<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

悲しいね   

c0143772_1808100.jpg

14日のブログにも書いたけど
病院の待合室で偶然であった近所の奥様
その後手術も終わって経過も順調なのだろうと思っていた

それなのに昨夕遠回りをして訃報が入る
信じられなくて今朝の新聞の訃報欄を見たが矢っ張り彼女の名前が有った
間違いであって欲しいと思っていたのに本当だったのね

あんなに元気そうだったのに
何でそんなに急いで逝っちゃったんだろう
手術をして一週間で逝くなんて早すぎます

腸のガンかと思っていたら膵臓ガンでそれも末期
お医者様とご主人の思いやりで本当のことは伏せていたそうだ

あの時お姉さんが六月になくなったばかりと言っていた
私の家族はみんなガンで亡くなっているのよとも言っていた
親から引き継いだガン体質だから仕方ないのよねと笑った
早期発見の為毎年検査をしていてもこうだものねと悔しそう

矢張り彼女はガンで逝ってしまった
あの時の待合室の会話が未だに耳に残る
手術なんかしない方が未だ生きられたんじゃないかと素人考え
悲しいです

納涼盆踊りの櫓解体や後片づけが雨のために午後からに変更
四時前に大きな地震が来て久しぶりに驚かされた
それから眠ることも出来ず七月最終日も後数時間
この一ヶ月私は何をして暮らしてきたのか
特別なことは何ひとつしないで月末か
これがケセラセラなのかなと思うと空しい
by ibakasumi60 | 2011-07-31 18:00 | | Trackback | Comments(0)

天気が気になる納涼盆踊り   

c0143772_14365949.jpg

c0143772_21572148.jpg

新潟・福島へ可成りの被害を残して未だ居座る低気圧
夕べから当地も雨が強くテレビの音を掻き消す時も

今日は町内の納涼盆踊りです
雨を気にしていたら天気は午後から少し回復するという予報
開催を危ぶまれていたが役員トップから開催する旨の電話が回ってきた

一時から受付の準備をしていたら真っ黒な雲が黙々と湧いてきた
雨が降る前兆だと洗濯物を干して窓を開けた部屋が気になり家路を急ぐ

玄関に着くなり雨粒が落ちてきた
大きな雨粒でカミナリも鳴っている
この雨雲が去った後は晴れるのかどうか
それでも今日は納涼盆踊り

夕方には雨も上がり元気に踊り遊んで無事に終えることが出来ました
子供たちの数も少しずつ増えているのが感じられ嬉しく思う

明日は早朝から櫓の解体とお片づけがあるそうだ
by ibakasumi60 | 2011-07-30 14:37 | | Trackback | Comments(0)

雨の旅行かな   

朝顔の一言→→後ろ姿もなかなか良い物でしょう~
c0143772_1737995.jpg

お友達が北陸方面に旅行中
良いなぁ~と思ったけどお天気が心配です
何だかもの凄い豪雨で被害も出ている様子

別のお友達は北海道へ行くそうです
悪天候で飛行機が飛ぶのか飛ばないのかも心配

申込みの時に切符とお天気の予約が出来たらいいね
二人とも強運の持ち主だから天気に関わらず楽しんでくることでしょう
お土産話を楽しみにしていましょう

ここも朝から雨が降ったり止んだりの繰り返し
時折大粒の雨がテレビの音を掻き消しています

明日は地区の盆踊りです
天気が気になる所
雨なら中止になるという
さてどうなる事やら
by ibakasumi60 | 2011-07-29 17:37 | | Trackback | Comments(0)

雪花菜サラダ    

きんぴらゴボウに厚揚げの甘辛煮・・・・お友達製
雪花菜サラダと大根の甘酢漬けは自作です
c0143772_18363925.jpg

豆乳が安いと言うのでお友達とスーパーへ行った
いつもの安売りの時はお一人様二本限りと限定されてる
どうした訳か今日は六本入り二箱まで買うことが出来た
毎日豆乳に胡麻を入れて飲んでいるので凄く得をした気分

