<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

雑草と蚊との戦い  

ゴウヤーの赤ちゃんが顔を出しました。
c0143772_17215211.jpg

雨降り続いた後の貴重な晴れ間。
朝から外に出る度に少しづつ草を抜きました。
目に見える速さで伸びて行く草の群れにお仕置きの草取りです。

外に出る度に蚊に刺され赤く腫れて痒い。
めげずに郵便が来ているかなと思えばまた庭に出て草取り。
新聞屋さんが集金に来て玄関に鍵をかける前にもうひと回りして草抜き。

蚊に刺されるのは太めの人・黒い服を着て汗かきの人が多いとか。
今日はまさしく黒のパンツを履いています。
そしてまぎれもなく太めの体型。
少しだけ涼しく感じる今日は汗は掻いていないんだけどね。

そうかそうなんだと今年も蚊に好かれる訳を再確認するのです。
思い付きで外に出るから無防備のまま。
蚊が悪いのではなくてどうぞどうぞと呼び込んでいる私が悪いんですね。

刺された腕にキンカンを塗り捲り。
この匂いにもなんだか悲しく感じます。

草の間に日日草の新芽が沢山出ていました。
去年の零れ種が芽を出したようで狭き庭もこれで賑わいが増えそうで嬉しいです。

明日はまた天気が崩れるとか。
久しぶりの雨上がりの一日は草取りと蚊との格闘で終わりそうです。
あれだけ草を抜いたのにサッパリ綺麗にならない庭にため息が出ます。

それにしても痒い!痒い!
刺された痕は掻くなと言われるとなお痒く感じます。
by ibakasumi60 | 2014-06-30 17:22 | | Comments(0)

雨上がりは緑が綺麗 

雨上がりの緑は綺麗です。
c0143772_21293324.jpg
c0143772_2129513.jpg

今日もゲリラ豪雨のような雨に驚かされた。
雷が怒り狂っているように地響きを鳴らす。
一瞬息が詰まる思いで息苦しいひと時。
30分ほどで怒りも収まりホッと体の筋肉が緩むのを感じる。

息子家族と7人で久しぶりに夕飯を食べた。
人数が多いので回転寿司へ。
お財布にも優しいから人数が多いときは利用することが多い。

本当は長男のお嫁ちゃんのお誕生日祝いの食事会だったはず。
フラミンゴのレストランかうなぎ屋さんへ行きたかったんだけどね。
孫が一緒では落ち着かないので次回と言うことに。

食事中も雷の音に脅かされ外が気になって仕方がなかった。

久しぶりのお嫁ちゃんも元気そのもので笑顔が素敵。
パートで働いている二人はお互いに仕事の大変さを語り合っていた。

孫二人も順調に成長しているのが良く解る。
孫②もあんなにふっくらしていた顔も細くなり背も随分と伸びてきている。
落ち着きも出てきて可愛らしさも増してきた感じ。
孫①とママはピアノの発表会で着るドレス選びに余念がない。

息子二人は何だかまた太ってきたみたい。
余り太ると体に良くないからとダイエットを勧めたけど母親も同じ体型だ。
何を言っても信憑性のない話。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎて6人はそれぞれの家に帰って行った。
また一人の時間が過ぎて行きます。
こんな繰り返しで日々を過ごすんですね。

今日は良いことが沢山あった一日でした。
明日に繋げたいです。
by ibakasumi60 | 2014-06-29 21:31 | | Comments(0)

上三依水性植物園

c0143772_18163167.jpg

早起きをして水性植物園に出かけて来ました。
四時半起床、六時半出発。
久し振りの早起きです。

小雨降るドライブ中も只ひたすら雨が上がるのを願う。

公園に着いてもまだ雨。

雨カッパに身を包み傘を持った。
カメラと携帯電話とタオルに小銭は袋に。

不思議なことに受付を済ませ園内に入ったら雨は止みました。
何ともラッキーな晴れ女。

今回のお目当てはコウホネです。

黄色のコウホネは彼方此方に可愛い花を咲かせていた。

赤いコウホネが見たかったけど会えずしまい。
開花は七月中旬頃とか。
楽しみにしていたのに残念でした。

木道には幾つかの看板がありました。
「ヘビに注意」と書いてあるのです。
どうも足下が気になって仕方がない臆病者です。

ヒマヤラの青いケシも未だ見ることが出来ました。

雨が止んだお陰で撮しながら歩く楽しさは倍増。

お陰でカッパの下は蒸れて暑かった。

晴れたのはあの時だけだったような気がする。

園内には見学者も多く花を見て歓声を上げる人もいた。

バズーカーのようなカメラマンに混じったへなちょこカメラマンの一日でした。
by ibakasumi60 | 2014-06-28 18:16 | | Comments(2)

