2017年 12月 02日 ( 1 )

勘違いで大笑い    

今日はもう二日。
亡夫の月命日なのでお墓参りして来ようかなと思います。
美容院も行きたいし買い物も行きたいし。
優先順位は?

昨日の検診結果はチョビットだけ数値が上がっていて担当医に脅かされました。
これ以上の食事療法は難しいしやはり運動・散歩をするしかないかな。
運動不足は金欠の次に怖い今の状況です(笑)


春に植えた我が家のカエデが赤く色つきました。
嬉しい赤です。
c0143772_09423176.jpg
パンを焼くのにいつも昭和生まれのトースターを使っています。
私よりはずっと若いですが。

担当の男性銀行員が移動になり後任は女性行員になりました。
挨拶ながら来て頂いた時の会話です。

「今朝パンを焼こうと思ったらトースターが使えなくてね。ついに壊れたのかな・・・」と私。
「あらパンを焼いて食べているんですか?」って彼女。
「いつもそうよ~しょうがないから今朝はオーブンで焼いたわよ」なんて私。

「凄いですね。パンを焼くなんて~」と彼女。
「あら?パン焼かないで食べるの~」と怪訝そうに私。
「私はパンもお菓子も焼いたことなんてないです」と彼女が。
「えっお菓子も焼いて食べるの?オーブンで焼くの?」と私。

何だかこの辺りで話がかみ合わないことに気づく私です。

「私が焼くパンってスーパーで買う食パンなんだけど何か勘違いしてない?」と私です。
「えぇ~?生地をこねて作るパンを焼いているという話じゃないの?」と彼女。
「何言ってるのよ!食パンを焼くのにトースターが壊れたかなという話だよ!」と笑う私。
「パンを焼くってそういうことだったの?」と笑った彼女。

パンの話では一件落着だったけど彼女の学歴と若さには眩しいものがありました。
問題のトースターは今朝も元気に稼働しました。
あの時の動きは何だったのか不思議というのか馬鹿にされたというか寿命を考えてしまいました。

彼女の眼には私は何でも手作りをして楽しんでいる良妻賢母と映ったらしいのです。
前任は盛って盛り上げて私の事を引き継いでくれたようだわ。
そんな訳ないでしょう!
私みたいなグータラは他にいないと思うよ。

そんな会話で初めて会う緊張も消えてしまったと大きな目で笑う彼女。
永いお付き合いが出来たら良いけど我が家の財政ではお付き合いも限度がありそうですね。

今月は私のお誕生月なのでプレゼントの用意がありますと彼女。
小鉢二枚セットを戴くことにしました。
この気持ちが嬉しいじゃないですか。


by ibakasumi60 | 2017-12-02 08:10 | | Trackback | Comments(4)