珍しく小袋入りの雪花菜が有ったので買ってみた
雪花菜に豆腐を入れゆで卵やキュウリ・ハム・蒲鉾を入れてマヨネーズで和えた
カボチャも少し色つけに入れて完成

初めての雪花菜サラダにしては結構美味しかった
一人で食べるには結構の量が出来たのでお友達にもお裾分け
お返しにきんぴらゴボウを貰ってきた

今夜はこれで充分
by ibakasumi60 | 2011-07-28 18:35 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

早朝のハス      

早朝から霞ヶ浦近辺にハスの花を見に行く
c0143772_5424981.jpg

毎年暑くなると必ず見に行っていたハスの花
今回は何時もと違う方向へ足を向けてみた

白いハスを写していたら背後から声が掛かる

「何してんだか~白いハスなんか撮ってもしゃあないだろう~」
「この先左に行って少し行くとピンクが咲いてるからそれの方が綺麗だよ!」
水道工事をしているオジサンの声だ

言われた通りに左の方に行くと田圃一面がピンクの八重咲きハスが咲いていた

「わぁ・・・わぁ~綺麗!!」
夢中になってシャッターを押してきた
奥の方には綺麗に咲いている花も有るけどこのカメラでは限界
畦に入ればもう少し綺麗に写せたかも知れない

今日も何にも考えずに履いて出た足元はサンダルだ

工事のオジサンは足元を見て確かに言った
「蓮田に来るときは長靴だっぺ~」

確かにそう思った!
でも長靴持ってないよ~
by ibakasumi60 | 2011-07-27 05:44 | | Trackback | Comments(0)

蜂の巣撃沈!  

ギーコンギーコンと汲み上げた井戸水はさぞかし冷たかろう
c0143772_95313100.jpg

朝お花にシャワーをかけてやる
建物の角まで来たらブンブンと羽音がする
よく見たらいつの間にか蜂の巣が出来ているではないか
巣の上には気温があがるのを待っているかのような蜂の群れ

怯むわけにはいかない
何とかするのが私の仕事

部屋に戻り殺虫剤スプレーを二本持った
巣を目がけて二丁拳銃の如くに噴射開始
脇目もふらずに蜂の巣を見据えたまま噴射
面白いようにポタリポトリと地面に落ちてきた

蜂が全部落ちたのを確認して棒で巣を落とす
地面に落ちた巣に恨みを込めて足で踏んづけた
大胆に残酷なことをしている自分を冷静に観察余裕もあった

中から幼虫の死骸が黄色い液体になって流れてきた
それを見てブルッと身震いをした
自分が安全に生きるためと割り切るしかない

この間何分も経っていないだろう
刺されるかと不安もあったけどこの勝負私の勝ちだ

昨日は余りの涼しさに水やりをしなかった
その隙に巣を作ったのかな
油断も隙もない蜂に警戒心だけは持っていようと思う

朝シャワーの前に
by ibakasumi60 | 2011-07-26 09:52 | | Trackback | Comments(0)

今時の子供服    

c0143772_1552313.jpg

孫が帰って行った後には小さなボストンバック二つが部屋の隅に置いてある
又お泊まりするからとバックを置いて帰って行った

私の洗濯物に混じって孫の小さな洋服や下着もある
大人用のハンガーにTシャツやパジャマ等を干した
ピンチにはスカートやスパッツ・下着を下げたけど小さいのでやっと届くサイズ
可愛らしい程の小さい今時の洋服
結構黒い洋服をお洒落に着こなすセンスの良さ

男の子だけ育てた私にはピンクや黒の思い出はない
孫の歳には私が選んで全部着せていた

孫は洋服は全部自分達で選ぶそうだから驚き
私が可愛いからと選んでプレゼントをしても多分着てもらえないだろう

婆の楽しみを奪った孫
そんな子に誰が育てたんだ~
センスのない婆が選んでも喜ぶわけがないよね

洋服選びは値段でもなくブランドでもないどうやらセンスらしい
嗚呼・・・面倒くさい
「この点に関しては吾関せず」が宜しいようで~
by ibakasumi60 | 2011-07-25 15:52 | | Trackback | Comments(0)

