<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あの人が気になるの     

c0143772_17402733.jpg
c0143772_17403757.jpg
c0143772_17404667.jpg

あの人の事が気になって仕方ありません

気になるって何?
体調です

大病後定期検診を続けているけど
特別変わりがないと言われているそうだけど
どうも気になって仕方がありません
こんな事って有りません?

惚れちゃったから??
まさか・・・それはないよ!

気のせいだよね
キッと気のせいだよ

そう言いながら
あの人の文章から何か得体の知れないものを感じます
気のせいであって欲しいな

ネ・・・みんな!
元気で暮らしましょうね

うん・・・
私も元気です

寒さに負けない脂肪を蓄えました
by ibakasumi60 | 2009-10-31 17:40 | | Comments(1)

沈む太陽   

c0143772_161169.jpg
c0143772_16111741.jpg

今日こそは行くぞ!
今日こそは見るぞ!

洗濯物を干して玄関に出れば電話だ
お友達から暇つぶしの電話だ
「ゴメン!時間がないの~ 後で電話するね・・・」

何で今日に限って道路混んでるのよ
いつもなら10分で着くところなのに15分もかかった

開演5分前に到着
珍しくココアなんて買っちゃって
渡辺謙主演「沈まぬ太陽」が始まる

上映時間3時間半
途中10分間の休憩を挟んでの上映となる
観客は殆どペア・カップルのようだ

ふん! 良いんだい! 一人で見るの慣れたもん

国民航空社員の主人公は労働組合委員長を務めた結果会社から
10年におよぶ僻地での海外勤務を命ぜられる
同期の同僚がエリートコースを歩むなかやっと本社へ復帰するが
飛行機墜落事故という会社の危機に遭遇する

組織に潰され乍らも立ち向かう一人の男
航空事故に絡む感情・利権
ドロドロした中でも正義を通そうとする男の生き様

男社会の裏側で何時も犠牲になって泣く女・子供
アフリカの壮大な大地
何一つ遮るものがない大地
そこに沈む夕日が凄く綺麗

流石の私も今日は居眠りする暇がなかった

見終わって真っ直ぐ耳鼻科へ
「又やっちゃいましたね~」と先生が
「ハイ!やっちゃいました」と私
抗生物質を4日分と塗り薬を一本

暫く綿棒も耳かき棒も隠しましょう
何時まで我慢できるか・・・・
アホだね

帰り道沈み掛けた太陽が赤く綺麗だった
by ibakasumi60 | 2009-10-30 16:11 | | Comments(2)

何事も程々に  

  大型ショッピングセンターでハロウィン仮装まつりの参加者を募集していた
  このお祭りも定着したのかな
c0143772_1739513.jpg
c0143772_17394578.jpg

耳の中でガサガサ音がする
こそばゆいような感触

綿棒でコチョコチョと螺旋を描いた
ウットリするほど気持ちが良い
いつものように夕べも湯上がりにコチョコチョと
そんな繰り返しがここ何日も続いた

その結果・・・・・・・
今朝耳が少し変ちくりん
ボワァ~ンとしている
綿棒で擦りすぎた様だ

これで何度目かな
仕事帰りにいつもの耳鼻科へ行ったら閉まっている
看板を診たら午後の診察は2時半からだそうだ

一度家に帰って買い物したものを冷蔵庫に入れてこよう
再び耳鼻科に行ったら2時半を過ぎているのに閉まったまま
駐車場には車が一台もない

看板をよく見たら・・・・・
木曜日は午前中だけの診察だって
正面から見ればちゃんと確認できたのに
斜から見た看板には丁度椿の枝が午後休診の文字を隠していた

全くついていないね
傷つけるまでやらなくても良いものを
耳掃除が大好きな悪い癖

キッと又耳掃除禁止命令が出るだろうな
暫くは我慢!我慢!
by ibakasumi60 | 2009-10-29 17:41 | | Comments(0)

沈下橋  

c0143772_15573059.jpg
c0143772_15575039.jpg

c0143772_1664245.jpg

c0143772_15582891.jpg

c0143772_1558873.jpg

新聞で読んだ沈下橋が見たくて思い切って出掛けた
車で走ること40分
小貝川に掛かるこの橋は果たしてどの辺りなのか見当もつかない

川を目がけ大体の予想を付けて走ったがナビも当てにならない迷い道

店番をしているお嫁さん風な人に沈下橋の事を尋ねる
陳列ケースはガラガラで何のお店かと看板を見たら酒屋さんだった

車ではこれ以上行けないからお店の駐車場に停めて歩いた方が良いと言う
好意に甘えて車を置かせて貰った

川沿いの土手は草刈りをする人
散歩する人
土手に腰を下ろして語らう若い二人
つくばTX電車が頻繁に唸りをあげ突き抜ける

ひたすら沈下橋を目指して30分

蛇行した川の向こうに見えてきたときには感動した
ひっそりと対岸とを繋ぐ木の橋
川岸には二艘の川船が上げられている
ここは大河ドラマや映画などの撮影に沢山利用されているそうだ

