<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

18度は暑い    

開花が進んでいます。
c0143772_15371042.jpg

気温18度。
昨日とは雲泥の差の温度。
運転中はクーラー付けて走りました。
日差しが強く眩しい。

何時もの様にコンビニでホットドリンクを買って一口ゴックン。
暫くしたら汗ばんできて焦ってしまいました。
今日だけはアイスドリンクで良かったみたい。

昨日と今日は温度差が10度以上。
流石の私も戸惑います。
今日に限ってセーターなんか着こんでいる私。
天気予報を良く見ておくべきでした。

明日からはまた気温が下がるという予報。
この気温差に身体がオタオタしています。

今夜はエアロビだ。
まさか暖房を点けているということはないよね。
15分も動いたら汗を掻くので暖房は入れないでね。
by ibakasumi60 | 2014-02-28 15:36 | | Trackback | Comments(0)

春雨じゃ〜

昆虫の背中に人面が現れました。
お友達に貰ったとても不思議なストラップです。
c0143772_2001641.jpg

朝から雨の一日でした。

予定外の雨。
お友達に誘われてカラオケで楽しみました。

みんな何でそんなに上手いのよと言うほどの歌唱力。
今回も場違いな所に来てしまったと面食らう。

口ずさんで手拍子を打って時間は過ぎた。

偶には賑やかな所も悪くない。

気の置けない友達だから音痴の私をも仲間に入れてくれました。

冷たいメロンソーダが美味しかった。
by ibakasumi60 | 2014-02-27 20:00 | Trackback | Comments(0)

暖かな日は散歩日和だね  

c0143772_10263921.jpg

とても暖かな気持ちのいい朝がきました。
どの家も待ち構えたように大物の洗濯物を干している。
私もシーツやまくらカバーを干してベランダはお祭り状態です。

赤や黄色・ブルー・白の帽子を被った幼稚園児が散歩に出てきました。
近くにある幼稚園児です。

一本のロープを挟んで二列の園児は小さな手で掴まりながら歩きます。
先生は前と後ろと脇に3人付き添っています。
園児数は10人ぐらいの年少さんグループ。
行きかう人にチャンとご挨拶をして通ります。
二階から見ている私にもご挨拶がありました。

帽子の色分けにはどんな意味があるのかな。
クラス分けなのか年齢別なのか二階から見た園児の姿は可愛い。
すぐそこの公園まで散歩に出てきたのかも。

時折保育園児もリヤカーに乗せられて散歩に来ます。
ヨチヨチ歩きのひよこ組さんらしいですがこの姿もとても可愛いんですよ。
暖かな日は外に出る人が多くなります。

私も少しだけ歩いてきましょう。
日差しを求めて歩きましょう。
by ibakasumi60 | 2014-02-26 10:29 | | Trackback | Comments(1)

穏やかな日です   

c0143772_1271313.jpg

久しぶりに穏やかないい天気。
洗濯物も布団も干して部屋中のお掃除完了。
気分良く仕事がはかどります。

カメラをも持って近所を少し動いてみた。
屈んで良く見ないと見逃されそうな花が咲いていた。

名前も知らない雑草と言う一括りにされてしまいそうな花でした。
調べてみたらちゃんと名前がありました。

もう見ごろを終えたご近所さんの紅梅。
水戸の偕楽園もつくば梅林も梅まつりが始まっている。
毎年今年こそはと意気込んでみるけど一人ではどうも腰が重い。
真壁雛祭り経由で楽しみたいと意欲満点だけど。

まずは今日の予定をこなしましょう。
ボクササイズでひと運きして汗をかいてきましょう。
by ibakasumi60 | 2014-02-25 12:15 | | Trackback | Comments(0)

子供用の歯ブラシ    

c0143772_17334381.jpg

ドラッグストアーで子供用の歯ブラシを買いました。
子供用の歯ブラシだけど私が使います。

左奥の親不知がへそ曲がりで横を向いて生えています。
大人用の歯ブラシでは親不知の歯が良く磨けないのです。
いろいろ試した結果子供用の歯ブラシが一番良いみたい。
年齢をみたら三才用だった。

毎年仕事先の庭に生えている蕗の薹。
今年も生えたよと電話を頂き摘み取りをしてきました。
カッターで茶封筒に一杯入れました。
見つけると積みたくなる嬉しさ。
こんなに摘んでどうするかと思うほどの数。
ふき味噌を作りましょう。
てんぷらは昨日食べたから作らないぞ。
お友達にも分けてあげようね。

このほろ苦さが大人の味とでも言いましょうか好きなんです。
熱々のご飯に乗せて食べたら最高だよね。

と思いつつ今回はあまり作る気がしないのはなぜだろう。
楽しくてこんなに摘んできたのにどうするか?
やっぱり作ろう~。
by ibakasumi60 | 2014-02-24 17:33 | | Trackback | Comments(0)

寒い朝だからとん汁作り       

野に咲く花にも名前があるのはずなのに「あなたの名前は?」です。
c0143772_21238100.jpg

朝から寒くてブルブル振るえるほどでした。

骨董市に遊びに行く約束をしていたので少しだけいつもより早起き。
余りの寒さにトン汁を作って届けてやろうと思い立つ。
野菜ストックをみたら白菜・人参・サトイモがある。
豚肉もタップリとあるしサトイモは少し足りないかなと言う具合。
昨日袋詰めしたサツマイモがタップリあるのでこれも入れました。

