<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

クタクタに疲れた   

c0143772_0151058.jpg
c0143772_0152781.jpg

亡夫の4回忌の為家族だけで墓参
本当は2日だけど日曜日の今日お参りの約束をしていた

次男夫婦と浄苑で待ち合わせをするが遅い!
11時の約束なのに20分を過ぎても来ない

お花を抱えて来る息子夫婦
花束に感激して何も言えなかったバカ親

孫2が微熱があったのでと言うお嫁ちゃん
これを聞いたら尚更何も言えなかった

お昼と夕飯を一緒に食べて孫の元気は想像以上
ショッピングセンターなど付き合う婆はもうクタクタ

ドタバタ振り回されて一日終了
by ibakasumi60 | 2010-01-31 23:56 | 風景 | Trackback | Comments(0)

太陽の力

        お向かいの家にある若い紅梅の枝に花が咲いた
c0143772_1355680.jpg

暫く風が強く寒い日が続いていた

今日は風もなく穏やかな土曜日
お布団を干しました
ベランダに二人分並べました

今取り込んで幸せを感じています

久しぶりにふっくら布団
ホッコリ暖かな布団

やはり布団は太陽に可愛がって貰うのが一番
電気は事務的で愛情を感じない

今日の茨城の太陽はエライぞ!
今夜は良い夢が見られそう
by ibakasumi60 | 2010-01-30 13:56 | | Trackback | Comments(2)

不安だらけ     

             私のブロッコリーと白菜が狙われています
c0143772_15572084.jpg

c0143772_15593226.jpg

c0143772_15573912.jpg

知り合いに連絡を取りゆうべ遅くに気になる人のお家に出向いて頂いた
24時近くに電話連絡があった

お家はやはり留守
近所のお店で様子を聞いたら救急車で搬送されたそうだと
ひとまずは病院へいるのだから安心だ
高齢なので今後の事を考えると何とも不安
本人が一番気に病んでおられることでしょう

この方一人暮らしをしています
高齢の為に最近は殆どお布団の中の生活
ヘルパーさんが面倒を見て下さっていた
ご家族もなく親戚縁者も無いと聞いている

お友達が毎晩スカイプやメールで彼を気遣って下さっている
その彼女も連絡が取れなくなり焦っている

ネットで繋がっているつもりでも肝心なときは切れたまま
まして茨城と兵庫では離れすぎていて手の打ちようがない
パソコンや携帯を当たり前のように使いこなしても行き止まりがあることを知った

早く元気になってお家に戻られることを願います
ファイト!!
by ibakasumi60 | 2010-01-29 15:58 | Trackback | Comments(4)

ベルマーク   

c0143772_20315699.jpg
c0143772_20321516.jpg

孫から頼まれてベルマークを集めている

昔は大概の商品に付いていて結構集まったものだ
でも今は探すのが容易ではない位に少なくなっている

我が家で切り取るのはマヨネーズが殆ど
昔はBOXテッシュ一箱ごとに付いていて面白い程集まった事も
買い物の度にマークを確認してなるだけ付いている物を買うようにしようか

「お婆ちゃん~いっぱい集めておいてね~」
この言葉に弱いのだ

そう言えばブルーチップなども今はくれるお店もない
HPで確認をしたら交換商品が載っているので未だ健在のよう

この辺りでは殆どくれるところがない
個人商店が減少しているせいなのかな
ペタペタ台紙に張っていた頃が懐かしい
by ibakasumi60 | 2010-01-28 20:30 | | Trackback | Comments(2)

思い出   

         散歩の公園には烏骨鶏もいます
c0143772_15494018.jpg

結構風邪を引いている人が多いみたい
熱を出している人がいるみたい
食欲が無くて困っている風邪引きさん
早く治して元気になろうね

私は大丈夫
今期は未だ風邪引いていません
喉も痛くないです
特別何もしていないのに丈夫です

主人が亡くなってそろそろ三年が経ちます
それから一度も風邪は引いていない

キッと守られているのかもしれない
そう考えるのは浅はか過ぎるのか

「後一週間ですね」と院長からの宣告
その言葉の意味がとれなくて院長先生の目を食い入るように見つめた

本人も私もこのままずっと生きられると思っていた
無情で残酷な現実を知らされた

残りの時間をどう過ごしたらいいのか考えたけど何も出来ない
出来る事は側にいるだけ

「もう一度アメリカに行きたい・・・イエローストンに連れていくからね・・・」が最後の言葉
アメリカへの夢を捨てきれずにいた彼の思い
広すぎて行きたいところが多すぎた

何度か夫婦で出掛けたアメリカの地を一人で辿ってみた地図の上
思い出が彼方此方に散らばっていて嬉しいやら切ないやら

思い出があるから幸せなのかもと喜ぼう
有り難う!
by ibakasumi60 | 2010-01-27 15:50 | 風景 | Trackback | Comments(2)

洗濯ものの戯れ   

c0143772_10554367.jpg

洗濯物を干し終えて窓から見える景色

空が何処までも青い
洗濯物を北風が揺らしている

息子のTシャツが私のパジャマに手を掛けている
「お袋・・何時までも元気でいてね~」ってかな

息子のYシャツが私の赤いTシャツに絡まった
「重いよ~邪魔だなぁ・・・」ってかな

ユラユラバタバタ風に遊ばれている洗濯物
早めに取り込んだ方が利口な天気

こんな日はキッと富士山が見えるだろう
すこし走ってみようかな

昨日は息子の3ジュウうん歳の誕生日
分娩台に居た私は純情可憐な妊婦だった筈

二人産んでそれなりに強さを増し逞しく成長
子供に有り難うかな
by ibakasumi60 | 2010-01-26 10:55 | 風景 | Trackback | Comments(2)

お誘いの罠?  