ジッと橋を眺めていたら袴を捲し上げ刀を構えた浪人が此方に走ってくる
決闘かな

背中に篭を背負った若者が橋のたもとで待つサッチャンにソッと野菊を一輪
なんて馬鹿なことを思いながら暫し流れに立つ沈下橋を眺めていた

心地良い川風と時折走る電車の音
今と昔を繋ぐひと時はゆったりと穏やかな川の流れのようだった
by ibakasumi60 | 2009-10-28 16:01 | 風景 | Comments(4)

小さなお友達   

c0143772_10372851.jpg
c0143772_10374193.jpg

凄く良い天気!
青空が綺麗!
これも台風一過のなせる業!
どっかに行きたい~

夕べのことです

お買い物に行こうと玄関を出たら雨の中で女の子が震えている
前のアパートに住む一年生の女の子だ

「傘も差さないでどうしたの?風邪引くよ」と声を掛けた
「おばちゃん今なんじですか?」と聞いてきた

「もう5時になるからお家に帰りなさい」
「ママが6時にならないと帰ってこないの・・・」
「鍵が無くてお家に入れないの?」
「一人で居ると寂しいからここでママの帰りを待ってるの・・・」
首から鍵がペンダントのように下げていて鍵っ子のようだ

頭からビッショリ雨に濡れている
寒くて小刻みに震えているのを見て
「ママが帰るまでおばちゃんのお家で待ってなさいね」
急いで家に上げてバスタオルで頭を拭いた
洋服もビッショリで滴が滴りそう

孫のお泊まり用パジャマに着替えさせタオルで包む
エアコンを付けてドライヤーで頭を乾かした
肩まで伸ばした長い髪は絡まって櫛の通りが悪い

暖まってきたのか笑顔になり少しずつ話を始めた

「おばちゃん未だ名前を聞いていなかったけど教えてくれる?」
「私ね かれん っていうの!」
一年生だそうで孫の優衣と同じ歳だ
9月生まれだそうが抱き寄せたら優衣よりも小さく感じた

ホットミルクとお菓子で身体を温めて一息ついたら
「おばちゃん お腹空いた・・・」と言う

できたてのお麩と竹輪とコンニャクの煮物を美味しそうに食べた
夕飯前に余り食べさせたらママに叱られそうなので「もうお終いね」と
目を離したら息子の分も美味しいからと全部食べちゃった

おみそ汁も出来た頃に飲みたいと言うので少しどうぞと
白菜とカニのあんかけも美味しそうに食べていた
「おばちゃん今何を作っているの?」
「秋刀魚の甘辛煮だよ」
「おばちゃんもうご飯出来たの?食べたいなぁ~」
「ん??」
余程お腹が空いていたのだろう

ダメダメ!今日はダメよ! ママの許可がないとね
テレビを見たりポポと遊んだり写真に写る孫に興味を持ってきた
「今度優衣ちゃんと一緒に遊びたい~」と

そろそろママが帰ってくる頃だと台所から前のアパートに目を光らせる
6時50分にダイハツムーブが帰ってきた

ママに一部始終を話したら凄く恐縮していた
私は食べ物を与えたことを気にしていたがママは喜んでくれた

かれんちゃんもママの顔を見て嬉しそう
優衣のパジャマを着て私の少し大きな靴下を履いて帰っていった

「ママが帰ってくるまで寂しかったらおばちゃん家に来ていても良いよ!」

今日は学童保育が早く終わったので寂しい思いをさせてしまったとママが
母子家庭だそうで子供を育てる苦労が伝わってきた

今朝 風邪でも引いて寝込んでいるかと心配で登校時間に外に出てみたらホッ!
「おばちゃんオハヨー!」ととても元気

小さなお友達が出来ました
by ibakasumi60 | 2009-10-27 10:37 | | Comments(6)

