2017年 10月 21日 ( 1 )

薬を止めて何か変わった?   

6月の定期健診の時から整形外科で貰う痛み止めや痺れをとる薬を止めています。
その結果どうなのかなとふっと思うのです。


ひたち海浜公園に咲いていた真っ赤なバラと??
スキミアとお友達に教わりました。

c0143772_18461936.jpg

c0143772_20290036.jpg


脊椎間狭窄症という有り難くない病名を貰って必死に痛みに耐えた数年間。
病院で出された薬に縋るように時間通り・指定された数を飲みました。
治すには手術しかないとまで言われた私でしたが嫌だイヤだと言い続けた。

6月の検診の時に薬を飲んでもピタリと痛みが消えたことはないと主治医に訴える。
余り効果のない薬を少しの間休んで身体に溜まった薬分を抜きたいと言い出した私。
主治医も暫く薬を止めてみましょうかと言う事に。
この時点で何かが変だと感じ止めることに気持ちが燃えたのです。

その時に「薬に頼らず今よりも良い状態に持って行ってやる」と変な決意をしました。
それからは軽くストレッチをしたり調子のいい時は散歩にも出ました。
痛いからと自分を庇い過ぎていた思いを捨てたのです。

体重計に乗ると筋肉量が減ってきたことを実感できる数値。
エアロビやボクササイズで教わった体幹の整え方やストレッチを思い出しながら少しづつやってみた。
なるだけ腰の周りの筋肉をほぐし筋肉を付けるためにスクワット。

今のところ薬を止めたからと痛みや痺れが倍増したという事はない。
薬を飲んでいた時と止めている今は何も変わらい気がしています。
今は薬を止めて良かったとも思っている。
ここの所の寒さに少し痛みや痺れを感じる時もあるけどこのまま薬に頼らずに乗り越えたいと思うのです。

睡眠導入剤も止めてから半年ほど経ちます。
今は夜中に一度ぐらいは目を覚ますけど又すぐに眠りに付いているようです。
「このまま薬に頼っていたらボケるよ!」と言われたけどボケないで今後の老後を過ごせる筈はないと思っている。
少しでも後に伸ばせるなら老後は少しだけ快適かなと思うし自分らしく暮らせるのかなとも。

不安もあり綺麗ごとでは済まないと思うけど今を何とかしたくて止めた薬だった。
自然治癒なんて望めないけど今よりも悪くならないようにと今できることをやって維持していきたいと思っています。
今の私には止めて正解だったと思う。

薬代だってバカにならないし効果が見えないものに頼るのもおかしいと思うし。
自分を信じて明日も薬抜きで生きましょう。


慢性化した痛みなどを持つ皆さんは薬の飲み方に何か工夫をしていらっしゃるのでしょうか。
ちょっと気になる薬との付き合い方でした。


by ibakasumi60 | 2017-10-21 11:03 | | Trackback | Comments(6)