                フキノトウが芽を出しました
c0143772_1633051.jpg
暮れに化粧品を買いに行ったらお手入れのお誘いが
是非来て下さいと今朝確認の電話があり出掛けた

その後お嫁ちゃんから 「遊びに行っても良いですか~」 と電話が入る
10時半だったので一緒にお昼を食べて1時からのお誘いに間に合うと計算

11時頃国道354が工事でもの凄く混んでいると言う
仕方がないので途中のココスで待ち合わせ

お互いに同時間に着いてランチにデザートを付けて食べた
「お昼からデザートまで付けて貰って贅沢ですね~」と喜ぶお嫁ちゃん

七五三の記念アルバムが出来たと持ってきてくれた
緊張した七歳と三歳のお姫様
可愛いと我が孫の姿に喜ぶ私

化粧品店でマッサージなど受けてお肌のお手入れ法を聞いてきた
何も今更夢中になって顔のメンテナンスをしなくても良いんだ
お付き合いで出掛けたが乾燥肌だと言われて驚いてしまった
今までそんな風に思ったことがなかったので

計測器で真皮から奥の方まで数値で表す
結果「この化粧品をいま予約すると◎×◆※~。・」と続く

矢っ張りな・・・
年末にまとめ買いをしたから「買わないよ~それで良いなら・・・」
了解済みのお出掛けの筈がやはり相手の方が商売上手

「シッカリお手入れをして綺麗になってやる~」といえる訳でもないし
良い時間を共有できたと喜ぼう
自分を知っているだけに笑うしかないか
by ibakasumi60 | 2010-01-25 16:34 | | Trackback | Comments(0)

飛騨牛  

c0143772_22582624.jpg

回を重ねるごとに二日続きの仕事が辛く感じる
金曜日は未だ気が楽で夜も何とか三時間程は眠ることが出来た
土曜日の夜は何時も寝付かれず三時まで時計を薄目で見ていた
四時半起床
いったいどのぐらい寝たのだろうか

仕事の後に息子二人と三人で飛騨牛のすき焼きを食べた
お嫁ちゃんと孫二人は用事があってお食事は別々
飛騨牛という看板に惹かれて入ったけどお肉に名前は入っていない
特別どうってことの無いお肉
値段は一流
お店の名前も一流
味付けが変に甘ったるく薄い

米沢で食べるすき焼きの方が私の口に合う
割り下もお肉の味も北国の味が良い
息子達はお肉専門で追加注文
私はお野菜とお豆腐にお肉が二枚もあれば十分

家に帰るとどっと疲れが出てきた
温めのお風呂が生き返らせてくれた
by ibakasumi60 | 2010-01-24 22:59 | | Trackback | Comments(4)

嗚呼~     

c0143772_23234927.jpg

久しぶりに仕事が長引いてしまった
遅くに帰って来て明日の準備をしてもうこの時間

夕飯は息子御用達のすきや?の鶏飯
うん・・・・
お腹が空いていたし美味しかったので結構食べられた

牛丼は好きじゃないからこれで良かったのだろう
でも矢っ張り味気ない
サラダや漬物も一緒に買ってきてくれたけど
何だかもう一つもの足りない

手作りの愛情が不足しているのかも
こんな事を言ったら罰が当たるかな

自分で作れないから仕方がないよ
嗚呼~話題不足で詰まらない事を書いて今日も終わった

といいつつ出掛ける途中に富士山が見えたのはやはり感激
by ibakasumi60 | 2010-01-23 23:24 | Trackback | Comments(0)

一生の付き合い   

c0143772_10111128.jpg

お隣のご主人が暮れから入院している
「もう80を過ぎたお年頃なのでいろいろ検査中なのよ~」と
救急車で搬送されたが寒い時期だから入院していた方が安全とお医者さん

「その後具合はどうですか・・・」と聞いてみた

検査の結果腎臓も肝臓にも異常が見つかったそうだ
特に腎臓の機能が低下して週二回人工透析を受け始めたという

お見舞いを申し出たが辞退された
完全に治れる病ではない
透析は食事と同じで生きて行く手段だとも

自営業を営むご夫婦二人暮らし
息子さんは事業を引き継いでいるが住まいは別
毎日何度か来られてお母様を気遣っている

「息子は優しいね~。こんなに優しくして貰ったことがないので嬉しくて~」と
病人はお医者様に任せておくしかない
一人で寝たことがないという奥様を優しく気遣う息子さん
聞いてる私も嬉しく思います

話の中で寂しさと不安を訴え涙を流された
年齢と共に少しずつリズムが違ってきていることを実感されたようだ

早くに夫と別れた私に「若いのに一人でよく頑張って来れたね・・・」とも

仕方ないジャン
一緒に行く訳行かないし泣いても笑っても一日は一日
日にち薬とは良く云った言葉

3年前の私を振り返っていた
by ibakasumi60 | 2010-01-22 10:06 | | Trackback | Comments(0)