<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大晦日の1日   

c0143772_17526.jpg

大晦日なのに特別変わった事はない
ここの所毎日来てくれるクロネコのお兄ちゃん
しみじみと顔を見たら結構イケメン顔
ハンコを押して「ありがとう」を言うのが精一杯
ガスを点けたまま玄関に出たから

午後から別荘のお掃除を理由に出かける
結構新しいお花が手向けられている所が多い
駐車場は県外車が幅をきかせている
里帰り墓参なのかな
墓石は顔を撫でるように綺麗に拭いてきた
お線香の煙がユラユラありがとうを言ってるよう
2日が命日だからお花は其れまでお預け

大仏様の近くを飛行機がひっきりなしに飛んでいく
進路は何処なのか機内は期待膨らむ会話で賑わっているのかな

外国で新年を迎えるなんてもうあり得ないことだ
そう思うと少し寂しいかな

今年もあと数時間で終わろうとしています
沢山の方に当ブログへお出で頂きました
皆さんありがとう御座います

来る年も元気に書き込みを続けていきたいと思います
どうぞ良いお年をお迎え下さい
by ibakasumi60 | 2012-12-31 17:06 | Comments(0)

貰ったり届けたりが楽しい   

狭き庭がメジロで賑わっています
c0143772_22444965.jpg
c0143772_2245019.jpg
c0143772_22451227.jpg

新鮮な大根の葉を料理した
栄養たっぷりな葉っぱは朝ご飯のお供に最高
茹でた大根葉は干しエビ・ジャコ・鰹節で炒り煮
醤油を少し垂らしてエビの香ばしい香りがたまらなく美味しいのです

お友達にお裾分けを三品
大根の葉の炒り煮と筑前煮・黒豆を届けた

お返しに栗金団と酢蛸・巾着煮
栗金団は裏ごしをしていないのでイマイチの舌触り
栗も冷凍物のようで匂いが出て美味しくない
それでも三品ふえると食事が楽しくなる

明日は冷蔵庫の片付けと部屋中に最後の掃除機を掛けよう
まだまだやることがありそう
by ibakasumi60 | 2012-12-30 22:45 | Comments(0)

今年も残り二日   

車に積んで帰る途中鉢がひっくり返り花が3個ももぎれてしまいました
c0143772_23143583.jpg

お友達との会話で笑ってしまった
「今年も後二日でおわるね・・・」としんみり言うお友達
「何言ってるのよ!未だ二日もあるわよ~」と私
言い方を変えるだけで面白味も加味され笑ってしまった
捉え方の違いだ

残り二日でお節料理を始める
食べる楽しみよりも作る楽しみが大きい

黒豆を炊いたら豆が黒くないのだ
豆のせいか味付けのせいかニグロ豆の仕上がり 
それでも味は良いですよ

少し早かったけど筑前煮も出来上がった
何か変だと思ったらコンニャクと椎茸を入れるのを忘れた
大根と人参のなますも味が染みるのを待っている

お節は京都のお店に発注済み
カニも明日届くことになっている

お友達から野菜のギフトが届いた
新鮮な大根とほうれん草には産地の土が付いている

   新聞に包まれ届く泥大根

普段あんなにも遠いところの土を茨城で見るなんて考えられない
意外な喜びを感じました
ありがたや アリガタヤ 
by ibakasumi60 | 2012-12-29 23:08 | Comments(0)

別れ    

冬至にカボチャを食べなかった
小豆とカボチャを煮ました
お汁粉のようにして食べたら美味しいのです
栗も少し入れて美味しさ爆発!
c0143772_2356266.jpg
c0143772_23565075.jpg

今年四人目の訃報が入る
亡夫のお親友のお母さんが九七歳で永眠
冷たい雨の降る中お通夜に行ってきました

どの顔も何だか笑顔に見えてくる不思議
長寿を祝っているかのようににこやかに思い出話をされていた

長男が生まれて一番先に病院に駆けつけて下さいました
そのお陰で私よりも早く息子を抱っこしてくれたのでした

田舎が遠い私をいつも優しく見守って下さいました
おばさん家のアパートを借りて一年間過ごした想い出が大きい

夫が亡くなったときも未だ若いのにと私のことを心配してくれたそうです
話には聞いていて身近に感じていたけど数年間お会いすることは無かった

もう一度会いたかった
人の命は永遠だと勘違いをしていたようだ
別れに直面するとその永遠を悔やんでしまいます
寂しいです
by ibakasumi60 | 2012-12-28 23:58 | 食べ物 | Comments(0)

いきなり障子張り 

c0143772_23355365.jpg

友達が電話をくれた
「今日でもう休みにはいるよ~ 元気にしているのかい」だった
いつも遊んでもらっているブテックの友
「忘年会を兼ねてランチをしよう」と誘いの電話だった

行きついたところはステーキハウス
美味しかったけどお肉は半分食べて友の口に押し込んだ
サラダやデザートが美味しかった
余り量を食べられない
チョコチョコ品を沢山食べたいのだ

3時過ぎにお店を閉めて其の足で我が家に寄ってくれた
少し剥がれていた障子を張り替えに来てくれたのだ
予定になかった出来事に慌てたけど嬉しかった
張り終えた部屋は明るくなり気分が良い

3年ぶりに張り替えた障子です
by ibakasumi60 | 2012-12-27 23:36 | 風景 | Comments(0)