ミンミン蝉が鳴いた~       

c0143772_19105115.jpg

c0143772_19121139.jpg

涼しいと思っていたのもつかの間
太陽が出てお昼を過ぎた頃に蒸し暑さを感じる

体中に痒み走り勝手に手が彼方此方に動く
足も三カ所ほど蚊に刺されてしまった
足も痒いし身体も痒いし

足には虫さされ液状薬を塗った
身体には汗疹のステロイドが少量入った軟膏を塗る
体中どこもかしこも痒くてついつい掻いてしまう
掻くともっと痒みが強くなるのが分かるけど止められない
まるでかっぱえびせん状態

止められない!止まらない!
この痒み何とかしてよ~
薬を塗っても痒みは止まらない
即効性のある強力な痒み止めが欲しい

亡母も夏になると汗疹で悩んでいた
母譲りなのか変な所が似てしまった娘です

この暑さ中今年始めてミンミン蝉の鳴き声を聞きました
痒みに手は休みなく動いていたけど耳はシッカリと鳴き声に聞き入っていた

賑やかに夏のスターがお出ましです
by ibakasumi60 | 2011-07-24 19:10 | | Trackback | Comments(2)

「連れ合いは頑固親父!」    

c0143772_17354334.jpg
c0143772_1736554.jpg

お友達と一緒にお昼を食べた
連休に郷里の新潟で同窓会があったそうだ
何ヶ月も前から参加する許可を貰い楽しみにしていたと言う
同郷のご主人も同い年だがクラスが違うためお留守番
ご主人は10月の同窓会に出席すると今から楽しみだそうだ

出掛ける時間になって
「お前どこに行くんだ~」
「何ヶ月も前から同窓会の話をしていたでしょう~夕べも言ったじゃない・・・」
「・・・・・・」
「肝心なときには何時も酒を飲んでいてろくに私の話なんか聞いていないのね!」

一泊で楽しんだ同窓会が終わって上野でお姉さんと逢って帰ってきたのが夕方4時過ぎ
ただいまと玄関を開けた途端に
「遅い!今まで何をしていたんだ~」の第一声
悔しくて涙が出たと言いう寂しそうな顔

ご主人の「遅い!」にはこんな計算があったようだ
10時に泊まった実家を出て新幹線に乗れば遅くても3時には着くはずだと

彼女の「家の旦那は本当に頑固親父でやんなっちゃう!」と嘆の溜息
仲良く見える夫婦でも色々あるんだね

奥さんのお出掛けはご主人が就業時間内だけで大いに子羽根を延ばしています
退職をしたご主人は奥様を独り占めしたがるという話はよく聞く
これから先を考えると窮屈そう

気持ちよく「気を付けて行ってらっしゃい~」
「お帰り~!楽しかった?」と聞いてあげてよ
このぐらいは言えないのかな

しつこく付きまとえば離れるのが常
程々の加減が見えないのか難しいようだ

それでも相手がいるだけ幸せだよって言ってみたけど
by ibakasumi60 | 2011-07-23 17:36 | | Trackback | Comments(0)

歳を重ねると言うこと     

朝が早かったせいで白鷺とカラスウリの花を見ることが出来ました
c0143772_1658448.jpg

c0143772_1722446.jpg

夕べは涼しいを通り越して寒さを感じた
布団を掛けたけど寝付かれずに五時起床
そのまま本当に呆れるほど久しぶりの散歩
レンズを通して観る花の表情・生きものの顔は清々しかった

最近の悩み
お買い物の際に値札も賞味期限も字が小さくて読めない
読めないと言うよりも見えないが本当だ
支払いの時に洋服などはサイズを店員さんに確認をして貰うのが常

老眼がどんどん進んでいるのが分かる
メガネを持参して確認をすれば問題は解決だろう
バックに一つ入れておけば済むことなのに
そのメガネの持参が煩わしい

それすらも面倒と意地を張って見栄を張っている私
そんなことも言っていられないこの頃

歳を重ねてる事の弊害をしみじみと実感する
by ibakasumi60 | 2011-07-22 16:58 | 風景 | Trackback | Comments(0)