何を好んで

c0143772_20582587.jpg

ふと耳に入った唄が気になりユーチュウブで何回か聴いている。

若くして病死をした演歌歌手の村上幸子さんの歌。
雪つばきです。
小林幸子さんの雪椿とは違う歌ですよ。
偶然にも本名は旧姓と同姓同名。

こんな偶然に驚きながらこの唄が好きになりました。
もしかしてこれは不倫の唄なのかもしれない。

聞いていて切なくなるのは何故だろうね。

演歌の世界に多い女の切ない叫びが心に響く歌詞が並びます。

何を好んで冬に咲く
おまえと一緒に遅い春

演歌独特の詞に酔いしれている私。

詩の面白さを感じています。

何を今更と思いつつ言葉の使い方や表現にウットリです。

作詞って素晴らしい。
by ibakasumi60 | 2014-06-27 20:58 | | Comments(0)

今日も不安定な天気

昼顔です
c0143772_17235228.jpg

朝起きたらどんよりとした空。
天気予報では雨は降らないような事を。

だからベランダに洗濯物を所狭しと並べました。

薄日が射し所々に黒い雲が出てきた。
急に強い風が吹き始めたら怪しい雲行き。

空を見ながら雨が降りそうだと警戒心が増します。

洗濯物を急いで取り込みホッとする間もなく降り出した。

梅雨の時期だもの雨が降るのは当たり前よね。

そう思いながらも雨を嫌っている自分が滑稽。

未だ暫くは不安定な天気が続くのでしょうか。
梅雨明けを教えると言う立ち葵が上まで花を咲かせています。

梅雨明けも間近と予想しているみたいな立ち葵の花。
気楽に出掛けられる梅雨明けが楽しみです。
by ibakasumi60 | 2014-06-26 17:23 | | Comments(2)

カメラ復活です  

c0143772_168130.jpg

カメラの調子が悪くて困っていました。
カメラは私の大のお友達で何処に行くのも一緒という仲なんです。

いくら充電してもすぐに数枚写した後にバッテリー切れの表示。
何で?どうしたの?と頭の中はパニック状態。
切れる前に出る無情の表示が電池を交換してくださいとあります。

電池?電池交換?で直るの?

ケーズデンキで見てもらいました。
多分交換したら直ると思いますが絶対ではありません・・・・って。
なんだかイケメン店員さんは売る気満々が見え見え。
どうする?新しいの買うしかないかな。

そろそろお昼と言う時間。
お腹が空いていたので取りあえず電池交換をして様子を見ますと残り一つの電池を購入。

出かける前にネットで電池を見たら新品で3800円だった。
中古で2500円とネット検索にすぐ反応してくれる面白さ。
すぐに欲しかったのとネット買は時間が掛かるので止めた。
時間が掛かると言っても明日には届くという早業だけど。

明日まで待てず今欲しいと4700円で手に入れてきました。
充電して試し撮りをしてきたけど何だか調子がいい見たい。
何てことない電池が消耗していただけなのかも。
焦る私の頭も相当の消耗をしているようだ。

携帯電話も交換したかったけどお腹が空いたのには逆らえずいったんご帰還。
いいチャンスだったのにもう家に着いたらお尻に根が生えてもう何処にも行きたくありません。

まあ今の携帯が使えない訳じゃないからいいかと諦めが早いね。
でもそろそろ交換の時期が来ているのが分かるフォーマです。

携帯はどこがいいのかな。
何方かおお薦めがあったら教えてください。
今使っているのはDoCoMoです。
by ibakasumi60 | 2014-06-25 16:09 | | Comments(2)

