カテゴリ:風景( 533 )

仲睦まじきは良い事だね  

アオサギ(左)とダイサギ(右)。
仲良く寄り添うこの二羽は夫婦ではないそうです。
シラサギという鳥はいないとか。
ダイサギとコサギの色の白いサギを称してシラサギと呼んでいるらしい。


単なる仲良しなのかもしれないけど混血はしないであろうと書いてあった。
種別を超えた仲良し姿を見て冷え冷えの私の心も少しホンワカします。

c0143772_14034725.jpg
c0143772_14421047.jpg
c0143772_14435855.jpg


この場所はちょっと前まで育成牧場のあったところです。
敷地内を小川が流れていて川の近くではキジの親子を見る事も数回ありました。
今日は色の違うサギが仲良く寄り添う姿に出会うのでした。
メスとオスの違いでもない不思議。
種類の違うサギがここまで寄り添う不思議に不思議を拡張させる私です。

カメラを向けて暫く見ていたら「邪魔な奴が来たわよ~」と言わんばかりに飛び立ってしまった。
邪魔してごめんなさいね。


by ibakasumi60 | 2017-09-22 08:10 | 風景 | Trackback | Comments(8)

久しぶりにひとりドライブ  

ここの所の天気に誘われ体調も良かったので思い切ってひとりドライブを楽しんできました。

c0143772_18034281.jpg
c0143772_18523575.jpg
c0143772_18533046.jpg


高速道路を上り3つ先のインターで降りた。
幹線道路をひたすら走り農道に出たら一面蕎麦畑が広がった。
ようやく花が咲き始めたような具合だったけど一面真っ白い花で埋める畑は見ごたえがあります。
刈り入れまでは当分かかりそうだけど収穫が始まれば秋そばの美味しいお店に入りたくなるね。
ネギ畑も圧巻でした。
遠くでは収穫をするような姿も見えてそろそろすき焼きの美味しい時期だわねとネギからの発想はいかに食いしん坊なのかと笑う。
秋だもの食べるものを想像するのが楽しいのよ。
松茸だって食べてみたいわ。

松茸と言えば子供の頃に父が山へ行ってはキノコを採ってきていた。
勿論マツタケもシメジもなめこも有ったようです。
松茸ご飯やお吸い物は当たり前。
煮物にも入っていたし炒め物や松茸の味噌漬けなども当たり前。
子供だったせいか毎日続くマツタケ料理が好きではなかった。
今だって年に一度は食べたいと思うけどただそれだけよ。
好きか嫌いかで行ったら好き??でもないし季節を楽しむ食材にしか思えない。
栗やサツマイモの方が好きかもしれない。
何とも安上がりなお婆でございます。

ひとりドライブで見える景色は秋そのものでした。
次はもう少し頑張って紅葉の時期にでも日光辺りまで行けたらいいなと思うのでした。


by ibakasumi60 | 2017-09-15 18:08 | 風景 | Trackback | Comments(6)

夕焼けが見たくて  


最近は朝焼けも夕焼けも見ていない。
せめて空を黄金色に染める夕日が見たいものだと散歩ながら出かけました。
大好きな松の木があるところで足を止め暫く空を見つめていました。
雲の下から徐々に色を濃くして夕焼けが現れました。
もっと見ていたかったけど家まで15分は掛るし暗くなったら車とのすれ違いも怖いと思いここまでで戻りました。

c0143772_18242606.jpg
c0143772_18272802.jpg

これは我が家の前の道路から見た夕焼け。
住宅地なので電線が多くてこんがらかっているように見えた。

c0143772_18314347.jpg

西空は茜色に染まっているけど東の空は雲の下にまだ青空が覗いてた。

c0143772_18285741.jpg
久しぶりに見た夕焼けに少し元気になれた気がしたた単純者。
朝焼けも見たいけど部屋のカーテンを開ける頃には眩しすぎる程日差しが入り時すでに遅し。
海辺で見る朝焼けや夕焼けはどれだけ綺麗なのかと遠い昔に見た日本海の景色を思い出します。
初めて海で遊んだのは新潟県村上市の瀬波海岸。
懐かしく今も鮮明に思い出される。
一泊旅行で友と波打ち際で遊んだ青春真っただ中の金づち乙女4名。