私からのご褒美   

c0143772_11342355.jpg
c0143772_11344630.jpg
c0143772_113457100.jpg

夜中にチョット目が覚めた

薄目で時計を確認

未だ三時

もうひと眠りしよう

疲れているはずなのに目が覚めた

何とも不思議な眠りのメカニズム

次に目が覚めたら七時を過ぎていた

大きく背伸びをして起き出す

先ずはお湯を沸かそう

ソッと雨戸を開けてオハヨウさん

急いで着替えて真っ赤なポストまで八歩

新聞を包むビニール袋は雨で濡れている

寒いよ

雨のせいか寒すぎる

ストーブスイッチオン

今日は生ゴミ・燃えないゴミ収集の日

有りすぎて余り使わない食器を処分した

思い出がこびり付いた食器にサヨナラと新聞に包んで

何だかやっと処分する気になれた不思議な日

大好きな玄米茶を啜りながら新聞を広げる

雨のお陰かな

寒さのお陰かな

マイペースな今朝の一コマ

ノンビリゆったり疲れた私を労る
by ibakasumi60 | 2009-10-26 11:35 | Comments(7)

落ち葉遊び  

c0143772_18465768.jpg
c0143772_1847517.jpg
c0143772_18472412.jpg
c0143772_1847427.jpg
c0143772_1847524.jpg

今日は仏滅だそうだ
神社には七五三のお祝いに家族連れで参拝をする姿もある
今は曜日でお祝いをする若い家族が増えてきているという宮司さん
暦に拘らず子の成長を願う親の心は皆同じな筈
菊まつりも催されてお祝いムードを盛り上げている

千歳飴を持って「はいポーズ!」も懐かしい

高く積み上げた落ち葉の山で孫二人は寝ころんだり落ち葉のシャワーをしている
一緒になって寝ころんだり転ばしたり思い切り遊ばせ遊ぶ

落ち葉のお札でお買い物ごっこも
ドングリ・しいの実も孫にとったら大事なお金
ポッケに入れて持ち帰った

自然の遊びを孫は気に入ってくれて何度も何度もせがまれた
たまには洋服が汚れてもこんな遊びが私は好き

昔懐かしい落ち葉遊び
靴の中まで枯葉が入っていただろうね
ママゴメンね
by ibakasumi60 | 2009-10-25 18:48 | | Comments(0)

短縮語?

c0143772_227158.jpg
c0143772_2272952.jpg

ある日次男が
「マック行く?」
「???マクドナルドのこと?」
「そうだよ!行く?」
「・・・マクドって言うんじゃないの?」
「マックだよ!!」

ある時お嫁チャンは
「ミスドで買ってきたの~どうぞ!」
「ミスドって何?」
「あらお母さん知らないの??ミスタードーナツの事よ~」
「クッ・・・・(;´_`;)」

「100キンは見ているだけで楽しいよね!」
「ヒャッキン??ヒャッキン?」
100円ショップのことだそうです

急にコンデジなんて言われても頭がパニックです

何でそんなに言葉を縮めるんだろうね
すっかり老け込んだ私の頭がモタモタしています

あ~した天気になぁ~れ~!
by ibakasumi60 | 2009-10-24 22:09 | | Comments(4)

地震  

       私のカメラではズームもこれが限界。  一応桜です
c0143772_1047490.jpg
c0143772_10471661.jpg

今カタカタカタカタと棚のきしむ音がします

揺れる気配に目眩かと不安を感じた
椅子がユラユラと動いてる
蛍光灯の紐は段々大きな反復運動
電源を落とそうかとジッとパソコンの画面を見つめた

yahoo!に画面切替

震源地は茨城県沖
此処は震度3だそうだ

折しも今日は中越地震から5年目の日
大きな地震災害・被害が記憶に新しい

忘れた頃に揺さぶりを掛けるイヤな奴
忘れるなという警告なのかな
心しておこうと三日坊主の私の誓い
by ibakasumi60 | 2009-10-23 10:48 | | Comments(4)

霧が晴れる前に  

c0143772_10293380.jpg

c0143772_10284795.jpg
c0143772_1029124.jpg
c0143772_10291148.jpg

珍しくしく今朝は5時に目が覚めた
カーテンを引いたら霧が掛かっている

今月の俳句の季題は霧だった
発表になった句を思い浮かべながら歩く

      朝霧に今朝の珈琲熱くして

窪地には朝霧が靡いている
朝日が森を染め始めている

朝日が行く先を照らす
陽が昇るに連れて霧は少しずつ消え始めた

ナント幻想的な光景だろう
見慣れた景色をこんなにも装飾してくれる霧

家にたどり着く頃は太陽は目の高さまで上がっていた
by ibakasumi60 | 2009-10-22 10:30 | 風景 | Comments(4)