 | 2015-01-30 16:48 | Trackback | Comments(0)

雪になると云うけどホント?

c0143772_16533637.jpg

じっとしていると腰や足に冷えを感じます。

予報通りに今夜から雪になりそう。

底冷えが身体に痛みを誘います。

厚めのハイソックスで防ぎましょう。

フリースを羽織って暖まりましょう。

暖房器具を稼働しても暖かく感じないほどの寒さです。

こんな冷えは苦手だわ。

暖かくして過ごしましょう。

ようやく咲き始めたスイセンもこの寒さに震えそう。

一緒にこの寒さを乗り切りましょうねと呟くのです。

矢っ張り変な私ですよ。
by ibakasumi60 | 2015-01-29 16:53 | Trackback | Comments(0)

筑波山が雪で真っ白   

c0143772_1647853.jpg

c0143772_165013100.jpg

c0143772_16484717.jpg

土浦市の外れにある鶴沼へ寄ってみた。
場所が分からずウロウロしたけど仕事で何度か通った小学校のすぐ近くだったのは意外だ。
ここには白鳥の飛来地でもありオシドリも来るということを聞いていた。
なのに羽を休めている鳥は真っ黒いものだけ。
中にコガモサイズの番が水から上がって日向ぼっこしていた。
期待外れ感が有りガッカリするのでした。

遠くには筑波山が雲間から見えてきた。
まさかと思ったけど雪で真っ白です。
此方の方が感激でした。

今朝の寒さを感じず当たり前のように支度をして出かけてきた私です。
コートも持たず出かけた呑気ものです。
筑波山から雲が逃げるのを待って数枚撮ってきた。
陽が射した山はとても綺麗で雪の筑波山は数回見たことが有るかなという程度。
雪の山は何時もより威厳が有って何だか逞しく遠回りをしてわざわざその雄姿を見に走ったほどです。。


かすみがうら市にある焼き芋で有名な「かいつか」さんまでちょうど一時間かかった。
以前の買い物の時にも一時間かかったから当たり前の所要時間なのだろう。

途中の蓮田には白鳥の小群れが見られ気分のいいドライブだった。
お店は数名が並んでいたけど予約もしていないので品切れが心配だったけど難なく買い物できた。

家に着いてみたら3時間以上車を走らせていたようだ。
このぐらいの運転なら疲れも感じずまだ大丈夫と少し自信を持った。
by ibakasumi60 | 2015-01-28 16:48 | 風景 | Trackback | Comments(0)

春が来た~

沢山ある蕾の中で選ばれたひとつが開花しました。選ばれたように感じる蕾の開花です。
c0143772_75116100.jpg
c0143772_7532643.jpg

春が来たような暖かな一日でした。
こんな日は車を走らせるのが一番。

暖かな日差しを浴びながらウインドーガラスを少しだけ開けた。
優しい風が頬を撫でて車内を遊んで行きます。

草の伸びもひときは早く感じます。
紅梅の蕾もついにひとつだけ開花です。

沢山ある蕾の中で何でこの一つだけが先に咲いたのかしら。
紅梅の木のボス的蕾だったのかしら。
それとも他に怖いボスがいて命令に逆らえなかったとか。

馬鹿みたいにこんな風に楽しんでしまいます。
幼稚で単純なんですよ。

何でなの~
by ibakasumi60 | 2015-01-27 11:53 | | Trackback | Comments(0)

暖かな一日  

雨引山神社には放し飼いをされた鳥が多数いました。
c0143772_16183041.jpg

息子との秘密を解消してきました。
銀行なんて余り行く機会のない貧乏人。

恐る恐るATMを操作して駐車場契約更新の手数料を払った。
やってみればどうってことのない作業だけど間違った操作で機械を壊したら大変だもの。
少し慎重になります。
息子からの頼まれ物は行員さんにお願いをして終了となりました。

帰りに弟の家によりお仏壇に手を合わせお茶をする。
大好きだったカステラを父母の為に供えてお茶をほうばる。

関東の温かさに気分もほぐれたようで顔が生き生きして見えた。
あれだけ痛みに悩んでいた肩も嘘のように回復しつつある。
回復と言っても痛みがグンと無くなり楽だそうです。
肩の故障が関東で暮らす第一の理由だったので一番嬉しいことです。

