カテゴリ:風景( 517 )

恋の季節が見えますね   

カーテン越しにベランダを覗いたらスズメたちの鳴き声で賑わいます。
そっとカーテンを開けてもスズメたちは囀りに夢中のようで気が付きません。


                       我が家からいくと少し高台にあるスーパー。土手の法面に季節ごとに綺麗に花を咲かせ楽しませてくれています。これはスーパーで管理しているそうです。
c0143772_12233259.jpg

c0143772_12244912.jpg

朝のカーテン越しに見え聞こえるスズメたちの戯れタイム。
二羽のスズメがじゃれ合うように囀り身体を摺り寄せて仲の良さがわかります。
恋心が愛に変わってチョコンと背中に乗ったスズメ。

何時も一羽で来ていたハトなのに今日は自慢げに彼女を連れてきたぞ。
ハトって一生涯浮気もしないでずっと仲良く夫婦でいると聞いたことがある。
何やら啄んでいたハトはこれまたチョコンと背中に乗ったんだわ。
この二羽もずっと仲良くしていて欲しい。

夜になるとギャァギャァと煩い猫の恋。
そのうちにオス同士の彼女の奪い合いなのか迷惑なほどの鳴き声が聞こえてくる。
毎年この時期になるとよくある事なんだけど寝入りばなの事件のような出来事。
子孫を残す事だけに一生懸命なのかもしれないけど迷惑も考えて欲しい。
無理だろうけどついそう思うのである。
鳥も猫も恋の季節なんですね。

喜怒哀楽にはいつも火が付いているお婆です。
by ibakasumi60 | 2017-04-17 12:26 | 風景 | Comments(0)

赤い橋のある公園模様 

白内障の手術後の経過も安定しているので約一か月半ぶりにお友達の家を訪ねました。
既に満開を過ぎた桜は花吹雪となり見る者の目を楽しませてくれたのでした。
赤い橋のある公園はお堀に花びらを浮かべ睡蓮の葉の周りに纏わりつくように浮いている。
八重桜もチラホラ咲き始めて何とも第二ラウンドの春を満喫できる場所でした。
c0143772_18343425.jpg

c0143772_18365996.jpg

c0143772_18513159.jpg

c0143772_1838580.jpg

c0143772_18402376.jpg

c0143772_18411023.jpg

亀もいたし鯉も泳いでた

鯉のしなやかな動きが何とも優雅

カラスは木の上で何かを狙っているみたい

子供が手にしているお菓子だろうか

急降下して人間を驚かせている

カラスは嫌いだけどあの艶々の黒い毛が羨ましい

あれはは毛じゃなく羽ですね
by ibakasumi60 | 2017-04-15 18:47 | 風景 | Comments(0)

桜咲く=今日の桜は何分咲?

20度越えの気温になったつくば近辺。
桜は何処まで咲いたのかなとお友達と車で農林省近辺を一回りしてきました。
c0143772_18472296.jpg

c0143772_18481442.jpg

c0143772_18462751.jpg

もう少し咲いているかと思ったけど桜にしてみたらまだ寒いのでしょうね。
今日の桜は何分咲と表現していいのだろうか。

明日はもっと気温が上がるというから日増しに花を咲かせ観る人を楽しませてくれるでしょう。
この暖かさで車の中では暑くてエアコン使用でした。
なのに足腰が冷えて痛みと痺れを感じる老体です。
それでも笑顔で桜を見上げるお婆には至福の時でした。

桜っていいね~
桜って元気にしてくれるね~

もう少ししたらまた桜を観に出かけてみたいです。
by ibakasumi60 | 2017-04-05 18:54 | 風景 | Comments(0)

花を求めてドライブ

花を求めてドライブと思い二輪草やカタクリを求めて出発したはずでした。
ところが行く先は二転三転し行きついた場所はお友達の家。
山に咲く花にはまだ時間が掛りそうな気がしたから行く先変更となったのでした。
c0143772_2116052.jpg

c0143772_21164773.jpg

c0143772_21284377.jpg

小貝川では土手一杯に咲く菜の花の黄色に圧倒されました。
ポピーには時期が早かったけど間違いなく咲きだす時が来るはず。
その時期が楽しみです。
筑波山が昨日の雪で白くなっていた。
雪の筑波山が見られるのは年に数回程で偶然見られたことに驚く。
昨日寒かったものね。

山は雪で白くなっていても土手には黄色い菜の花が一杯。
家の周りでは見られない景色や花との出会いで顔は緩みっぱなし。
圏央道も開通して今までとは景色も違って見えました。