病人には酷な待ち時間   

南国育ちのサボテンは寒さに弱いだろうと部屋に入れ春まで同居中
c0143772_19122589.jpg

美容室でカットしたらさっぱりしました

思いがけずに早く終わったのでお友達にメール
「お~い!元気にしてる??」と私
「今病院で検査が終わって結果を聞くだけ~」と返信が来た
「今年はもう会えないだろうから顔だけ見て帰りたいから病院に行くよ」と私

美容室からの帰り道沿いにある総合病院
駐車場は満車で止められそうもない
隣のショッピングセンターに止めて病院内に彼女を捜す

待合室でバッタリ会って診察の予約が2時半だという
待合室の長いすで一時間ほどお喋りをするけど一向に順番が来ない
予約の時間を2時間も過ぎてやっと診察の番が回ってきた
結果は良好でひと安心

少し早めの夕飯を二人で食べてきた
二人ともお昼抜きで彼女は病院に六時間近くも居たことになる

病人が行くところなのにあの待ち時間を考えたら病人が行くところではない
名前を呼ばれる迄の時間に何台の救急車が到着しただろうか

一際寒い日なので具合が悪くなる人も多いのだろう
兎に角具合の悪い人の多さに驚いてきた
私だって中途半端な健康状態の今だ
元気に年を越しましょうと約束をして別れてきました

彼女は病人の割には合うたびに体重マックスの更新中
食べられる幸せを感じている彼女でした
元々ふくよかな彼女がまるまるしてとても可愛らしくなりました
by ibakasumi60 | 2012-12-26 19:14 | | Comments(2)

頑固者です   

c0143772_2317734.jpg

今朝メールをみたら何だか嫌な気分になってしまった
こういう気分になったのは単に私が我が儘なだけ
協調性がないだけなのだけど
強要されるのがイヤなのだ

訳は至って簡単なこと
相手のお願いを聞き入れる業を持ち合わせていないから
仕事の時は当たり前に作っていたけど今はダメ
仕方がないよねお金を貰っていたのだもの

主人が亡くなってから年賀状への思い入れが無くなった
そんな自分に年賀状のお願いをされても返事に困るのだ
年中行事の一つの通過点
妥協しなよと自分に言いたいけどガンとして聞き入れたくないのだ

何でこんなにも頑固なのだろう
歳と共に頑固になってきているのか自分を守ろうとしているのか
どっちでも良いけど可愛くないよね
by ibakasumi60 | 2012-12-25 23:15 | 風景 | Comments(2)

パンの街つくば   

c0143772_13332785.jpg
c0143772_1333445.jpg

昨日の寒さで身体が参ってしまったかな
腰がピクピク悲鳴をあげている
痛みを伴うようなことはした覚えがないのに
何処とはなしに身体全部が弱っているのかな

今日は大人しくしていよう
クリスマスなんて異次元の産物だから
チョットいじけたかな

つくばはパンの街としても有名だそうです
東京の有名店も出店してツクバネーゼを唸らせているそうだ
そんな思いからネットをみていたら沢山お店の紹介がある
何処に行こうかお店で迷い道にも迷いそう
パンをみたら選ぶのも又迷うんだろうな

兎に角胃袋が満足するようにパン屋さんに走ろう
外観の洒落たお店に決めました

味覚音痴だからヤ◎▼キ製でも一向に構わないんだけどさ
偶にはリッチな気分に浸ってみようかなと
by ibakasumi60 | 2012-12-24 13:30 | Comments(2)

さ・し・す・せ・そ の良い関係

長いこと蕾のまま 「いつ咲くの~」
c0143772_23535467.jpg

ネットに面白く興味深いことが書いてあった
お姑さんと上手くやる秘訣だそうです

  さ→→流石!

  し→→知らなかった!

  す→→すみません

  せ→→先輩!

  そ→→そうなんだ~

今度お嫁に行ったとき試してみよう(笑)
お嫁さんがこの手で来たら嬉しいかな
仲良くする秘訣は一歩引くことでしょうか

ネットは情報の宝箱ですね
by ibakasumi60 | 2012-12-23 23:55 | Comments(0)

押入の奥から想い出が   

掃除機を掛けていたら雀が二羽舞い降りた
仲良く啄んでいる姿を微笑ましく眺めていた
大きさも色も一瞬同じように見えたから
よく見たら一羽は雀と違う模様をしている
いそいでカメラを向けたけどその気配を察知したのか逃げられた
出会いは嬉しいけど画像はボケばかり
クロジのメスかなと思ったけどどうやらアオジのようですね
教えて頂き有り難う御座います
c0143772_1852335.jpg

冷たい雨の1日となりました
ジッとしていても寒い

部屋の模様替えをしました
いつしか洋服置き場と化した部屋
思いっきりゴミ袋に入れました
それでも捨てがたい愛着品が多すぎる

スキー靴が押入の奥から出てきた
家族で各地のスキー場へ行った想い出が蘇る
子供も小さかったから一緒に出かけられた
下の子が高校に行く頃にはスノーボードに変わってしまった
それ以来スキー場は通過点に変わり温泉を目指すようになった
3人分の靴を袋に入れたらもう口まで一杯になってしまった

タンスも衣装ケースも向きを変えただけで雰囲気がガラリと変わった
暫くはこのままの位置で楽しもう
物を増やすのはもうやめよう

夏以来のカーテンを洗濯したら部屋中が明るく感じられる
換気扇も綺麗になった
手を入れた後は気持ちが良い
もう少しマメに手を入れるべきかな
by ibakasumi60 | 2012-12-22 18:49 | 風景 | Comments(4)