家族4人で行った新潟では子供たちは嬉しさを爆発させて泳いでいた。
あの時に見た海に沈む夕日はとにかく綺麗だった。
言葉を失いただ沈みゆく真っ赤な太陽と茜色に染まる空をただじっと見送ったあの日。
日本海の夕日は今まで見た中で一番だと思う。

何でだろう。
妙にあの時の光景が鮮明に浮かびます。
夕焼けを見てきた後だからでしょうか。


私のブログは一日遅れの内容です。


by ibakasumi60 | 2017-09-14 08:05 | 風景 | Trackback | Comments(4)

運動会日和  


昨日は孫①中学最後の運動会。

9年生となる孫①にとって中学最後の運動会でした。
強い日差しの中夢中で演じる競技に熱い応援を届けてきました。

c0143772_17253557.jpg
c0143772_17310765.jpg
c0143772_15451842.jpg
c0143772_17200506.jpg
c0143772_17175845.jpg
c0143772_17285744.jpg
c0143772_15551433.jpg
c0143772_17324691.jpg
c0143772_17341646.jpg
c0143772_17351671.jpg

c0143772_17215060.jpg


砂煙を挙げて白熱した棒引き競争。
「運んでハイキャッチ!」シーソーでボールを蹴りバケツで受け止める二人の息の合うプレー。
徒競走も一生懸命走る姿に感動して孫①は最後で抜かされ二位に。
どの競技もみな真剣で見ている側も応援に熱が入るのでした。


父兄会が運営する「おやじの会」でかき氷を買おうと並んだら運悪くカップが無くなったからと前の人で品切れお終いとなる。
何と運の悪い事でしょうと露天商の列に並んだらひとつ300円。
おやじの会なら100円だったのにと少し悔しい。

9年生の孫も運動会が終われば受験に向けて猛勉強となるのかマイペースを通すのか。
中学の運動会は孫②が入学するまで一年お休みとなります。

暑い中5時間も外にいたので疲れました。
駐車場から近いと言いながらもこの足で歩くのは少しきつかったかな。
家に着いたらもうグッタリです。

好天に恵まれた昨日の孫①の運動会も無事に終了。
余りの日差しに帽子を被り日傘をさしての応援となりました。
帰って見れば何だか顔がヒリヒリして日焼け止めの効果がありません。
またシミが増えて皺も深くなりそうな予感。

あぁ~嫌ですねとつまらないお婆の悩みです。


by ibakasumi60 | 2017-09-10 08:10 | 風景 | Trackback | Comments(6)

思い出の沼は今も健在  

孫①が小学生の頃パパと叔父さんとで釣りをしたことがあったわね。
何だか妙に懐かしくなって少し遠回りをしてあの頃を思い出してきました。
ボーリングの帰りにこの沼に寄ったんだわね。
変わることなく思い出の沼は今も健在。
 

c0143772_13553289.jpg

c0143772_13325199.jpg
赤まんまの花が弾けたよ~。
c0143772_13255804.jpg
c0143772_13440946.jpg
蚊に刺された腕が数か所赤く腫れています。
かいたらもっと痒くなるからとそっと摩る程度で我慢してるけど痒みは遠慮ない。
キンカン塗ってかゆみ止めの軟膏も塗るけど痒みは一向に収まらない。
赤く腫れてきた真ん中に挿されたところが水ぶくれになって来た。
痒いよりも痛い方が我慢できそうな気がする。

まだ暫くは虫刺されにご用心ですね。

by ibakasumi60 | 2017-09-04 08:05 | 風景 | Trackback | Comments(4)