圏央道を使って群馬・温泉でも行ってみたいけどこの目は許してくれないのだ。
何時になったら温泉は入れるのかな。
どうぞ夢で終わりませんように・・・
by ibakasumi60 | 2017-03-28 21:11 | 風景 | Comments(0)

我儘なんだけど防護メガネが邪魔に感じます 

朝から冷たい雨が降るつくば近辺です。
こんな日は洗濯も掃除もお休み。
ただ台所の流し台を中心に磨き上げました。
38年も経つキッチン周りにも浸みや汚れが目につきます。
長い間の汚れは取れないものもあり見てみぬふりをして手を動かすのでした。

                            ずっと気になっていた菜の花畑に行く事が出来ました。嬉しい~。
c0143772_1810927.jpg

c0143772_18174661.jpg

c0143772_1812023.jpg

防護メガネが日増しに鬱陶しくて邪魔に感じます。
裸眼では眩しすぎて目を開けるのも辛いし。
ヤッパリ後しばらくはこのメガネに助けられながら前に進むしかないようです。

慣れてきたらいろいろと文句が多くなっているお婆です。
by ibakasumi60 | 2017-03-27 18:15 | 風景 | Comments(0)

いよいよボケたかな~?  

白い雲が点々と横並びに浮いています。
思わず「綺麗だなぁ~」って口に出ました。
c0143772_17593467.jpg

お昼ご飯を美味しく食べました。
食べ終えた食器をお盆に乗せて台所に運ぼうと思ってアレ?って気が付いた。
右と左の箸が違うじゃない!
片方はお嫁ちゃんの箸でした。
色が似てると言えば似てるけど全然違うよ!
なんだかがっかりした瞬間。
遂に私にも来たかってね。

お昼ご飯を食べてお薬タイム!
ティシュに数種類の錠剤を並べてゴクンと飲み干す。
やれやれと思いテッシュを丸めようとしたら端に白いカプセル一錠が残ってた。
別に数を数えながら飲んでいる訳ではないけどなんだかショック。

最近こんなことが多くなりました。
他人ごとだと思っていたことが私にも来ているのだ。
老人性・・・・とは思いたくないけどまさしく年齢的には老人街道を突っ走っています。

この先の不安に身震いがしました。
誰でもが通る道だろうと思うけど私もごく普通の人だと実感は少し早すぎない??
緊張感が足りないのかな。
そう言うことで・・・
by ibakasumi60 | 2017-03-08 18:01 | 風景 | Comments(2)

夕焼け小焼けで日が暮れて~♪♬??

雨戸を閉めながら東の空に出ていた雲。
ほんのりと夕焼け色に染まっていました。
明日は雨の心配はないのかな?
c0143772_1737260.jpg

防災無線から5時なると決まって流れる「夕焼け小焼け」の歌。
この音楽が聞こえると今日もそろそろ終わりなんだと感じる。
何をしていた訳でもないけどなんだか少し寂しいね。

随分と日が伸びてきたとはいえそろそろ雨戸を閉める時間。
この時があまり好きではないのです。
雨戸を閉めてから明日までが長く感じるのです。
だから・・・嫌い。


1・ 夕焼け小焼けで 日が暮れて
   山のお寺の 鐘が鳴る
  お手々つないで みな帰ろう
   からすといっしょに かえりましょ

2・ 子供が帰った 後からは
   まるい大きな お月さま
   小鳥が夢を 見るころは
   空にはきらきら 金の星
by ibakasumi60 | 2017-02-24 17:20 | 風景 | Comments(0)

矢張り白内障でした  

手術を受けたら平常生活まで一か月ほどかかる様です。
手術後の目で見るとこの景色も変わって見えるのでしょうか。
緑は少し増しているでしょうけども。
c0143772_16335157.jpg

昨日眼科に行って診察を受けました。

色々な機械に顎を載せてパシャリ・バシャリと数枚画像にして検査をしてもらいました。
嬉しいのか悲しいのか予想的中!
結構進んだ白内障だそうです。

その場で手術を勧められ担当看護士さんと手術日を決めてきました。
手術前にもう一度検査があるという。
その後手術に関しての説明会がある。

そして手術は来月14日に右目。
21日に左目と決まりました。
この医院は入院設備がないので日帰り手術になります。
術後も頻繁に消毒やら検査やらで通うことになるようです。