速報に納得  

c0143772_1828586.jpg
c0143772_18291978.jpg
c0143772_18294045.jpg

何時もの様に朝起きてすぐに庭の草取りを兼ねて新聞を取りに行く。
20分ほど草を抜いて屈んでいる所にいきなり大きな雷の音。
音が消えぬ間に大粒の雨が落ちてきた。
大して雨に濡れることもなく家に避難?する事が出来たようだ。

雨に驚いた朝の散歩中の人は駆け足で家路を急ぐけどもう洋服はびしょ濡れ。
傘をどうぞと声をかける間もなく走っていく。

どっぷりと濡れて行こうとばかりに焦ることもなく何時もの歩幅で歩いている勇敢な人。
もう全身ずぶ濡れだよ。

この地は大気が不安定で雷や突風・雹に注意と天気予報の速報が流れた。
このことを言うんだと妙に納得。
15分もしないうちに雨も雷も消滅でとんだ脅迫に有ったような雷と雨でした。

それにしてもあの雷は怖かった。
一瞬だけどあの大粒の雨は体の芯を突き抜けるほどの痛みに感じた。

雲が切れてきたお昼前美味しいコーヒーを飲んで寛ぐのでした。
お昼はお蕎麦にしました。

何だかんだ言っても又夕暮れ時が来ました。
この時間帯が一番寂しさを感じます。
今日と明日は繋がっている筈なのになんで寂しさを感じるんだろうね。
暗さや闇を感じる寂しさでしょうか。
雨戸を閉めて部屋に明かりが灯る窮屈な空間。
街灯が点いたら走り行く車は皆家路を急いでいるように見える。

待っている人がいるというのは幸せなことだよ。
by ibakasumi60 | 2014-06-24 18:29 | | Comments(0)

。。。。。  

真夏の青いスイトピーって名札に書いてあったけど何が青いのかな?
c0143772_17301569.jpg

c0143772_17305465.jpg

何だかイライラしています。
天真爛漫そうな私にだっていろいろあるんですよ。

これも生きてる証拠でしょうね。
時には思いっきり悩んでスッキリすればいい。
スッキリと答えが出たら赤丸・二重丸。

心が折れそうで怖いです。

もしかして借金の返済が滞っているとか?
違う! 違う!

カメラと携帯に振り回されています。
先ほど売り場を見てきたけど人ばかり多くてその場にいるのも嫌になった。

夕飯のおかずに土佐の鯛を買って帰ってきました。
だけど だけど 何もしたくないしまして料理なんてしたくもない。

だったらなんで買ったのよ!
ってな感じ。

まあ 何とかしましょう。
馬鹿ですね。
by ibakasumi60 | 2014-06-23 17:32 | | Comments(0)

雨の日曜日  

c0143772_19165836.jpg

第4日曜日は骨董市がある日だった。
今朝は雨もやみそうもない空模様。
出店者も主催者も天を仰いでいるのが分かる。

フリーの身になって今はお客の立場で楽しめることが嬉しい。
小雨の中を笠間の骨董屋さんへ出かけて来ました。
ベトナムの花嫁さんも一緒。
日本食も大丈夫そうでカキとヒレカツ定食を美味しそうに食べている姿を見てホッ!
美味しそうに食べる姿は健康に繋がる。
私も頑張って残さず食べようと思うけど半分食べてギブアップ。

それなのにこの体型って有り?
キット運動不足なのね。
代謝が悪いって?
何だか知らないけどこの体型。

体重計が怖いです。
ちゃんと食べてダイエットする方法有りませんか?

BMWベンべ
by ibakasumi60 | 2014-06-22 19:25 | | Comments(2)

これが胡桃

c0143772_18271291.jpg

田舎育ちの私には懐かしい食べ物がある。
それは胡桃です。

野菜のクルミ和え。
クルミの蕎麦つゆ。
クルミの寒天寄せ。

何かしら料理に使われていた。
海が遠い内陸地方にとって大事な蛋白源だったのだろう。
特に動物性タンパク質を嫌った母が食べられる唯一の物だった。
だから我が家ではよりクルミを食べていたのかもしれない。

通りすがりに見た胡桃の木に母を思い出していた。

時々見つけるクルミパン。
クルミ入りコウナゴの佃煮。
お店でクルミ入りの食べ物を見つけるとつい籠に入れています。

母に似た私も胡桃が好きなのです。
by ibakasumi60 | 2014-06-21 18:27 | Comments(2)