日傘をさして歩いたけど恐いですね    

いつも来ている霞ヶ浦の公園に。
霞ヶ浦に流れ込む桜川の終着点はあと少し。
日帰り温泉の玄関にまだ青いコキアが二つ並んで笑ってる。
親子で水辺に佇む姿は微笑ましいね。

c0143772_15583461.jpg


c0143772_15555658.jpg

c0143772_15534559.jpg


c0143772_15264492.jpg


c0143772_15335647.jpg


仕事で出かけた序に何時ものあの場所まで足を伸ばそうと出かけました。
お目当ての白鳥は一羽も居らず今まで鳥の楽園と化した場所は立ち入り禁止になっていた。
体調を崩している間に白鳥はどこかに塒を変えたのか餌やり場も無くなっていた。
餌をやっていたおじさんがいなくなったのか無断使用地だったから注意勧告が有ったのか。
白鳥に会いたかっただけなのに環境の変化に胸を突かれてしまいました。

蒸し暑く外気温30度の中日傘をさして往復20分ほどでしょうか。
折り返し点で妙にべた付く汗が噴き出て来てくらくらする感じ。
急いで車に戻りペットボトルのお茶を飲みました。
お腹が空いた時のような気持ちの悪さを我慢しながら家路に急ぐのでした。
部屋に入りそのままゴロンと横になり暫し休息。
何とも不気味な身体の変化に「これがもしかしたら熱中症か?」と。
水分も摂っていたし気温も驚くほど高くなかったのにと反省の弁。

さっきのテレビで報じていました。
熱中症は湿度が大きく関係するって。
やっぱり私は軽度?の熱中症にかかったのだろうか。
やることなす事に不安が付きまとうような嫌なストレスが加わります。
ストレスも身体によくないんだってさ。
色々否定的なことばかり言われたら私生きていけなくなります。


by ibakasumi60 | 2017-08-19 08:57 | 風景 | Trackback | Comments(6)

「開けたら直ぐに閉める!」    

ここは何処?
通りすがりの街に植えられた街路樹。
電柱・電線が無ければまだ行ったことのないハワイにも似てるのかな。
宮崎・鹿児島でもヤシの並木を見たような。
ハワイアンズへ行く途中もヤシの並木が異国情緒を醸し出していたね。

c0143772_17271084.jpg


南国生まれのヤシの葉が涼しく見えます。
エアコンを利かせた車窓から見るヤシの木はひと際涼しさを呼び込んでいるように見える。
車から降りたら地獄のような暑さが肌を刺激します。
何と刺激に弱いのでしょうか。

刺激を受けた肌は痛みや痒みを伴い薬を塗らないと我慢できないほど。
こんな刺激はもういらない。

孫を迎えに来たママと孫①が玄関戸も閉めずに何やらお喋りが始まったようだ。
暫くして部屋に入った時には招かざる「蚊」も一緒に入室。
それから孫二人で殺虫剤を持って見えない敵に立ち向かっていた。

部屋中にスプレーを噴射して事なきを終えたけど「開けたらすぐに閉める」を徹底しないと犠牲者が出るのに。
そうこうしている内に孫②の短パンから覗く太もも辺りに数か所ふっくらと刺された跡が腫れてきている。
ほんの少しの間に一番若い彼女の血を召し上がった「蚊」。
にっくき蚊だけど蚊も生きるための仕業。
同情はしたくないけど油断した「人」にも反省点は有るだろう。

蚊に刺されると異常に腫れ上がる家系。
「部屋の中に入れない」をもっと徹底したいものだ。
何とも刺激に弱い家系だからこそ。

部屋の中に杉苔や観葉植物を置いて目を和ませています。


by ibakasumi60 | 2017-08-03 08:16 | 風景 | Trackback | Comments(2)

お誘いを受けて回転すし店へ      


明け方ごろにポツポツと雨の音で目が覚めました。
もう少し降るのかと思いきや雨音を楽しませてくれただけのお湿り。
この地つくば周辺は雨を欲しがっている。
被災地には申し訳ないけどもう少し雨をプレゼントしてくださいと天にお願いをしたい所。
もう雨は望めず蒸し暑い猛暑日になるそうです。