お風呂もダメ・お化粧も洗顔も暫くはダメ。
運動も草取りも一か月はダメだとパンフレットに記されていた。
たかが白内障と言う訳にはいかない手術ですね。

単焦点眼内レンズを考えていますが最終決断は次回の検査日までという猶予が有ります。
迷っても悩んでも20歳の目には戻らないのだからやはり単焦点で行きましょう。

初めての手術で徐々に緊張感が深まって来ているお婆です。
by ibakasumi60 | 2017-02-10 16:36 | 風景 | Comments(0)

やっと見つけた思い出の白鳥のいる場所

家の中にいる時は外でこんなにも強い風が吹いているとは思わなかった。
車から降りるまで目も開けられないほど風が強かったなんて思いもしなかった。
c0143772_1651331.jpg

c0143772_16515437.jpg

c0143772_17123195.jpg

c0143772_171779.jpg

数年前に偶然通りすがりで見つけた白鳥がいる沼。
今年になってもまたあの白鳥を撮りたいと何度も足を向けるのに行きつく事はなかった場所。
今日は目の検診を受ける前に何としてもあの場所に行きたいと出かけました。
ネットで調べたこの場所だけどはっきりとした道路を走る訳でもなくこの先は感頼りの走行。
何時も諦めて引き返した橋まで来た。
まさかと思いつつ今日はこの橋を渡って下を見たら白鳥が白い座布団になったように浮いている。

そうなんだ。
この橋を渡ればよかったんだとあの当時の思い出が蘇りました。
沼は川よりも低い所にあったのです。
遠めに見ると白鳥やカモなどの水鳥がが沢山います。
でもずっと遠くの茂み辺りに浮き寝中。

観覧場に行くと高い三脚が3本立って防寒服に身を包んだおじさん・オバちゃん風の人たちがいる。
そして手にはバズーカーのような太くて長いレンズが迷彩色のカバーに包まれていた。
水辺は物凄い風で軽い私は何度も吹き飛ばされそうになって囲いの鉄棒に捕まっていた。
軽いのはどちらかというと身の熟しで体重はタップリと在ります。
三脚の間に入らせていただきちっちゃなカメラを出して数枚撮った。

「この雲がないと良いのが撮れるのに残念だね」って会話していた。
「この風では飛ばないだろうね」って風を呪っていた3人。

逆波が立つ湖面からの風に体中の熱が奪われそうになった。
30分ほど何とか踏ん張って白鳥を楽しんできました。

ずっと探し啞ぐいていた場所に辿り着いてよかった。
風が冷たくて寒かったけど満足感で一杯。
穏やかな日にもう一度白鳥に会いたいな。
そしたらもう少しこのちっちゃなカメラでも良いものが写せたかもとカメラの性にする悪い癖。
ここは菅生沼の一か所でした。

帰りに車をバックしたした時に変な音がした。
何だ?どうした?
by ibakasumi60 | 2017-02-06 17:10 | 風景 | Comments(0)

二階で使う予定の新入り掃除機で~す   

倶楽部の人がサイクロンステック型クリーナーを紹介してくれました。
アマゾンから夕べ届いた新入りです。
今使っているのは引き連れて掃除するのにアッチにぶつかりコッチにぶつかり大変でした。
ものが多い乱雑な部屋だから余計にぶつかるのですが。
c0143772_12482916.jpg

今朝使ってみたけど余計なものがついていない軽さ。
意外と吸引力もあるぞ。
今使っているサイクロンは引っ張って掃除するのには少し重い。
重いという事は今度の新入りを使ってみて気が付いた事。
本当は二階専用で使うつもりで買ったはずなんだけど気が変わりそう。
立てかけておけるのでいつでもスイッと持ち出して使える便利さ。

弟がこちらに来る前に二階専用の掃除機が有った。
今まで弟が使っていた掃除機は笑うぐらいの旧式。
紙パックで使う本当に初期にできたころのもの。
「まだ新しい二階専用の掃除機上げるからそれは持ってこなくていいよ!」って言ったのね。
この身体で二階に重いサイクロンを持ち上げて運ぶのは今は大変になって来た。

「ジャパネットたかた」で買おうかと思ったけど最後の一言で買えないでいたんです。
「どんなに古くても下取りがあれば一万円の値引き!」
弟にあげちゃったから下取りしてもらう掃除機なんてないもんね。

今回買ってよかった。
5000円もしないで買えたんだよ。
2~3年で壊れても良いかなと決めたんだけど壊れないでね。

何だかお掃除が楽しくなりました。
単純!!なお婆です。
by ibakasumi60 | 2017-02-05 12:46 | 風景 | Comments(0)