久しぶりに買い物をして何品か料理中です。
これで冷凍品とは暫くおさらばの筈です。

餃子・豚の角煮・カレイの煮つけ・きゅうりの漬物が出来ました。
by ibakasumi60 | 2015-01-26 16:24 | 風景 | Trackback | Comments(0)

懐かしく思い出します   

鼻の上に毛が付いちゃった
c0143772_15311157.jpg

どうやったら取れるかなぁ・・・こうやったら取れるかな?
c0143772_15313954.jpg

あぁ~くすぐったい!何だか痒くなっちゃった~
c0143772_1532511.jpg

今日は長男の誕生日です。
もう何歳になるのかなぁと思えるほど昔に生まれました。
チラチラ雪が降る日だったね。

「お父さん!」・・・・私はいつもそう呼んでいました。
二人きりの時には名前で呼ぶことも有ったけどほとんどがお父さんでした。
次男が小学校に入るまでは「パパ」と呼んでいたのを思い出す。
もう小学生になるんだからこれからは「お父さん・お母さんって呼ぼうね」と云ったこと。
何の迷いも無く二人の子供はカタカタ呼びを卒業したのでした。

「幸子!」「お~い幸子」と呼ばれていた私。
息子二人が出て行き夫婦二人で暮らすようになってからも「お母さん」とは呼ばなかった。

お父さんと呼んでいた人を今は殆ど名前で呼んでいます。
もっと元気な内にたくさん名前で呼んでおけばよかったと今少しだけ残念です。

あの頃は少し恥ずかしさも有ったのかもしれない。
夫婦であっても恥ずかしさや照れも有ったのでしょう。
今ならそんなものを取り外して言える事なのにと少し遠いあの頃を懐かしく思い出していました。

そう・・・息子が生まれた日だから懐かしいのです。
by ibakasumi60 | 2015-01-25 15:34 | 動物 | Trackback | Comments(0)

息子との秘密  

c0143772_1393262.jpg

また始まったような感じがする私の悪い癖。
寝つきが悪く朝まで眠れずイライラしながら朝風呂で汗を流した。

少しすっきりして朝寝が出来るかと思いきやとんでもない。
お目目パッチリでやる気・起きる気満々。

洗濯をして布団を干して狭い庭を二周して結構伸びている雑草を数本抜いて来た。
地面はどこか温かいのかぬくぬくと雑草は地面にはいつくばるように葉っぱを伸ばしている。
陽射しのせいで葉っぱも勢い良く春に向けて背伸びをしているみたいに見えます。
この勢いの雑草が羨ましいと思うほど。

あらら・・・・
折角干した布団なのに太陽はどこかでおサボり中。
灰色の雲が押し寄せ風を連れてきました。

もう少し太陽の力で布団をホッカホカに仕上げたかったのに。
中々思うようにいきませんね。

内緒ごと 
by ibakasumi60 | 2015-01-24 13:10 | | Trackback | Comments(0)

気分新たに現実と向き合いましょう   

c0143772_17593461.jpg

c0143772_17583912.jpg

やっと晴れましたね。
北風が冷たかったけど太陽が眩しくて有りがたかった。
近場へ4泊の滞在型旅行より戻りました。

出かける時にはまだ蕾だった百合の花が全て満開となり出迎えてくれました。
香りも部屋中に籠って何だか幸せな瞬間です。

それに引き換えお仏壇の百合の蕾は黄色に変色して咲き終えた花びらは見る影もなく萎れていた。
なんだか申し訳ない気分で新しい百合の花に交換した。

どちらも同じ百合の花で何でこんなにも違うのかと首を傾げる。
多分花瓶の大きさや水の量が影響したのでしょうか。

溜まった新聞に目を通して炬燵でのんびりしています。

さぁ 現実に戻りましょう。
by ibakasumi60 | 2015-01-23 17:57 | 風景 | Trackback | Comments(2)

食べ過ぎです

c0143772_21242642.jpg

お昼にうどんやさんで大好きなほうとうを食べて満足満腹。

新しく出来た石窯パン屋さんを偵察ながらお買い物。

美味しそうなパンの香りと種類の多さについ選びすぎてしまう。

満腹と云いつつ我慢できずに一つ食べてしまう。

流石にお腹がキツいです。

余りの苦しさに消化剤を飲む始末。
美味しいものに目がなく後の事も考えない無謀振り。

こんな自分に呆れてしまいます。
by ibakasumi60 | 2015-01-22 21:24 | Trackback | Comments(0)