菊柄のガラスがレトロで好きです。
長男と孫①が釣りを楽しんでいるけど親子ではありません。
数年前のおじさんと姪っ子。

c0143772_17513013.jpg
c0143772_09263918.jpg


夕べは長男夫婦に誘われて食事に行って来ました。
「お袋~何が食べたい?ウナギ?お寿司?」と聞かれる。
そう聞かれても特別何が食べたいというものは無いのです。
「じゃ~近くのお寿司屋さんに行こうよ!」という事に。
本音は何処でもよかったんだけど腰の具合が今一で歩くのが辛いから近くに決めた。
今日は息子夫婦は最初からお寿司が食べたいと思っていたようですわ。
もしかして回らないお寿司屋さんかと思ったけど。

6時少し前にお店に付いたらすぐに案内されたけどその後は凄い混み様でした。
ここは回転すし店です。
好きなものを好きなだけ食べられる利点が私向け。
何とうどんやラーメンもある不思議なお寿司屋さんです。
マグロ・エビ・アナゴ・ホタテ・生ハムを食べて満腹状態。
デザートにとメロンを頼んでもう上を向いて歩こう状態。
大人三人だけのゆったりとした食事。
土用の丑の日にはウナギを食べに行こうと約束をして別れました。

食欲の落ちる時期に誘ってもらえると相手に合わせて食欲が出てくるお婆です。


by ibakasumi60 | 2017-07-17 09:30 | 風景 | Trackback | Comments(5)

まだ青い 早く赤くなぁれ~  

今朝もお隣のワンちゃんが泣いています。
どうも共働きのご夫婦が入居されたようだ。
出勤の後にワンちゃんがこんなにも泣いていることはきっと知らないでしょうね。
知らない方が幸せかも。



ほうずきもカキの実もまだ青かった。願ってもこのトンボは赤とんぼにはなれない宿命。
c0143772_13592119.jpg
c0143772_11431407.jpg
c0143772_11420071.jpg
ワンちゃんの泣き声から暫し逃避行でご近所巡り。
さてと思ったら軽トラックの八百屋さんが「奥さん~おはようございます!」と元気な声を掛けてきた。
まだ冷蔵庫に入ったままの食べきれない野菜を持て余している所でやんわりとお断りをする。
百日紅の花が綺麗だとカメラを向けたけどあれれ・・・
何とバッテリー切れ!
惨めな思いをしてスタコラサッサと引き返したのでした。
偶にこんなドジを踏むのです。

by ibakasumi60 | 2017-07-07 11:52 | 風景 | Trackback | Comments(2)

霞ヶ浦が見える風景  

先日霞ヶ浦が見える公園でハスの花を楽しんできました。
公園からは晴れていれば牛久大仏も見える所。
牛久浄苑には亡夫が眠るお墓があります。

c0143772_11233610.jpg

c0143772_11213462.jpg




c0143772_11033636.jpg

c0143772_11144487.jpg
c0143772_11292913.jpg
カメラを持って木道を歩きます。
途中の沼にはアサザが咲いていたけど虫が集って写す綺麗さはなくパス。
犬の散歩に来ている人もあり木道は賑わいます。
お目当て木道近辺に咲くはハスはもうすでに崩れ始めている。
それでも記念に残さないとと必死で写したのが昨日の画像です。
車に戻る時に携帯の万歩計は2000歩を超えていました。
久しぶりに歩いた~と腰の痛みから実感できます。
何時になったら走れるようになるのかこの先が楽しみ。


画像にシミが(^_^;)これを取るのは大変なことだ。今の私にはちょっと無理!暫くはこのまま見て見ぬふりを貫こう~。


by ibakasumi60 | 2017-07-06 11:35 | 風景 | Trackback | Comments(6)