母から譲り受けた圧力鍋に入れバスタオルで包みゴミ袋の中に入れて運ぶ。
お汁がこぼれて出てきたら困るものね。

コンビニでおでん用のコップを分けて頂き会場へ。
結構多めに作ったつもりだったけど別けてみたら25人分ほどだった。
それでも寒さの中働いている人に喜んでもらえて嬉しい。

寒い所で食べるトン汁は一瞬身体を温めてくれたに違いない。
大したことはできない不器用な私だけど偶にはこんなこともやるんです。
次回は前日から計画性を持って美味しく作り届けてあげようと思う。

とても楽しく人の優しさに触れて気分のいい一日でした。

夕べはね・・・・
by ibakasumi60 | 2014-02-23 21:06 | | Trackback | Comments(0)

近所で火災発生   

何が気に入らないのか何度やっても画像が入りません。
4時間たってやっと入れることができました。
あの苦労は何だったんでしょうね。
初めて見た可愛らしい自動販売機です。購買力をそそる販売機です。
c0143772_22381369.jpg

10時前に出かけてお昼過ぎに戻りました。
二時間ちょっとの外出中に近所で火災発生がありました。

帰宅時には消火活動も終わり野次馬と消防自動車の多さに驚く。
家まで200メートルの交差点は通行止めで狭い道へ誘導された。
クネクネと脇道へ入りなんとか家に着く。

怖いのと気の毒で現場をみには行けなかった。
一人暮らしの老人が住んでいたそうです。
両隣が空き家だけど綺麗に燃えてしまったとか。
テレビニュースを見て火元のご主人様が焼死体で発見されたそうです。
何とも痛ましい火災でした。

出先ではこの時期特有の道路工事で何か所も交互運転の通行止め。
タップリと時間をかけて帰ってみれば悲しい事実が待っていた。
火の始末・取扱いにもっと慎重にならなければと教訓です。

火事の為に電話も電気もパソコンも一時不通になりました。
一番最後まで悩まされたのがパソコン。
どうにも手に負えずj・comさんの力を借りて何とか開通に。
電圧の影響で何やら設定が狂ったせいだと言われたけどよく解らん。

普段通りに稼働する電気製品にホッとしています。
なんだか疲れがどっと出た気がしています。
by ibakasumi60 | 2014-02-22 18:29 | 風景 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのエアロビック  

ミモザの蕾が沢山ついていて満開の時期が楽しみです。
c0143772_20593021.jpg

今日はエアロビの日でした。

最近はボクササイズも休みがち。
お友達が用事でお休みの時は嬉しくなって私もお休みします。
ズル休みをすることが多くなりました。

今日は彼女が元気に行こうというので引っ張られてお出かけ。
先週は雪の為にお休みしました。
なので今日のステップは難しくてついていけない。
どんくさいステップで何とか仲間についていくけど悔しいね。
必死で覚えて何とか最後には音楽に乗ることができました。

それにしても一週休んだだけでこんなにも苦労するとはね。
ステップも覚えが悪くなってきている。
組み立ても一回では覚えられなくなっている。
これは完全に老化現象だよね。

一緒に通っている彼女は70歳だ。
彼女が辞めるというまで一緒に頑張ってみようと思う。

時にはずる休みもいいだろう。
偶にはステップに乗り遅れても良いじゃない。
楽しい時間が過ごせるのが一番。
そう言って自分を慰めています。
by ibakasumi60 | 2014-02-21 21:00 | | Trackback | Comments(0)

何とも不思議な偶然   

散歩に出て驚いた。「もう蕗の薹が出ているのね」
家にばかりいたのでは見逃してしまいそうな春の使者です。
c0143772_2151399.jpg

仕事を通して知り合った方。
名前を聞いて何だか親近感を覚えた。

晃さん・・・・弟と同じ名前だけど私よりも年上の人。
数雄さん・・・亡き兄と同じ名前だけど字が違い私よりも年下らしい。

意外と気が合って何だか兄弟と話をしているみたいに楽しかった。
そんなことを言ったら相手に失礼かもしれない。
それでも何だか嬉しく感じたのは何でだろうね。

最近はこんなことを感じることが多い。
こんな風にこじつけているだけかも知れないけど兄の事を懐かしく思います。
子供の頃の別れだものハッキリと思い出があるわけではない。
乏しい思い出を手繰っていくとそこには若い父母の姿や懐かしい田舎の景色。
兄は8歳で亡くなったのだ。

それからしばらくして弟の晃が生まれたんだわね。
晃と言う名前は私が付けたのよ。
父が「弟の名前なんと付けようか」と私に言ったこの一言。
近所に成績優秀な「あきら」と言う名の年上の人がいた。
きっと憧れもあったんでしょうね。

とっさに出た名前が「晃」でした。

このことは当の弟は知らないはずだわ。
このまま内緒にしておこうか。

何とも不思議な名前の人との出会い。
大事にしたいお友達です。
by ibakasumi60 | 2014-02-20 21:53 | | Trackback | Comments(0)

悲しいね

c0143772_18352824.jpg

久し振りに綻びを縫いました。

悲しいね。
針に糸が通せない。
老眼鏡を掛けるけど糸は針穴を無視。
何度か繰り返して何とか糸が通った。
一針一針縫い目を作る。

久し振りの針仕事なんて大袈裟な事ではない。
それでも偶には針仕事も悪くない。
昔は子供の洋服も手作りしていた事もあった。

本当に昔のことだ。
ちっちゃな思い出は余りにも遠くへ行ってしまった。
思い出の洋服を着た子供も今は良いおじさんとなりました。

母には嬉しい事です。
by ibakasumi60 | 2014-02-19 18:35 | Trackback | Comments(0)